副業の方にオススメなのはamazonのFBAサービスである

こんばんは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

前回に引き続き、amazonでの副業についての初心者さん向けの記事です。

シリーズ2回目は、amazonに出品した時の配送方法についてザックリ説明をしますね。

特に時間に限りがある副業の方にとってamazonが提供をしているFBAというシステムはとても重要です。

なんとなくで構いませんので「こんなシステムがあるんだ~」と頭の中に入れておいてください^^

amazonで販売した商品をお客様へ発送する時の方法は?

前回の記事で「amazonでは副業であっても出品することはとても簡単!!」とご理解いただけたと思います。

でも「やった!売れた!!・・・配送どうしよう、、」となってしまうと困っちゃいますよね。

特に副業ですと急な対応が難しくなるので、どんな配送方法があるのか、どんな準備が必要なのかを事前に把握しておきましょう。

 

お客様から注文が来た時の配送方法は、2パターンになります。

これは副業でも本業でも同じです。

 

配送方法の2パターン
1:自己発送(自社発送)
2:FBA発送

 

1の自己発送に関しては、自分で梱包をして各配送業者さんに配送をバトンタッチする方がほとんどです。

2のFBAはFulfillment By Amazon (フルフィルメント バイ アマゾン)の略で、amazonが代理発送をしてくれるシステムです。

それぞれ、メリット・デメリットがありますので見ていきましょう。

amazon副業出品での自己発送の方法は?

常温商品を自分で配送する場合の代表的な方法をお伝えします、料金やサービスは現時点でのものです。

各々サイズや重量に決まりがありますので、興味がある発送方法があったらURLを参考に詳細をお調べくださいね。

配送会社に電話をかけたり、窓口で聞いたりしても丁寧に教えてくれますよ^^

後述するFBAと比べてどちらが適しているのか考えながら読んでみて下さい。

 

方法1

日本郵便・・・ゆうパック、普通郵便、ゆうメール、クリックポスト、レターパック

【日本郵便のHPはこちら】

ゆうパック→同一県内60サイズ以内は800円
普通郵便(定形サイズ内)→25g以内は82円
普通郵便(定形サイズ外)→50g以内は120円
ゆうメール(書籍などの普通郵便)→150g以内は180円
クリックポスト(追跡番号付ポスト投函OK)→185円
赤いレターパック→510円
青いレターパック(レターパックライト)→360円

60サイズというのは、梱包済みの商品の3辺合計のことです。

縦20cm、横20cm、奥行き10cmの荷物の場合は、3辺の合計が50cmになりますので、60サイズとしての料金を支払います。

縦20cm、横20cm、奥行き23cmの荷物の場合は合計が63cmになりますので、3cmだけのオーバーですが、80サイズになります。

基本的に60サイズ、80サイズ、100サイズ・・・と20刻みでサイズが上がっていきます。各会社で異なりますが、だいたい160サイズまで発送が可能だと考えてください。

 

方法2

ヤマト運輸・・・宅急便、宅急便コンパクト

【ヤマト運輸のHPはこちら】

宅急便→同一県内60サイズ907円
宅急便コンパクト→専用BOX65円+同一県内594円 合計659円

 

方法3

佐川急便・・・飛脚宅配便

【佐川急便のHPはこちら】

飛脚宅配便→同一県内60サイズ756円

 

代表的な3社からピックアップしましたが、持ち込み割引などを加味しない正規料金です。(沖縄を含む離島は別に料金が加算されることもあります)

上記に関しては、特別な契約を結ぶ必要はありません。

郵便局の窓口や各営業所に持ち込んで手続きをするのはもちろんのこと、各会社に「集荷をお願いします」と電話をすれば家へ荷物を取りに来てもらえます。

夜間の受付もしている郵便局の本局や、宅急便センターがご自宅の近くにあれば、本業からの帰宅後に作業をして発送することや翌朝出社前に発送手続きをすることができますね。

 

メリット1:配送方法(送料)を自分で選ぶことができる

利益が少ない商品に対して高い送料を支払うのはイヤですよね。

下手したら送料の方が高いなんてこともありますので、副業のテスト販売をするような比較的安い書籍は、ゆうメールや追跡番号付きのクリックポストがおススメです。

メリット2:特約料金(一般とは違う料金)で契約ができる

副業であってもamazonでの出品が軌道に乗れば販売数も多くなります。

その結果、送料面でライバルとの差別化ができます。

メリット3:集荷のスタッフさんと仲良くなると融通がきく

これは人によってですが、ギリギリの集荷依頼も受けてもらえることもあります(笑)

デメリット1:配送手続きをするのが大変

amazonはネットショップですので、注文はいつ入るかわかりません。

副業で夜遅くに帰宅する場合は集荷依頼ができません、時間外も対応している窓口が近くにあれば良いのですが・・・。

デメリット2:送料が高い

より安い送料を求めて特約料金の契約をする場合、今までの実績や名刺の提出を求められる場合もあります。

副業でamazonへの出品し始めの場合は、難易度が上がりますね。

デメリット3:梱包が面倒

お客様がお買い上げになった商品なので丁寧に梱包をする必要があります。

副業であってもオークションと同じ感覚では悪い評価がついてしまいますので、amazonでの評価が少ないうちは特に気を使って梱包しましょう。

段ボールの他、エアーパッキン(通称プチプチ)、テープ類、封筒、OPP袋なども事前に用意しておく必要がありますね。

 

余談ですが・・・。

amazonで中古本を購入した時に、無〇良品の商品パッケージに包まれて届いたことがあります。

ショップ袋ではなく男性物のMサイズの下着の商品パッケージです。

流石に唖然としましたね。。

まだ評価数が少ないショップさんでしたので「まだわからないんだろうな」と思い、悪い評価は入れませんでしたが、悪く思われてもおかしくないですよね。

 

次はFBAです。

amazon副業出品でのFBA発送の方法は?

FBAはamazonが代理発送をしてくれるシステムです。

amazonの倉庫(フルフィルメントセンター)からお客様に発送することになりますので、注文が入り次第、amazonがすべての手続きをしてくれます。

発送代行をしてくれるだけでもメリットはあるのですが、返品に関してもamazonのカスタマーサービスが対応してくれますので、副業で日中電話やメールでの対応ができない方にとっては心強いサービスとなります。

FBAを利用した結果、売上が向上したという公式データもあります。

 

メリット1:注文確定するとamazonが勝手に発送してくれる

受注時にPCで操作することは何もありません。
商品出品後は、24時間365日体制で土日祝日盆暮れ正月関係なくamazonに受注発送をお任せすることができます。
お客様が注文時にお急ぎ便を選択した場合でも、出品者は何もする必要はありません。

メリット2:ギフトラッピング・ギフトメッセージも対応

出品者側には特に追加費用や操作は発生せずにお客様のギフトの要望に対応してもらえます。

メリット3:カートボックスに名前が載りやすくなる

別途シリーズ内でご説明しますが、新品の商品を出品する時に重要なカートボックスの取得率が上がります。

メリット4:お客様が多様な決済方法を選ぶことができる

クレジットカード、コンビニ決済、Amazonギフト券、代金引換、Edy払い、Amazonショッピングカード、請求書払い、携帯決済に対応しています。

自己発送での出品の場合には対応ができない決済方法もFBAであれば自動で支払い方法に組み込まれています、意外と需要がある代引きは、自己発送で使おうとすると手続きに少々手間がかかるんですよね。

メリット5:倉庫としても使え、他サイトで販売した時の配送にも使える

自宅で商品を保管するのは場所と神経を使いますが、amazonであればFBA倉庫で適切に保管をしてもらえます。

また、マルチチャンネルサービスというシステムを使うこともできます。

これは、オークションなど他のサイトで販売した商品を無地の段ボールでamazonの倉庫からお客様宛に発送してくれるシステムです。

 

デメリット1:事前にFBA倉庫に納品しておく必要がある

ある程度の量をためて一度に納品しないと商品1個当たりの送料がかかってしまいますので、副業で出品できる商品が少ないうちは利益が出にくくなります。

デメリット2:amazonへ支払う発送代行手数料がそこそこ高い(自社発送と比べると安いが)

電気ポットで計算してみましょう。

商品のASINは「B00LTCU8DC」となります。

包装の寸法: 30.4×25.4×30.8 cm、商品重量: 3.4927 kg なので、100サイズです。

自己発送で同一県内宛て発送のゆうパック利用の場合、持ち込み割引をきかせたとしても送料だけで1,140円かかります。

発送の外部委託をした場合は、別途梱包手数料も考えなければなりません。

そして、FBAの場合ですと全国一律764円だけです。

外部委託の場合、送料は一般料金よりは安くなっているはずなので、amazonに支払う配送料よりも安く契約ができるところがあれば、そちらを使うのも良いでしょう。

デメリット3:倉庫代がかかる

上記の電気ポットの場合、月額保管手数料は94円です。

もちろん出品商品にもよりますが、利益が出ないうちの副業では94円は出費ですね。

(商品によるので、ものによっては数円単位のものがあったりもあるので保管料としては安いと思いますが)

まとめ

いかがだったでしょうか?

なんとなくでも自己発送とFBA発送の違いがわかってもらえましたでしょうか?

副業でのamazon出品の場合、利益をあげるためには時間の確保が必要です。

自己発送とFBA発送の両方を利用することもできますが、ご自身の出品商品やレベルにあった発送方法を選んでみて下さい。

私としては全商品FBAを使って販売しているので、FBAのほうをオススメします^^

引き続き、初心者さん向けの記事を書いて行きますのでよろしくお願いいたします!!

 

こちらの記事もオススメです。

amazon輸入転売ビジネスの仕入れ個数はどうやって決めるか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外輸出・輸入ビジネスへ

カテゴリー記事一覧

amazon物販ノウハウ

amazon物販ノウハウ
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

amazon物販ビジネスで使える全ノウハウをまとめています。これを見るだけでamazon物販ビジネスについての理解が深まるかと思います^^

輸入の知識・海外メーカー取引

輸入の知識・海外メーカー取引
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

海外から商品を輸入する際の知識や、海外メーカーさんとの取引について書いています。海外メーカー仕入れは輸入を経験したことのある方は、必ず通るべき道です。

コンサルティング(お客様の声)

コンサルティング(お客様の声)
実際にコンサル受講した方の生の声

私のamazon物販コンサルティングを実際受けて頂いたお客様の声です。全てありのままを書いてもらっていますので、よければご参考ください^^

副業・独立・起業

副業・独立・起業
amazon輸入転売とは?簡単なリサーチ方法も大公開!

amazon物販ビジネスは副業の方にも、そして独立起業したい方にも最適なビジネスです。まずここでamazon物販ビジネスについて、より深く知って頂きたいと思います。

資金繰り・融資関連

資金繰り・融資関連
amazon輸入はキャッシュフローを意識しなければ潰れる理由

あなたの目標利益を達成するために、資金繰りや融資の話は大事です。ぜひあなたの目標利益を達成するための行動をしていきましょう!

私の培ったAmazonビジネスノウハウを全てつぎ込んで
しかも過去有料で開催した内容を完全無料で公開しております。


合計約5時間にわたる大ボリュームの役立つセミナー動画


合計約5時間にわたる
大ボリュームの役立つセミナー動画です。

これを見るだけで
amazonビジネスの基礎から応用までマスターでき
実際に有料のセミナーに参加した方からは

「取引が決まった」
「利益が上がった」
「安定した仕入れ先が増えた」
「作業効率が上がった」

などなど、沢山の喜びの声を頂きました。

 

是非あなたの利益アップにお役立てください!
今のうちにゲットしてくださいね^^

期間限定プレゼント中!
「Amazonビジネスで稼ぎを飛躍する17個の特典」


LINE@お友達登録で17個の特典をプレゼント

LINE@お友だち登録で
Amazonビジネスの稼ぎを飛躍する
17個の特典を差し上げています!

コンサルティングにも触れる内容を
包み隠さず話しているので、よければご登録ください^^
「参考になった!!」という方が多い、
魅力的な特典満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です