せどり・転売ができる仕入れ先をまとめてみました!

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

今回はこれからせどり・転売をはじめる方や初心者の方へ向けて、せどり・転売ができる仕入れ先をご紹介したいと思います。

仕入れができる店舗を把握し、店舗別で値札の見方をネット検索してみましょう。

そうすればリサーチができるようになると思うので、まずは仕入れ可能な店舗を把握できるようにお役に立てればと思います^^

 

 

「電脳せどり(転売)」と「店舗せどり(転売)」それぞれの仕入れ先

せどり・転売には大きく分けて2つあります。

それは「電脳せどり(転売)」「店舗せどり(転売)」です。

どれがいいかは人それぞれありますが、どちらでもせどり・転売で稼ぐことができます。

電脳せどり(転売)はネット上で完結させる仕入れ方になるので、パソコンが得意な方や好きな方はいいかも知れないですね。

今回は店舗せどり(転売)をメインについてお伝えしていきますが、電脳せどり(転売)の仕入れ先も簡単にご説明しておきます。

 

電脳せどり(転売)の主な仕入れ先は?

電脳せどり(転売)の主な仕入れ先は

【電脳せどり(転売)の主な仕入れ先一覧】
・amazon
・楽天
・ヤフーショッピング
・ヤフオク
・メルカリ
・ラクマ
・オタマート
・ヤマダモール
・エディオンネットショップ
・ビックカメラドットコム
・ケーズデンキオンラインショップ
・イーベスト
・ジョーシンネットショップ
・ノジマオンライン
・ヨドバシドットコム
・トイザらス
・駿河屋
・セブンネットショップ
・サンプル百貨店
・ツタヤオンライン
・HMV
・タカラトミー
・ポケモンセンターオンライン
・東急ハンズ

 

以上にしておきますが、まだまだたくさんあります。

特定のジャンルに特化した専門ショップなどもあるので、どれだけでも仕入れ先を見つけることができると思います。

 

電脳せどり(転売)のメリットとしては

【電脳せどり(転売)のメリット】
・自宅で完結できる(車不要、移動時間や交通費不要、持ち運び不要)
・場所を選ばず空き時間でリサーチが可能
・店員の目が気にならない
・ネットなので全国の商品を仕入れることができる

 

以上が大きなメリットかと思います。

 

店舗せどり(転売)の主な仕入れ先は?

次は店舗せどり(転売)の仕入れ先についてです。

店舗せどり(転売)とは、ネットは使わずに実際の店舗に足を運んで価格差をリサーチする方法です。

実店舗は地域によって特徴があったりします。

全国的な系列店であっても価格が違ったりするので、近所にある実店舗で対象とする仕入れ商品の傾向を知ることも大切です。

 

関東か関西で変わってきますが、下記が店舗せどり(転売)の主な仕入れ先となります。

 

【店舗せどり(転売)の主な仕入れ先一覧】

[家電量販店系]

・ヤマダ電機
・エディオン
・ジョーシン
・ノジマ
・コジマ
・ビックカメラ
・ケーズデンキ
・ベスト電器

[ショッピングモール系]

・イオンモール
・西友
・アピタ
・ピアゴ
・平和堂
・イトーヨーカドー

[ディスカウントストア系]

・ドン・キホーテ
・コストコ

[リサイクルショップ系]

・ハードオフ
・セカンドストリート
・ブックオフ
・トレジャーファクトリー

[ゲーム・おもちゃ系]

・ゲオ
・トイザらス
・TSUTAYA

[ホームセンター系]

・カインズ
・コメリ
・島忠ホームズ
・ジョイフル本田
・ビバホーム
・コーナン
・ロイヤルホームセンター
・ケーヨーデイツー
・DCMホーマック
・パワー

[雑貨系]

・ロフト
・東急ハンズ

 

その他にもたくさんありますが、地方や特定の場所にしかない店舗もあるので積極的に足を運んでみて仕入れ情報をゲットしてください。

ディズニーランドやレゴランドといった遊園地にも専門ショップがあるので、遊びに行ったついでに仕入れをすることも可能です。

 

どの店舗でどういった商品を見て仕入れればいいのかはネット上で確認する事ができます。

私自身もネットの情報だけで利益を出していたので、あとはご自身の地域にある店舗の仕入商品の特徴を把握していけば大丈夫です。

 

例えば、近所にあるヤマダ電機の入荷日を把握したり、ワゴンセールのタイミングなどがあります。

今日近所のヤマダ電機へ仕入れに行ったとして、来週も同じ店舗に行ったとします。

しかしヤマダ電機の商品入荷スパンが2週間に一回だったとしたら、もう1週間待たなければ無駄足になるからです。

なので、店員さんとコミュニケーションを取って情報をもらえるようにしていきましょう。

 

 

店舗せどり(転売)で仕入れ先へ行く前に準備しておきたい知識

仕入れ先がわかれば店舗別の見方がわかるようになりますが、その前に準備しておきたい知識とツールがあります。

店舗へ足を運んでリサーチをする場合は、仕入れたいと考える商品のバーコードを読み取るのが一般的です。

一つ一つ商品名を打ち込んでいるとリサーチ時間がいくらあっても足りないので、そこはスマホアプリを導入してバーコードを読み込むわけです。

店舗せどり(転売)で有名なのが「せどりすと」「せどろいど」「アマコード」があります。

 

せどりすとがiPhone版、せどろいどがアンドロイド版となっていて、運営会社は同じです。

アマコードもPhone版、アンドロイド版と分かれており、どちらも基本的な仕組みは同じです。

どちらのアプリも無料で使う事ができますが、やはりクオリティーが変わってきます。

無料版ですと使っている途中にアプリが落ちたりすることが多く、レビューにも結構書き込みがされています。

有料版は動作も速く、途中で落ちたりすることはほとんどなかったです。

 

せどりすと、せどろいどの有料版は「せどりすとプロ」月額2,800円、「せどりすとプレミアム」月額5,400円(初回契約10,800円となっています。

プロとプレミアムの違いは使える機能が変わる事です。

人によって必要な機能と不要な機能があるので、ご自身の考え方次第です。

そしてアマコードの有料版は、「アマコードプロ」月額4,980円となっています。

 

どちらを転売のアプリで使うべきか正直むずかしいところです。

機能としてはどちらも似ているので、レイアウトなどの好みになると思います。

個人的にはせどりすとプレミアムがとても見やすくて使いやすかったですが、初心者であればどちらかの無料版で全然問題ないと思います。

機能性の前に転売の感覚をつかむことの方が大事なので、利益10万くらいまでは無料版でもいけると思います。

どうせ無料なので、どちらとも使ってみて検証した方がいいです。

 

有料版は月額費が高すぎると思われるかもしれませんが、転売の感覚をつかむ事ができれば1商品だけで元が取れたりします。

有料版は効率が上がるので逆に時給が上がると思います。

これらの転売アプリに関しては、かなり詳しい情報がたくさんアップされているので私が書くよりもご自身で調べてみた方が選びやすいと思います。

 

せどり・転売の仕入れ判断基準は?

続いては、せどり・転売の仕入れ判断についてです。

利益が出る商品を見つけたとして、amazonで月にどのくらい売れていて、ライバルがどのくらいいるのかを判断して自分の仕入れ個数を割り出す必要があります。

一般的にこれらの情報を判断するのにもツールを使います。

 

せどり・転売の情報をネット上にアップしているせどらーのみなさんが推奨しているのが、「モノレート」「DELTA tracer」などです。

このツールは先ほどご紹介したバーコード読み取りアプリの中にすでに入っていて、読み取りアプリを使えば、リサーチから出品までの転売の作業を一貫して行う事ができます。

 

モノレートやDELTA tracerの使い方に関してもとても詳しい情報がたくさんあるので調べてみてほしいのですが、1つだけどこにもない情報をお伝えします。

これはどのせどらーも発信していないですし、もしかするとわかっていない可能性もあります。

 

モノレートやDELTA tracerで使って正しい転売個数の仕入れを行うことは不可能です。

 

これらのデータはランキングが高ければ高いほどデータが取れない仕組みになっていて、ほぼ100%間違えていると考えた方がいいです。

DELTA tracerを使って簡単にご説明します、下の画像がDELTA tracerの観測画面になります。

 

 

画像の下にあるグラフから月の売れ行きを判断しているのですが、真ん中の赤枠を見てください。

「1ヶ月間」「2ヶ月間」「3ヶ月間」で分かれていてそれぞれ個数が表示されています。

これは月ごとに何個売れているかを示しています。

 

1ヶ月間で18個売れていて、2ヶ月間で52個、3ヶ月間だと80個売れていることになります。

1ヶ月の平均売上個数を出したい場合は、3ヶ月で80個売れているので、「80個÷3ヶ月」で一月当たり26.6個となります。

 

画像の左上にカテゴリーとランキングが表示されています。

食品・飲料・お酒のカテゴリーで585位なのでかなり高ランキングの商品です。

 

しかしこの商品の実際の売れ行きは、1ヶ月で250個近く売れています。

驚きですよね?

1ヶ月19個と250個ではとんでもない差があります。

 

あなたが仕入れ先の店舗へ行き、アプリを使って利益商品を見つけました。

アプリのデータを見ると、ライバルが5人いたとして月間販売個数は19個と出ています。

自分を含めた6人で販売をすることになるので、月間販売個数19個÷6人で3.1個となります。

この計算からこの商品の適正仕入れ個数は3個となるわけです。

 

でも実際は250個売れているので、250個÷6人で41個となります。

なんと38個も販売機会の損失を出しています。

 

どのせどらー、転売ヤーもこのデータを使うように発言しているのにも関わらずこれだけのズレがあることを発信していません。

 

なぜ実際の売れ行きが250個だとわかるのか気になりますよね?

この情報に関して過去に詳しく書いた記事があるので、絶対に見ていただきたいです。

 

 

仕入れ先に関係なく「せどり・転売」はリスクがある

ここまでせどり・転売の仕入れ先と知識についてお伝えしましたが、正直せどり・転売で適正個数を仕入れることは至難の技です。

先ほど仕入れ個数の判断について書きましたが、実際は一人当たり41個仕入れる事ができるとわかりました。

前項でお伝えした記事にも書いてありますが、この割り出し方は早いもので3日、遅くても1週間かかってしまいます。

店舗せどり(転売)というのはその日安売りされている商品や在庫が限られている商品を仕入れるので、その日に仕入れなければライバルや一般客に買われたりするので数日後にはなくなっている事が多いです。

ですから正しい個数を仕入れようと思うとスピード感が重要な転売では難しくなります。

 

それと、そもそもせどり(転売)自体が認められていないため、常にamazonのアカウント停止のリスクがあります。

アカウントが止まってしまうことを考えれば、仕入れ個数が増えれば増えるほどリスクも大きくなります。

なので実際の売れ行きがわかったところで、それがデメリットにだってなるわけです。

 

この辺のせどり・転売のリスクは「amazonを使ったせどり・転売は本当に儲かるのか?」の記事にも書いています。

 

私はビジネスのリスクは無くしていくべきだと思っていて、リスクをなくす方法は自分で商品を作るOEM以外は唯一「メーカー取引」「メーカー仕入れ」であると発信しています。

せどり・転売は自分でお金を生み出すという点に関して本当に素晴らしい方法だと思います。

しかし転売自体が日本では受け入れられていませんし、amazonでもグレーです。。

仕入れ先によっては完全にNGですが、amazonから証明書類を求められても偽りの書類を提出するのが今のamazonを使ったせどり・転売では常識となっています。

 

一回冷静になってほしいのですが、これってかなりヤバイ事だと思いませんか?

副業ならまだしもこれ一本でやっていくなら相当危ない橋だと私は思います。

 

メーカー取引であれば、amazonなどのプラットフォームを含め周りの協力を受けて事業を大きくする事が可能です。

コソコソせずに堂々とビジネスができるようになります、私が両方を経験したからこそ言える事です。

 

これまでメーカー取引に関してたくさんの記事を書いてきましたので、もしよろしければこれを機会にメーカーとの取引による仕入れについて知ってみませんか?

下記にメーカー取引に関する記事を載せておきますので、ぜひ参考にしていただければ嬉しく思います。

 

記事の中に動画もありますので、こちらもご覧いただければと思います。

あわせて読みたい記事

転売を続けるならメーカー取引も候補にいれてみてください^^

amazon転売を続けると潰れる理由。メーカー仕入れで転売から卒業し、安定収入を得る方法

 

 

最後に

本日はせどり・転売の仕入れ先についてお伝えしましたが、最後にせどり・転売のデメリットを解消するメーカー取引についても書かせていただきました。

特にせどり・転売をすでに実践されている方は国内メーカー取引が最高に合います。

 

新しく何かを始めることはとても素晴らしい事だと思います。

ただ、どうせ始めるのであれば、あなたの努力が実って長く続く事を選んだ方が私はいいと思います。

せどり・転売もメーカー取引も、利益を生み出すための仕入の労力は同じですので、ぜひ検討してみてください。

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

メーカー取引について興味を持った方は、是非私の本も読んでみてください^^

無料試し読みキャンペーンは、こちら

amazonからのご購入は、こちら

メールマガジン登録は、こちら
(過去有料で開催した【メーカー取引完全攻略セミナー動画】をプレゼント中!)

LINE@の友達追加は、こちら
(amazonでの稼ぎを飛躍する17個の特典プレゼント中^^)

amazon国内メーカー直取引完全ガイドの表紙

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

新刊キャンペーン

国内メーカー直取引を学ぶならこちら LINEのお友だち登録はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外輸出・輸入ビジネスへ

カテゴリー記事一覧

amazon物販ノウハウ

amazon物販ノウハウ
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

amazon物販ビジネスで使える全ノウハウをまとめています。これを見るだけでamazon物販ビジネスについての理解が深まるかと思います^^

輸入の知識・海外メーカー取引

輸入の知識・海外メーカー取引
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

海外から商品を輸入する際の知識や、海外メーカーさんとの取引について書いています。海外メーカー仕入れは輸入を経験したことのある方は、必ず通るべき道です。

コンサルティング(お客様の声)

コンサルティング(お客様の声)
実際にコンサル受講した方の生の声

私のamazon物販コンサルティングを実際受けて頂いたお客様の声です。全てありのままを書いてもらっていますので、よければご参考ください^^

副業・独立・起業

副業・独立・起業
amazon輸入転売とは?簡単なリサーチ方法も大公開!

amazon物販ビジネスは副業の方にも、そして独立起業したい方にも最適なビジネスです。まずここでamazon物販ビジネスについて、より深く知って頂きたいと思います。

資金繰り・融資関連

資金繰り・融資関連
amazon輸入はキャッシュフローを意識しなければ潰れる理由

あなたの目標利益を達成するために、資金繰りや融資の話は大事です。ぜひあなたの目標利益を達成するための行動をしていきましょう!

私の培ったAmazonビジネスノウハウを全てつぎ込んで
しかも過去有料で開催した内容を完全無料
公開しております。


合計約5時間にわたる大ボリュームの役立つセミナー動画


合計約5時間にわたる大ボリュームの
役立つセミナー動画です。

これを見るだけでamazonビジネスの基礎から応用までマスターでき実際に有料のセミナーに参加した方からは

「取引が決まった」
「利益が上がった」
「安定した仕入れ先が増えた」
「作業効率が上がった」
などなど、沢山の喜びの声を頂きました。是非あなたの利益アップにお役立てください!今のうちにゲットしてくださいね^^


期間限定プレゼント中!
「Amazonビジネスで
稼ぎを飛躍する
17個の特典」


LINE@お友達登録で22個の特典をプレゼント


LINE公式アカウントのお友だち登録で
Amazonビジネスの稼ぎを飛躍する
17個の特典を差し上げています!

コンサルティングにも触れる内容を
包み隠さず話しているので、よければご登録ください^^

「参考になった!!」
という方が多い、魅力的な特典満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です