【人生詰んだ】転売ヤー7つの爆死事例と大損を防ぐための5つの対策

転売ヤーの爆死事例
せどりとか転売に興味あるけど、転売ヤーはイメージ悪いよね
イメージ悪いし、爆死するイメージがあるわ

不当に人気限定商品を買い占めて、メルカリなどで高額転売する転売ヤーの爆死事例が相次いでいます。

爆死とは、もちろん爆発で死ぬ「bomb victim」という意味ではなく、完全に失敗する「fail completely」を意味します。

転売ヤーの代表的な爆死が、不良在庫を大量に抱えて大損してしまうケースです。

せどりや転売に興味のある人は多いですが、悪質な転売ヤーと揶揄された挙げ句に爆死することは避けないといけません。

そこで、今回は転売ヤーの爆死事例と、爆死を防ぐ対策について解説します。

せどり、転売に興味のある方は最後までご覧ください。

 

amazonメーカー仕入れ

「人生詰んだ」「自己破産かも」転売ヤー7つの爆死事例

転売ヤー7つの爆死事例

それでは、転売ヤーの代表的な爆死事例についてお伝えします。

物販ビジネス自体は悪いことではなく、堅実に稼ぐ方法もあります。

しかし、転売ヤーと呼ばれるような行為をしてしまうと、大切なお金と信用を失うことになってしまいます。

ガンプラ、PS5、Switch、ピザポテト・・・・・・販売メーカーの再販による価格急落で爆死

代表的な転売ヤー爆死事例が、販売メーカーの再販や二次受注による価格急落によるものです。

人気の限定商品を買い占めてメルカリなどで高額転売している行為は、販売メーカーが黙っているわけがなく、様々な転売対策がされています。

そのなかの1つが、品薄になった商品をすぐに再販や二次受注するといったもの。

再販や二次受注されてしまえば、消費者はわざわざ高額転売ヤーから買わなくていいので、転売ヤーは全然売れなくなります。

結局転売ヤーは、不良在庫をいつまでも抱えるか、赤字覚悟で値下げして売り切るしか方法がありません。

転売ヤーは爆死してしまうので、撤退せざるを得ない状況になるのです。

この転売対策は、高額転売が問題視されていたガンプラ、PS5、Switchでよく行われている転売対策です。

販売メーカーに需要をコントロールされてしまえば、転売ヤーは勝ち目がありません。

ガンダムでは、水星の魔女のガンプラが有名です。水星の魔女は、何度か再販したので、結局転売ヤーは爆死してしまいました。

また、過去にはピザポテトが販売休止になって、価格が高騰したことがありましたが、これも結局すぐに再版されて、転売ヤーは爆死しました。

高額転売は、メーカーの転売対策で爆死リスクが非常に高いという点は覚えておきましょう。

PSVRの人気が予想を下回り大爆死

これは高値で売れるぞ!

と思ったものの、人気が予想を下回ってしまい、結局不良在庫を大量に抱えて爆死したというケースも少なくありません。

例えばPSVRは、売れると見込んだ転売ヤーが買い占めたものの、人気が予想を下回ったために爆死したケースが多発しました。

しかも、新型の発売によって価格はさらに暴落してしまいました。

話題の商品であっても、思った以上にコケてしまうことがあることは覚えておきましょう。

【スタバ福袋】ネットで大バッシングが起こりヤフオクのいたずら入札で爆死

スタバ福袋を買い占めた様子をSNSに公開して大バッシングが起こり、結局爆死した事例がります。

有名な転売ヤー爆死事件なので知っている方も多いかもしれません。

東京・二子玉川のスターバックスで、先頭の人に福袋108個が買い占められたことがありました。

後ろに並んでいたお客様は誰も買うことができず、先頭にいた転売ヤーはもちろん、転売対策をしないスターバックスにも批判が集中しました。

ねとらぼより抜粋

転売ヤー本人は特に悪気がなかったらしく、むしろ誇らしげに、買い占めた福袋をSNSで公開してしまいました(現在、転売ヤーのSNSアカウントは削除されています)。

これが爆死のすべての始まりでした。

転売ヤーはヤフオクで福袋を転売したのですが、アカウントが特定されてしまい、買わないのに入札、つまりいたずら入札ばかりされる事態に。

結局、この転売ヤーは爆死してしまいました。

無在庫転売で注文後に仕入れようとしたら仕入れ値が跳ね上がり爆死

みんな情弱だなあ。無在庫転売すれば爆死しないのに

無在庫転売でも爆死事例はあります。

以下のXの投稿の右上の画像をご覧ください。

ある転売ヤーが、メルカリで2,450円で販売されていたオリジナル商品を、amazonで6,850円で無在庫転売しようとしていました。

ある日、その商品の注文があったので、転売ヤーがメルカリから仕入れようとしたところ・・・・・・

なんと、245,000円に仕入れ値がつり上がっていたのです。

つまり、無在庫転売ヤーは、245,000円で仕入れて、6,850円に販売しないといけません。

青ざめた転売ヤーは、早速注文者に次のようにキャンセルを依頼します。

転売ヤー
すでに併売店舗にて販売しました。amazonの商品ページの削除ができておらず、こちらの商品管理ミスです。仕入れ先等も確認しましたが、用意が難しいとのことです。楽しみにされていたのも関わらず、大変申し訳ありません

しかし、実は注文した人は、メルカリでオリジナル商品を販売している本人だったのです。

そこで、注文した人は、次のように回答します。

それ、嘘ですよね。その商品、私がメルカリで販売しているオリジナル商品です。あなたが真っ当なビジネスをしているなら、早く発送してください

転売ヤーは、もうどうしたらいいかわからず、返信できかねているうちに、仕入れ値が最終的に2,450,000円まで上昇。

結局、転売ヤーは観念することになってしまいます。

この一件、転売ヤーに注文した人が、事の顛末をすべてXにて報告。

晒された転売ヤーは、他にも人のオリジナル商品を勝手に無在庫転売していたことが発覚してしまいます。

https://twitter.com/dontomi1964/status/1516734980206247940

オリジナル商品を販売している方は、同じように無在庫転売対策をしているようです。

無在庫転売自体は違法でも悪質な行為でもないですが、このよう行為は絶対にやめましょう。

また、無在庫転売は、商品の発送が遅れやすい、検品する時間がないなどトラブルが起きやすい方法です。

メルカリやラクマは無在庫転売の出品を禁止していますし、amazonやeBayは厳しい規制があるので注意してください。

無在庫物販(無在庫転売)の落とし穴!Amazonで実践する際の注意点、メリット・デメリットを詳細解説

コロナ禍のマスク高額転売が一時的に法律で禁止されて爆死

2020年、新型コロナウィルスが蔓延して、日本中でマスクが品薄になって価格が高騰したことは記憶に新しいでしょう。

当時、マスクの価格が高騰することを見越して、大量に買い占めて高額転売した人がいました。

今では考えられないような高値で、マスクを渋々購入した人も多いでしょう。

この状況、さすがに厚生労働省は問題視して、マスクの高額転売を法律で禁止しました(国民生活安定緊急措置法施行令)。

日本経済新聞より抜粋

一時的な措置で、今は転売禁止は解除されていますが、当時マスクの高額転売で大儲けを考えていた人は爆死したことでしょう。

また、意に介さず高額転売して、逮捕事例もあります・・・・・・。

違法行為をしたら人生詰むことになるので、絶対に注意しましょう。

せどり転売は違法なのか?安心して行うための方法についても徹底解説

【遊戯王カード】ルール改定で爆死

ポケモンカードや遊戯王などトレカの高額転売も、社会問題になっており、消費者から忌み嫌われています。

また、トレカの転売は転売対策などによる爆死リスクが非常に高く、まったくおすすめできません。

https://twitter.com/sapokemonYuGiOh/status/1751893043454873667

詳細は、以下の記事をご覧ください。

トレカせどりの大半は禁止、、、爆死リスクも高いから絶対やめよう

特に遊戯王カードについては、公式大会で使えるカードを制限するリミットレギュレーションという制度があります。

公式大会では使用を禁止しているカードも出てきますが、ルールの改定で禁止カードが変わることがあります。

禁止カードになってしまうと当然需要が減るので、価格が暴落する傾向にあります。

もし、高額転売しようとしていた遊戯王カードが大会で使用禁止となれば、爆死は免れないでしょう。

詳細は、以下の記事をご覧ください。

遊戯王カード転売は禁止! 爆死リスクも高いので絶対にやめよう

ネット民のデマ情報に惑わされてガンプラ高額転売で爆死

高額転売を嫌うネット民が、デマ情報を流して転売ヤーを惑わして爆死させるケースもあります。

有名なところでは、トリスタンというガンプラの例があります。

https://twitter.com/yamakouzc31s/status/1431885480304414734

トリスタンについては、Xで「プレ値がつく」「トリスタンは超人気。すぐに買おう」などの投稿が相次ぎ、トレンド入りしてしまうほどでした。

それを見た転売ヤーが、トリスタンのガンプラを買い占めます。

ところが、実態はトリスタンはガンプラのなかでは不人気で、在庫がなくなるどころか、店舗も在庫を抱えて困っていたほどでした。

つまり、先のXの投稿は、転売ヤーに怒っているガンプラファンが一致団結して流したデマ情報だったのです。

転売ヤーは、特にガンプラに詳しいわけではなかったので、デマ情報に気付かなかったのでしょう。

その結果、転売ヤーは不良在庫を大量に抱えることになり、大爆死してしまいました。

デマ情報を流すのもどうかと思いますが、それを信じて大量に仕入れる転売ヤーもかなり情弱と言わざるを得ないでしょう。

転売で爆死しないための5つの対策

転売爆死対策

これまでの転売ヤー爆死事例を踏まえて、転売で爆死しないための対策について解説します。

特に仕入れ先のルールを守り、消費者が不快に思うような高額転売は行わないようにしましょう。

販売メーカーや仕入れ先店舗の購入ルールを守る

転売ヤーが爆死しないための最大のポイントは、購入ルールを守って、不当な買い占めを行わないことです。

悪質な転売ヤーが狙うような人気商品や限定商品は、販売メーカーや仕入れ先店舗の転売対策を徹底しているためです。

「1人1個まで」といった購入制限や抽選販売を設け、万が一品薄になれば再販や二次受注するケースが増えています。

多くの転売ヤー爆死のケースは、購入制限などのルールを守らないまま不当に買い占め、再販されてしまったケースが大半です。

特にガンダムなど転売ヤーに悩まされたバンダイナムコは、規約で転売目的の購入を禁止するだけでなく、購入者都合の注文キャンセルを不可能にしています。

つまり、二次受注や再販があり、価格が暴落するようなことがあってもキャンセルできないので慎重な仕入れをしないといけません。

バンダイナムコは、転売ヤーの爆死リスクを高くすることで、転売目的の購入を防ごうという意図があると思われます。

販売メーカーや仕入れ先の購入ルールを守って、健全な仕入れをしましょう。

儲かりそうだからといって無理な仕入れはしない

物販ビジネスで共通する話ですが、儲かりそうだからといって、無理な仕入れは禁物です。

特に新商品の場合は、売れ行きや価格推移が読めないので、特に無理な仕入れには気を付けなければいけません。

実際に、予想以上に人気が低迷してプレ値にならず、むしろ定価以下の価格になってしまうことは珍しくありません。

なお、先ほど事例として紹介したPSVRの後継機PSVR2ですが、次のような価格推移を示しています。

PSVR2も品薄となるほど大人気とはならなかったようで、発売当初は高値で販売する出品者もいましたが、その後は大幅に価格を下げています。

このように、予想に反して人気が低迷した商品は、途中から販売価格が高騰することは期待できません。

このような商品を無理に仕入れてしまうと、間違いなく爆死します。

amazonであれば、Keepaというツールを使って過去の売れ行きや販売価格の推移を調べることができます。

客観的なデータを使って仕入れ判断をして、堅実に稼ぐようにしましょう。

amazon物販に必須のKeepa(有料版)とキーゾンの登録方法と便利な機能を図解で詳細解説!

ネットの情報を鵜呑みにしない

SNSなどのネットの情報を鵜呑みにしないようにしましょう。

先のガンプラのトリスタンの事例のように、「絶対売り切れる」「プレ値がつくかも」などデマ情報を流して転売ヤーを爆死させるケースもあるためです。

ガンプラのトリスタンは、ガンプラファンのなかでは不人気であることは知られていたので、ガンプラに対する商品知識があれば、デマ情報に騙されなくて済んだでしょう。

物販ビジネスでは、目利きがあるほど商品知識があるか、なくても過去の販売個数や価格の推移を確認できることが必須です。

「何となく売れそう」と無謀な大量仕入れすると、大爆死することになります。

消費者に嫌われるような転売行為をしない

消費者に嫌われるような転売行為をしてしまうことも、爆死の一因になります。

先ほどお伝えしたように、悪質な転売ヤーを懲らしめようとデマ情報を流すことも考えられます。

そうでなくても、高額転売ヤーを突き止められて、「この転売ヤーから買うな!」とSNSで拡散されることがあります。

このような不買運動が起きると、自分が出品している商品すべてが売れなくなることもあり得るので、十分注意してください。

お客様ありきのビジネスで、お客様を敵に回すとろくなことないですね・・・・・・。

販路の規約は必ず守る

販売メーカーや仕入れ先店舗の購入ルールを守ることはもちろん、amazonやメルカリなどの販路の規約も守るようにしましょう。

守らない場合、在庫を多く抱えたまま商品ページが削除されたり、アカウントが停止されたりして、爆死が確定してしまいます。

amazonもメルカリもヤフオクも、転売ヤーに対してかなり厳しく規制をするようになりました。

例えばamazonではコンディションガイドラインは必ず守るようにしましょう。

⇒⇒amazonコンディションガイドライン

このコンディションガイドラインからは、次のような商品は出品してはいけないことがわかります。

  • 偽物や著しい不良品を販売してはいけない
  • すでにメーカー保証が開始されている商品は新品ではなく中古で出品すること⇒つまり、せどりや転売目的で仕入れた商品は、すべて中古で出品しないといけません。

規約を破ると、amazonアカウント閉鎖されるので、十分注意しましょう。

なお、中村さんが、過去にamazonアカウントを閉鎖された悲惨な過去を語ってくれています。

【実体験】せどりで月収100万稼げても全く幸せになれなかった理由

メルカリやヤフオクも、当然偽物や不良品は販売禁止ですし、無在庫転売は禁止されているので注意しましょう。

また、メルカリやヤフオクでは、悪質な転売ヤーで問題視されているポケモンカードは出品できないので注意してください。

出品した際は、商品ページが削除されてしまいます。

【厳禁】ポケモンカードせどりはリスクしかないので絶対にやめよう

転売ヤーを卒業して真っ当な物販ビジネスで安定的に稼ごう

転売ヤーを卒業しよう

不良在庫を大量に抱えて爆死したくないなら、悪質な転売ヤーを卒業して、真っ当な物販ビジネスに取り組むことが一番です。

不当に人気商品を買い占めて高額転売する行為は、コロナ禍のような緊急事態でなければ、法律で禁止されることはあまりないでしょう。

しかし、販売メーカーや取扱店舗の転売規制はどんどん厳しくなっており、転売ヤーが参入できないようになっています。

今後、転売ヤーは駆逐され、無理矢理転売しようとしても爆死することは避けられないでしょう。

詳細は、以下の記事をご覧ください。

【絶対なるな!】転売ヤーとは?全方位から嫌われてしまうその理由

実際に、悪質な転売ヤーから卒業して、真っ当な物販ビジネスに転向して成功した人は少なくありません。

例えば、せどりや転売とはまったく違う物販ビジネスもあります。

例えば、小売店ではなく、メーカーから直接商品を仕入れてamazonで販売するメーカー仕入れという物販ビジネスがあります。

転売ヤーと揶揄されてしまう人は、販売メーカーや仕入れ先、お客様を的に回してしまっています。

しかし、メーカー仕入れは、メーカーと取引して、メーカー保証の効いた高品質の商品を適正価格でお客様に届けるビジネスです。

お客様には、適正価格で品質の良い商品が届くので、喜んでもらえます。

しかも、出品者にとっては次のようなメリットがあります。

  • 安定的な商品仕入れが可能
  • 販売者を限定化することで値崩れを防ぐことができる
  • 安定的な仕入れができ、適正価格で販売できるから月利が安定する
  • 常に商品をリサーチしなくていい
  • 転売規制とは無縁
  • お客様からのクレームが少ない
  • amazonアカウント閉鎖のリスクがほとんどない

つまり、自分もメーカーもお客様も喜ぶwin-win-winのビジネスとなります。

実際に、メーカー仕入れに取り組んだ方は、以下の記事にあるような実績を出しています。少なくとも爆死リスクの高い高額転売よりは再現性が高いです。

メーカー仕入れを実践した「58名」のコンサル期間後の結果は?

メーカー仕入れの具体的な方法については、以下の記事をご覧ください。

【2024年版】メーカー仕入れで個人が月利50万を達成できる超具体的7ステップ

最後に

高額転売ヤーの爆死事例と、爆死しないための対策についてお伝えしました。

社会的に嫌われている高額転売は、消費者から嫌われますし、爆死リスクも非常に高いです。

せどりや転売自体は悪いことではありませんが、お金と信用を大幅に失い、人生を詰むような行為は絶対にやめましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

EC STARs Lab.代表の中村が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ


国内メーカー仕入れに特化したセミナーはコチラから↓↓

 

弊社が出版した書籍一覧はコチラから↓↓

 

シェアしていただけると光栄です!!

ABOUT US

アバター画像
石井裕
1979年新潟県出身、東北大学大学院工学研究科修士課程卒。
原子力技術者として13年勤務。

趣味で書き始めたブログから収入を得られたことをきっかけに、密かに夢に抱いていたライターとして起業。
マニアックな好奇心と探究心から生まれる徹底した取材で、商品・サービスの隠れた魅力を言語化することを武器としている。

特に物販事業について専門的な知識を有しており、2018年より、EC STARs Labのコンテンツ制作および活動に深く関わっている。

県境をまたぐマニアックな趣味を持ち、2009年『県境マニア』を出版。
以降TBSの「ゴロウ・デラックス」「マツコの知らない世界」、テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ!」などメディア出演多数。
error: Content is protected !!