受領不備なくFBA納品できるダンボール規定サイズと重量、納品ルール

FBA納品できるダンボール規定サイズ

こんにちは、amazon物販コミュニティ「EC STARs Lab」の石井です。

FBA納品用に梱包したダンボールが受領不備で返送されてショックを受けたことはないでしょうか?

ダンボールの規定サイズと重量、納品ルールを守らないと受領拒否の対象となり、FBA納品ができないので注意が必要です。

受領拒否されるようなことがあると、再度納品する必要があるので倍の送料が発生し、しかも早く対応しないと販売の機会損失になる可能性があります。

実際にFBA納品用のダンボールで失敗したという体験談は「EC STARs Lab」でもよく聞く話です。

そこで、FBAダンボールの規定サイズ、重量、納品ルールについて解説し、ダンボールを無料/格安で入手する方法を解説します。

amazonメーカー仕入れ

納品前に知っておきたいFBA用のダンボール規定サイズと重量

FBA用ダンボール規定サイズと重量

FBA納品の際のダンボールは、商品のサイズに基づいて次の基準やルールを満たしている必要があります。

小型/標準サイズ

商品サイズ ダンボールサイズ
大きさ 45×35×20cmより小さい 18.1×10.0×2.5cmより大きく50x60x 50cmより小さい
重量 9kg未満 0.15~30kg

※大きさは「長さ×幅×高さ」(大型、特大サイズについても同様)

※amazonセラーセントラル「amazonへの個口配送」を元に作成(大型、特大サイズについても同様)

大型サイズ

商品サイズ ダンボールサイズ
大きさ 45×35×20cmより大きく、95×70×51cmより小さい 寸法の合計が216cm以内
重量 9~40kg 40kg

特大サイズ

商品サイズ ダンボールサイズ
大きさ 95×70×51cmより大きく、寸法の合計が260cm以内 寸法の合計が400cm以内、最長辺が250cm未満
重量 50kg未満 80kg未満

【補足①】15kgを超える商品は重量超過を明記する

上記の規定サイズの基準を満たしていても、ダンボールの重量が15kgを超えている場合は、以下の「重量超過シール」を貼りましょう。

重量超過シール

重量超過シールについては、上記のようにamazonで簡単に入手可能です。

重量超過については以下の記事でもお伝えしています。

よろしければ参考にしてみてください。

FBA納品で重量超過が表示されてもシールを貼れば大丈夫|その他の注意すべき点も解説

【補足②】FBAに配送する運送会社の制限も確認する

FBA納品の規定サイズ・重量だけでなく、FBA納品の際の運送会社のサイズ・重量制限も注意しましょう。

例えばヤマト運輸の宅急便については、200サイズ以内、30kg以内という制限があります。

【補足③】FBAパートナーキャリアの制限も確認する

FBA配送で、FBAパートナーキャリアを利用する際は、その制限も確認するようにしてください。

FBAパートナーキャリアは、60~160サイズ、25kg以内というダンボールの指定があります。

FBAパートナーキャリアについては、以下の記事をご覧ください。

【おすすめ】FBAパートナーキャリアでお得に納品|料金、利用条件と納品方法は?

送料を抑えるダンボール活用術

送料を抑えるFBA用ダンボール活用術

FBA納品用のダンボールについては、納品ルールを守ることを前提として、送料にも注意しておく必要があります。

コストパフォーマンスのいいダンボールの選び方を知っておくといいでしょう。

重量のある商品を梱包する場合

重量のある商品をダンボールに梱包する場合は、ダンボールサイズが大きいと重量の上限をオーバーしやすくなる点に注意してください。

洗剤などの液体系や粉系の商品、あとは鉄系商品は重量が多くなりがちなので気をつけましょう。

このため、重量のある商品は、比較的送料を削減しづらいところがあります。

軽量の商品を梱包する場合

軽量の商品を中心にダンボールに梱包する場合は、規定サイズに注意しながら大きめのダンボールでまとめて納品しやすいです。

そうすることで、送料を抑えることができるので、軽い商品はなるべく大きめのダンボールを選ぶようにしましょう。

サイズや重量以外のFBA用のダンボール5つのNG事項

FBA用のダンボール5つのNG事項

FBA納品用のダンボールについては、サイズや重量以外に、次の注意点があります。

ルールを守らないと受領拒否になってしまうので、ルールは確認するようにしてください。

ダンボールに破損や汚れがある

※amazonセラーセントラル「amazonへの個口配送」より抜粋

ダンボールに破損や汚れがあると、納品不備とされてしまう可能性があります。

上記の画像は、実際にamazonセラーセントラルの画面からの引用です。つまり、上記より状態が悪いと破損と判断されてしまうと考えていいでしょう。

一度使われたダンボールを再利用する際は注意してください。

丈夫でないダンボールを使う

※amazonセラーセントラル「amazonへの個口配送」より抜粋

適切な強度のあるダンボールを使用しなければ、amazonダンボールが破損する可能性があります。

破損した時点で納品不備とされますから、やはり古いダンボールは注意するようにしましょう。

ダンボールを大きく、もしくは小さく加工する

※amazonセラーセントラル「amazonへの個口配送」より抜粋

上の画像のように、ダンボールを大きく加工したり、小さく加工したりしないようにしましょう。

別のダンボール箱をフタ代わりに使用することもNGです。

ダンボールが大きく隙間が多いのに緩衝材がない

直接ダンボールとは関係ないですが、ダンボールサイズが大きいのに、緩衝材が適切に入っていないと商品の破損の原因となります。

なるべく隙間ができないようにダンボールに詰めるのがおすすめですが、それでも隙間は出るので、緩衝材を入れるようにしましょう。

使用する緩衝剤については、以下の記事をご覧ください。

amazon FBA納品で正しく梱包して受領拒否されないための方法を詳細解説

重量超過など手書きの記載、ガムテープの多重貼り

※amazonセラーセントラル「amazonへの個口配送」より抜粋

重量超過については、手書きでなく、先にお伝えしたように「重量超過シール」を貼るようにしてください。

また、ガムテープの多重貼りもNG行為なので注意してください。

FBA納品用ダンボールを無料/格安で入手する5つの方法

FBA納品用ダンボールを無料/格安で入手する5つの方法

ダンボールの入手方法は様々ありますが、主に次の方法が一般的です。

【一番無難】ネットでFBA用のダンボールを購入する

amazon販売が初めての方は、一番おすすめなのがダンボールワンやロハコなど、ネットで購入する方法です(下の画像はダンボールワン)。

ダンボールワン

amazon FBA納品に適したサイズも販売されていますから、規定サイズを守ったダンボールが手に入ります。

しかも新品なので、破損や汚れの心配もほとんどありません。

自動車を持っていない人でも問題なく入手できますし、特に初心者の方は、ネットでFBA用のダンボールを購入することが確実です。

近所のホームセンターで購入する

無料のダンボールでは品質が心配な場合は、近所のホームセンターで購入するという方法があります。

ただ、この方法では規定サイズに合うダンボールを探す時間や労力がかかるので、自動車を持っている人に向いている方法です。

【上級者向け】ダンボール業者から格安で入手する

物販の経験を積んでいくと、品質の良いFBA用のダンボールを格安で入手することもできるようになります。

物販の経験を積んで、様々な業者と繋がりができてくると、配送面で独自のルートができあがるためです。

例えば、ダンボールを作っている卸問屋さんなどに連絡して購入しているようなケースもあります。

また、地域のダンボール業者でも安く購入できることがあるので、探してみるといいでしょう。

ただし、1回100枚など最低購入数量が多いケースがほとんどなので、やや上級者向きの方法にはなります。

【要注意】一度使われたダンボールを無料で再利用する

近所のイオンモールやスーパー、薬局、コンビニなどで、無料で一度使われたダンボールを入手することが可能です。

これらのダンボールは無料で気軽に手に入る反面、FBA納品用に用意されているわけではないので、次のデメリットがあります。

ダンボール再利用のデメリット
  • 破損または汚れなど品質上の問題があるダンボールも含まれている
  • 再利用の場合は見た目が問題なくても強度が弱いダンボールもある
  • FBA規定のサイズに合うダンボールを探す時間と労力がかかる
  • 前回配送分のラベルやバーコードを外したり、覆い隠したりする必要がある

以上のことから、無料で近所の店舗から入手する方法は、少量仕入れや経験者の方に向いていると言えます。

また、大量に入手する際は、自動車を持っていた方が便利なので、比較的地方在住の方に合った方法です。

メーカー仕入れであれば、メーカーのダンボールを流用できる

せどりを卒業して、メーカー仕入れを実践している方であれば、メーカーのダンボールでそのままFBA納品してもいいでしょう。

メーカー仕入れは、様々なメリットがありますが、ダンボール選びでもコストと手間を減らすことが可能なのです。

最後に

以上、amazon FBA納品の規定サイズと重量超過についてお伝えしました。

amazon FBA納品の規定サイズと重量については、かなり頻繁に改定されますので、その都度最新情報を確認するようにしましょう。

なお、amazon販売の商品登録やFBA納品の手順については、以下の記事をご覧ください。

【最新版】FBA納品プランの超具体的作成手順をお伝えします

それでは、最後までご覧いただいてありがとうございました。

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

EC STARs Lab.代表の中村が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ


国内メーカー仕入れに特化したセミナーはコチラから↓↓

 

弊社が出版した書籍一覧はコチラから↓↓

 

シェアしていただけると光栄です!!

ABOUT US

アバター画像
石井裕
1979年新潟県出身、東北大学大学院工学研究科修士課程卒。
原子力技術者として13年勤務。

趣味で書き始めたブログから収入を得られたことをきっかけに、密かに夢に抱いていたライターとして起業。
マニアックな好奇心と探究心から生まれる徹底した取材で、商品・サービスの隠れた魅力を言語化することを武器としている。

特に物販事業について専門的な知識を有しており、2018年より、EC STARs Labのコンテンツ制作および活動に深く関わっている。

県境をまたぐマニアックな趣味を持ち、2009年『県境マニア』を出版。
以降TBSの「ゴロウ・デラックス」「マツコの知らない世界」、テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ!」などメディア出演多数。