【あなたのアカウントは停止されました】amazonを装った詐欺メールの見分け方とアカウント情報を入力した際の対処方法

amazonを装った詐欺メール「あなたのアカウントは停止されました」

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

様々な大手企業や公的機関を装った不審なフィッシング詐欺を目的とした迷惑メールが届くことがあります。

例えば、国税庁を装って国税の納付を求めたり、財産の差押えを予告したりする旨の詐欺メールが届いたこともあります。

これはamazonも例外ではなく、「あなたのアカウントは停止されました」という件名のフィッシングメールが届くことがあります。それも何回も……。

そこで、このような迷惑メールが来たときの見分け方や、アカウント情報を入力してしまった際の対象方法を解説します。

 

 

本物のamazonからアカウント停止や真贋調査の通知が来た方へ

本記事は、amazonを装った迷惑メールの記事になります。

本物のアカウントスペシャリストやアカウントヘルスサポートから、アカウント停止や真贋調査の通知が来たときは以下の記事を参考に対応してください。

【要注意】amazonのアカウント停止や閉鎖が起きる15個の理由と対策|ツールによる防止策や復活方法も解説

 

【アカウント閉鎖の恐怖】amazon真贋調査の内容とクリアする方法を詳細解説

「あなたのアカウントは停止されました」詐欺メールの見分け方

amazonを装った詐欺メールの見分け方

登録のメールアドレスに、次のようなメールが来たことはないでしょうか?

件名:あなたのアカウントは停止されました

こんにちは (登録メールアドレス)、

誰かがあなたのamazonアカウントで他のデバイスから購入しようとしました。そうなれば、Amazonの保護におけるセキュリティと整合性の問題により、セキュリティ上の理由からアカウントがロックされます。

アカウントを引き続き使用するには、24時間前に情報を更新することをお勧めします。それ以外の場合、あなたのアカウントは永久ロック.

件名:あなたのアカウントは停止されました

新しいデバイスからアカウントサービスへのサインインが検出されました。

誰かがあなたのAmazonアカウントを他のデバイスからログインしようとしました。Amazonの保護におけるセキュリティと整合性の問題により、セキュリティ上の理由からアカウントがロックされます。

アカウントを引き続き使用するには、24時間以内に情報を更新することをお勧めします。それ以外の場合、あなたのアカウントは悪用される恐れがあります。

いずれかのパターンでも、下に「確認用アカウント」のリンクボタンが設置されており、24時間以内のアクセス、情報更新が求められている内容です。

そうしないとアカウントが停止されるという、amazonセラーが一番恐れている脅し文句で煽っています。

しかし、フィッシングメールの類ですから絶対にクリックしてアカウント情報を入れてはいけません。

なお、これまでもamazonを装った詐欺メールは何回かありました。

例えば私には、以下のようなamazonを装った詐欺メールが来ています。

今後も形を変えて詐欺メールを送られてくると思いますが、以下の点に注意すれば、ほぼ確実に見分けがつきます。

 

送信元のメールアドレスを確認する

送信元のメールアドレスを見ると、本物か詐欺メールかどうかを見分けることができます。

アカウント停止や真贋調査の通知は、基本的にはamazonのアカウントスペシャリストなどから来ます。

amazonアカウントスペシャリストであれば、product-compliance-policy@amazon.co.jpというメールアドレスです。

商標権/知的財産権侵害の通知であれば、notice-dispute@amazon.co.jpというメースアドレスになります。

他にもありますが、少なくとも@以下に記載されているドメインは必ずamazon.co.jpになっています。

しかし、迷惑メールであれば、以下のような得体の知れないメールアドレスになっています。

amazon詐欺メールのメールアドレス

そのため、今後も形を変えて詐欺メールが来るようであれば、メールアドレスを確認するようにしましょう。

 

見た目ではなく、URLをしっかり確認する

実際にリンクボタンをクリックすると、amazonの公式サイトと見間違うような精巧な作りになっていますが、明らかにURLが違います。

amazonセラーセントラルのログインページ

上記は、本物のamazonセラーセントラルの出品者アカウント用のログインページです。

amazonセラーセントラルのURLであれば、https://sellercentral.amazon.co.jp/ap/~となっているはずです。

ちなみにamazonの購入者用アカウントであれば、皆さんお馴染みのhttps://amazon.co.jpというURLです。

フィッシングメールであれば、上記のいずれでもなく、https://amazon.vertifys.info~などの見たことのないドメインになっています。

メールアドレスや電話番号を入力する前に、必ずURLを確認するようにしましょう。

※なお、後述するようにクリックしても問題はないですが、先方に履歴が残り迷惑メールが届きやすくなります。そのため、なるべくクリックしない方が確実です。

 

判断が難しい場合はamazonに直接聞いてみる

詐欺メールかどうか判断が難しい場合は、amazonのカスタマーサービスに直接聞いてみるといいでしょう。

もし、来たメールが詐欺メールだった場合は、「amazonからそのようなご案内をお送りすることはございません」と返答が来るはずです。

【図解】amazonセラーセントラルからテクニカルサポートに直接問合せをする方法

 

なお、今回は出品者アカウントのログインを装った詐欺メールの話ですが、購入者用出品アカウントの登録メールで詐欺メールが来ることがあります。

その場合も、購入者用のカスタマーサービスに連絡するといいでしょう。

また、購入者用アカウントの場合、メッセージセンターを確認すると受信したメールを確認することができます。

  1. 右上の「アカウント&リスト」から「アカウントサービス」を選択
  2. 「メッセージセンター」をクリック
  3. 購入者用アカウント登録のメールアドレスに届いたメールを確認する

メッセージセンターにないメールであれば、詐欺メールである可能性が高いです。

 

誤ってクリック、もしくはアカウント情報を入力した場合の対処方法

amazonを装った詐欺メールの対処方法

もし、誤って詐欺メールのリンクボタンをクリックして、アカウント情報を入力してしまった場合は、次のように対処してください。

 

クリックしてアカウント情報を入力しなかった場合

先ほどもお伝えしましたが、リンクボタンをクリックしただけであれば、特に何も問題はありません。

しかし、1度クリックすると、先方に履歴が残る可能性があり、今後詐欺メールが頻発する可能性があります。

そのため、お使いのメールソフトで、迷惑メール設定をしておくと確実です。

参考までに、gmailとYahoo!メールの迷惑メール設定の方法をお伝えします。

【gmailの迷惑メール設定方法】

【Yahoo!メールの迷惑メール設定方法】

アカウント情報を入力してしまった場合

万が一詐欺メールを気付かず、アカウント情報を入力してしまった場合は、速やかにパスワードを変更してください。

セキュリティを強化するうえで、二段階認証にするのがおすすめです。

【セラーセントラルのパスワードの変更方法】

amazon出品者アカウントのパスワード変更方法
  1. 右上の歯車のアイコンから「ログイン設定」をクリック
  2. 編集画面でパスワードを変更する

また、パスワードを変更したら、念のためにログアウトしてもいいですが、その前にカスタマーサービスに連絡指示を仰いでおくといいでしょう。

購入者用アカウント登録のメールアドレスに詐欺メールが来た場合も、同様にパスワードを変更してください。

最後に

以上、amazonを装った詐欺メール「あなたのアカウントは停止されました」の見分け方とアカウント情報を入力した際の対処方法を解説しました。

年々詐欺メールについては、精巧な作りとなっており、誤ってクリックしても気付かずにアカウント情報を入力しがちです。

しかし、本記事で解説したように、現状は本物のamazonか詐欺メールかを見分けることは可能なので、間違ってアカウント情報を入力しないようにしましょう。

また、間違ってアカウント情報を入力した場合は、速やかにパスワードを変更するようにしてください。

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です