amazon販売ビジネスでも影響が?!国内メーカー取引は二重卸禁止の場合も

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

国内メーカーに対して取引の交渉をしていて、amazon販売だと隠し卸業をしている体で交渉すると

「うちは二重卸は禁止しているから、取引できません」

と言われる場合があります。

ここでいう「二重卸」とはどのようなことなのかについて、解説していきます。

 

私のコンサルではメーカーと長期的なビジネスを築くため、amazon販売と正直に言っているので、上記のようなことはないですが、他のコンサルも受けたことのある方にお話しを伺うと「amazonで売ってますというと取引できないメーカーも多いから、卸やってなくても卸しています、と言うようにしましょう」と教えている方もいらっしゃるようです。。。

嘘ついて相手を騙して取引できて、その後何が残るのだろう?

それは真っ当なビジネスと言えるのだろうか?

と思ってしまいますね(^^;)

二重卸とはどういった状態か分かりますか?

二重卸とは

メーカー

1次卸

2次卸

小売り

こういう風に中間に卸業者を2社以上挟んだイメージです。

この形のメリットしては卸を営業マンとして活用できるのでメーカーが営業をガンガンしなくて良いことです。

商品開発などに力を注ぐことができます。

逆にデメリットとしては卸がずさんな業者だと顧客の管理をしっかりしていないからどこに商品が流れているか分からなくなる、、

ゆえに変なところに安い価格で流れたらメーカーのブランドイメージの低下に繋がります。。

よって二重卸を禁止しているメーカーも多いです。

 

amazonで価格崩壊が起こるメカニズムと、メーカーへの提案については下記の記事で詳しく紹介していますので、興味のある方は合わせてお読みください。

【メーカー仕入れ】限定化や独占に至るまでの交渉方法は?

 

二重卸禁止が増えてきています

メーカーから1次卸→2次卸と卸業者が増えていくことは、メーカーからすると誰がどこに商品を卸したのか、商流を把握しにくくなります。

そうなると、どこの誰とも知らない販売者がamazonで大きく値下げして売られた場合、その商品自体の商品価値や、メーカーのブランドイメージが大幅に損なわれてしまいます。

他の実店舗などへ卸している場合、そこから「なんでamazonであんな安売りしているんだ?!」とクレームになることもあります。

メーカーからするとたまったものではないですよね。。。

 

そのため卸を挟まず

メーカー

小売り

こういう形で商流を整理し、自社で顧客管理をしっかり行うことで商品価値やブランドイメージを確保するメーカーが増えてきたことが、二重卸を禁止するメーカーが増えてきた背景にあります。

オンライン販売に長けたメーカーも増えてきていますし二重卸禁止のメーカーも今後多くなるかもですね。

最後に

今回は二重卸を禁止するメーカーが増えていることについてお話ししてきました。

ちなみに私のやり方的には

  • オンライン販売の知識に乏しく
  • オンラインでの顧客管理、予防策
  • 変な卸業者への徹底指導の方法

などなどを、amazon販売と言って付き合ってくれたメーカー側に対して丁寧に教えるということで、深い信頼関係を構築しています。

ここまでいけば取引するメーカーも少ないうえで多くの利益を見込めます。

自分だけの価格やメーカーと組んでの新しいビジネスが沢山沢山生まれるので、物販が楽しくなります^^

 

ぜひ真っ当な方法でメーカー仕入れのamazon物販に取り組んでください^^

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です