Amazon販売ビジネスでも影響が?!国内メーカー取引は二重卸禁止の場合も

こんばんは、中村裕紀です。

国内メーカーに対して卸業をしている体で交渉すると

「うちは二重卸は禁止しているから、取引できません」

と言われる場合があります。

(現在は長期的なビジネスを築くため、Amazon販売と正直に言っているので、上記のようなことはメーカー側が勘違いしない限りないですが)

二重卸とはどういった状態か分かりますか?

二重卸とは

メーカー



小売り

こういう風に中間に卸業者を挟んだイメージです。

この形のメリットしては卸を営業マンとして活用できるのでメーカーが営業をガンガンしなくて良いことです。

商品開発などに力を注ぐことができます。

逆にデメリットとしては卸がずさんな業者だと顧客の管理をしっかりしていないから
どこに商品が流れているか分からなくなる、、

ゆえに変なところに安い価格で流れたらメーカーのブランドイメージの低下に繋がります。。

よって二重卸を禁止しているメーカーも多いです。

二重卸禁止が増えてきています

卸を挟まず

メーカー

小売り

こういう形でやれば自社で顧客管理をしっかり行えばブランドイメージを確保できますからね。

オンライン販売に長けたメーカーも増えてきていますし二重卸禁止のメーカーも今後多くなるかもです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちなみに私のやり方的には

オンライン販売の知識に乏しく
オンラインでの顧客管理、予防策
変な卸業者への徹底指導の方法

などなどを

Amazon販売と言って付き合ってくれたメーカー側に対して丁寧に教える
ということで、深い信頼関係を構築しています。

ここまでいけば取引するメーカーも少ないうえで多くの利益を見込めます。

自分だけの価格やメーカーと組んでの新しいビジネスが沢山沢山生まれるので、物販が楽しくなります!!

直近のテーマは今日お話したことと、完全外注化ですね。

台風も近付いてきましたが、、
今週もあと一日、頑張っていきたいですね^^

こちらの記事もおすすめ

→【アマゾン転売は果たして儲かるのか?アマゾン転売で儲かる方法を具体的に解説してみた

 







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です