【Amazonビジネス】PayPalの為替手数料について

こんばんは、Amazonビジネスコンサルタントの中村裕紀です。

今日はPayPalの為替手数料についてのお話をします!

PayPalの為替手数料について意識していますか?

最近コンサル生と話していて感じたことですがPayPalの為替手数料を意識せず利益計算をしている方が意外と多い気がします。

もちろんコンサル生はしっかりとPayPalの為替を意識した上で仕入表などの作成を行ってくれていますが

これに気付かず長い間ずっと利益計算していると大変なことになります。。

PayPalの為替手数料で赤字になることも

為替レートがPayPal手数料が上乗せされているので十分な注意が必要です。

利益率が低いものなどは赤字?!の可能性もありますね。

ちなみにPayPalの手数料は下記のようなサイトで確認して算出するといいです。

http://bit.ly/2fCsYnq

PayPalのレートも意識してみてください

あとPayPalのレートでなく各クレジットカード会社のレートを決済時に使用したい時はこんな方法もあります。

PayPalのレートよりはいいはずです!

こちらの方法は、私もよく使っていました!

最近は全て現金決済なのでもしかしたらPayPalの仕様が変わってるかもですが、、

ただ、為替レートによって利益が変わる!!!

ということは私たちにとって大きな問題です。

ここは必ず意識すべきですよね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はPayPalの為替手数料についてのお話でした。

★こちらの記事もオススメです。

→【amazon輸入ビジネスの利益率はどのくらいか?

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

2件のコメント

お世話になります。

情報参考にさせていただいております。

>最近は全て現金決済なので
中国などの現金決済は、どの様にしているのでしょうか?
よろしければ、教えてください。

よろしくお願いいたします。

武川様

ご連絡が遅れ申し訳ありません。。

中国への送金は、
中国在住のスタッフ海外口座へ円建て送金、そして中国元に両替。

もしくは海外メーカーの場合は、直接ドル建て海外送金しております。

どうぞよろしくお願いいたします。

中村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。