リスクのないAmazon輸入転売

こんばんは、中村裕紀です。

明日はHIRAIさんの差別化物販戦略塾の講師として、セミナーを開催する予定です^^

内容も少し変わった面白い内容に仕立てました(笑)

塾の皆さんに役立ってもらえたら、と思います。

さて本日は

「リスクのないAmazon輸入転売」

についての話をします!

 

 

物販ビジネスにはリスクがつきものです

私たちは商品を買って、それを売るというビジネスを行っているので少なからずのリスクは毎回つきものです。

ただリスクをいかに少なくするか?ということが、とても大切で私のコンサル生には

最小ロット購入

FBA納品

販売の実績値を計る

その実績値に基づき仕入れる
(在庫切れを防ぐため、前回の1.5倍を目安に)

この流れを徹底してもらっています。

上記の流れは

メーカー取引
単純転売

いずれのケースでも行ってもらっています。

もちろん商品の売れ行きは

プライスチェック
モノレート

などのツールで前もって調べてもらいますが

最初はどんなに売れ筋商品であろうと最小ロットで必ず絶対に売り切れるであろう個数を仕入れます。

 

 

ツールに頼りすぎると危険?実績値を計る事が大切

私の場合はツールに頼りきりになるのではなくあくまで実績値を計る、ということの方が大切だと考えているので、

最小ロット購入

FBA納品

販売の実績値を計る

その実績値に基づき仕入れる
(在庫切れを防ぐため、前回の1.5倍を目安に)

これを守った上での購入を、今でも心掛けています。

 

 

大量買いに注意!!万が一のことも考え焦らずに仕入れを

人によっては売れ筋商品だからガツっと仕入れてしまってあとで失敗してしまった、、なんてケースも経験あるのではないでしょうか?

私は何度も経験ありですw

すぐに稼ぎたい、利益を出したい!

という気持ちでガツっといく気持ちも分かりますがそれで失敗してしまっては、ビジネスとして成り立ちません。

私もつい焦って大量の商品を買ってしまいがちですが万が一のことを考え自分の取れる範囲のリスクを取った方がよいと思います。

またツールはとても便利なものですが

信じきったり、頼りきりになるのはあまりよくないことだと思うので

最小ロットで商品を購入し

販売の実績値を計り、その上で正しい数量を仕入れる!

ことを意識してもらえたら嬉しいです。

 

 

最後に

ちなみに最小ロットで商品を買うと最初は海外送料に利益が圧迫されることも考えられます。

が、それよりも怖いことが他にあるのでやはり私としては最小ロット購入をオススメします!

たしかに利益がトントン、薄利みたいなこともありますが次の仕入れではしっかりとした販売個数、利益が見込めるはずです。

徐々にステップアップすることが大事だと思います!

 

あわせて読みたい記事

転売を続けるならメーカー取引も候補にいれてみてください^^

amazon転売を続けると潰れる理由。メーカー仕入れで転売から卒業し、安定収入を得る方法

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です