ガツガツしてないですよ。。

こんばんは、中村裕紀です。

先日のメルマガで

メーカーに安くしてください

と伝えることが大切ですよ

という話をしたところ・・・

ガツガツ安くしてください

って交渉します!

みたいなメールがきたので

私の交渉について具体的に説明いたします。

もちろん積極的に

相手とコミュニケーション取ることは素晴らしいし

とてもいいことだと思います。

ただちょっと考えて

もう少し工夫したらもっとうまくいきます。

メーカーと取引する際に

大事なことをお話しますね。

これを抑えれば

世界中のメーカーと

うまく取引できると思います!

1流メーカーの社長さんと

直にお話したした内容ですから

きっと参考になりますよ!

まずメーカーは

「取引の継続性」

を最優先します。

一度に大量に何百万円買ったからって

そうそう安くなりません。

大きなとこなら特にその傾向が強いです。

たしかに大量に買えば安くなりますが

今日はそんな次元の話ではありません。

他の人より圧倒的優位にメーカーと繋がる方法です。

これができれば差別化できます。

大量に買うことは

お金をもってる人ならできるので

自分と同じ価格で仕入れる人も多数います。

それではダメなので、見方を変えたほうがいいです。

「自分だけ価格」

これが一番重要です。

社長さんによると

うちは一度に大量に買うとこよりも

より付き合いが長いとこを優先する

とのことです。

そのため

商品の卸価格を考える際も

継続的に商品を毎月買ってくれる

ところを安くしているそうです。

例えば

1000万円一気に買って次いつ買うかわからない・・

みたいなとこより

200〜300万円を毎月買ってくれるとこ

を優先するって感じですね。

その方がメーカー側も安心に取引できます。

よって

毎月仕入れているかなどの継続性

月の購入価格の平均値

のトータルバランスをみて

卸価格を安くするか否かの判断がされます。

たくさん買えばいい

というだけではないんです。

ちなみに私は

バンバン売れるけど

利益率が微妙なメーカーの卸価格を

「自分だけ価格」にするため

上記のことを守り、半年粘ったことがあります。

粘った結果

他の方に卸している金額

とは違う価格を手にしています。

普通では絶対提示してこない金額です。

だから安心して商品を売れます。

大量に商品を買うことも必要なことですが

メーカー側との継続性を考え行動されている方は

少ないような気がします。

もしよければ

今日のことも考え行動してみてください。

私は今日のことをよく考え、交渉時期を決めています。

ガツガツはしていないです。

どっちかというと印象良く、スマートに交渉します。

自分ではめちゃくちゃ大事だと思っています。

ご参考ください。

次回は

交渉相手を間違っていませんか?

みたいなことを書きたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です