「安くしてください」と伝える勇気

こんばんは、中村裕紀です。
 
 
 
昨日から
 
今自分が契約しているメーカーに
 
価格の交渉をしています。
 
 
 
 
だいぶ期間が空いていたので
 
欧米、中国、国内もろもろの
 
メーカー価格を見直しております。
 
 
 
 
 
そしたら
 
今日は2社ほど
 
安くしてもらえることになりました。
 
 
 
 
 
1社は各商品1個につき
 
たった数十円だけの値引きでしたが
 
もう1社は2%のディスカウントに成功です!
 
 
 
 
2%下げたところは
 
価格も高い商品が多いので
 
数万単位で利益が変わると思います。
 
 
 
たぶん私しか
 
この価格で買えてないはずなので
 
言ったもの勝ちですよね(笑)
 
 
 
 
 
 
今回の交渉は
 
メーカー側から
 
取引条件を提示されるのではなく
 
自分からこれだけ買います!
 
って条件を提示しました。
 
 
 
 
なので
 
それに応じてくれた2社は
 
自分だけの価格
 
ということになります。
 
通常の取引ではないですから。
 
 
 
 
 
 
もしかしたら
 
けっこうな数量を提示したんでしょ?
 
と思っていませんか。
 
全然そんなことないです。
 
頑張れば買える量を提示しました。
 
(その数量を実際に買ったこともあります)
 
 
 
 
価格が下がらなかったら頑張らないですが
 
これだけ安くしてくれるというなら
 
自分の誠意を相手に伝える必要があります。
 
 
 
だから
 
捌けるであろう量を提示し買いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
なかなか
 
「安くしてください」を伝える勇気
 
がない、または遠慮している方が多い気がします。
 
 
 
だけど
 
ほんと言ったもの勝ちですよ。
 
言わないのはもったいないです。
 
 
 
 
 
 
Amazonランキング上位の商品も
 
自分だけ利益がでる状態でバンバン回すことができる
 
その一歩は「安くしてください」です。
 
 
 
 
他のライバルと差別化もできるし、オススメです!
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP