amazon仕入れをする際の悪質な転売ヤ―の見分け方を解説します

amazonの悪質な転売ヤーの見分け方

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

amazon物販をしていると、amazon本体だけでなく、数多くの出品者が商品を出品していることがわかります。

amazon以外の主な出品者
  • せどらー、転売ヤーと言われる転売業者
  • メーカー直取引(メーカー仕入れ)を行っている個人事業主、法人
  • OEM商品、独占販売商品の販売事業者
もし、amazonから商品を仕入れてメルカリやヤフオクなどで転売したい場合、特に注意しないといけないのが転売業者です。

なかには不当に高額な商品を売っていたり、不良品を抱えていたりする転売業者もいるので注意が必要です。

amazon物販をしていればご存知の通り、amazonは転売に対する規制を強化しており、悪質な転売業者に対してはアカウント停止・閉鎖などの措置を取っています。

それにも関わらず、それでも悪質な転売ヤー、遅延や不良品販売が多い転売ヤーはまだ一定数います。

そこで、amazon仕入れのせどり・転売をしている人に向けて悪質な転売ヤーの見分け方を紹介します。

また、せどり・転売に限らず、amazonで商品を購入する際も役立つので、最後までご覧ください。

出品者には「amazon本体」と「amazon以外の出品者」がいる

amazonとそれ以外の出品者

amazonで商品を出品している出品者には、「amazon本体」と「amazon以外の出品者」に分けられます。

少なくともamazon本体が販売している商品であれば、不当な高額商品というのはありませんし、商品遅延や不良発生というトラブルもありません。

冒頭でお伝えした通り、すべてが「悪質な転売ヤー」ではないのですが、悪質な転売ヤーが多いとすれば、「amazon以外の出品者」のなかに絞られます。

「amazon本体」と「amazon以外の出品者」の見分け方

amazon販売をしている方はご存知の通り、「amazon本体」と「amazon以外の出品者」を見分けるのは簡単です。

amazon本体

Amazonの商品ページの出品者一覧を見ると、上図のように「販売元」「出荷元」ともに「amazon.co.jp」と記載されていれば、amazon本体が販売しています。

FBA出荷

一方、販売元がamazon以外の業者で、「出荷元」がamazonであれば、FBA出荷しているamazon以外の出品者が出品しています。

出品者出荷

また、上記のように「販売元」「出荷元」ともにamazon以外の業者であれば、出品者出荷をしているamazon以外の出品者が出品しています。

まとめると、下表のとおりです。

販売元 出荷元 出品者
amazon.co.jp amazon.co.jp amazon本体
amazon以外 amazon.co.jp amazon以外
amazon以外 amazon以外 amazon以外

amazon本体が出品していない商品も多い

amazonで買い物をしている人なら気付いている人も多いと思いますが、すべての商品にamazon本体がいるわけではありません。

なかにはamazon本体がいない商品も多数あります。

転売ヤーを含めたamazon物販の実践者は、基本的にはamazon本体がいない商品を狙います。

amazon本体がいる商品の場合、相当価格を下げないとカートボックス(商品購入の際の「カートに入れる」ボタン)が獲得できず、商品が売れにくくなるためです。

amazon本体は安全だが安価な仕入れは難しい

amazon本体が販売している商品は、商品の品質に問題なく、発送遅延が起きるリスクも低いですが、そもそも定価に近い価格で販売されています。

場合によっては、定価よりも少し高い価格で販売していることもあります。

そのため、amazon仕入れメルカリ転売、ヤフオク転売などをする場合は、amazon本体から仕入れて利益を得るのが難しいです。

せどりや転売の基本は、安く仕入れて高く販売することですから、amazon本体から仕入れることは得策とは言えません。

ただし、セール期間中に仕入れたり、クーポンを利用したりすれば、利益を出せる可能性はあります。

例えば、amazon本体の価格と同じくらいの価格で、メルカリで「未使用・未開封」として販売すれば、多少の利益が出る可能性はあります。

送料・手数料、値引き交渉などを考慮して、赤字が出ないように利益計算して仕入れ判断しましょう。

悪質な転売ヤーの見分け方|安く仕入れるなら転売ヤーから買うしかない

amazonの悪質な転売ヤーの見分け方

上記のことから、amazonで商品を安く仕入れて他の販路で高く販売するのであれば、amazon以外の出品者から購入するしかありません。

冒頭でお伝えした国内OEM商品や独占販売商品、メーカー仕入れの商品に関しては定価に近い適正価格で販売している可能性が高いです。

そのため、amazon本体の出品と同様に商品を安く仕入れることは難しいでしょう。

また、上記のような出品者は転売ヤーと違って相乗り出品者を限定、もしくは排除することができるので価格破壊も起きにくいです(まったくないわけではありませんが)。

つまり、amazonから商品を安く仕入れるなら、ほとんどは転売ヤーから仕入れることになります。

出品者のストア評価を確認する

せどらー・転売ヤーに対する世間の目は厳しいですが、全員が悪質な転売ヤ―というわけではなく、以下のパターンに分けられます。

転売ヤーの主な種類
  1. 良識ある転売ヤ―
  2. 悪質な転売ヤー
  3. amazon物販の経験が未熟な転売ヤー
避けるべき転売ヤーは、言うまでもなく②③の転売ヤーです。

②③の転売ヤーの場合、冒頭でお伝えしたように不当な高額転売を行っていたり、商品遅延や商品不良が起こったりしやすくなります。

①と②③の転売ヤーを見分ける1つの目安としては、出品者のストア評価を確認する方法があります。

amazonのレビューには2つあり、商品に対するレビューの他、出品者に対するレビューも可能です。

ストア評価の確認方法

上図に示すように、出品者のページに飛ぶことで、下のようなストア評価を簡単に確認できます。

ストア評価

評価の高い出品者であれば安全ですが、そうではなく著しく否定的な評価が高い出品者は避けた方がいいでしょう。

出品者に対するレビューも参考にするようにしてください。

また、評価が低い出品者だけでなく、評価が少ない、もしくは全然ない出品者の場合も信頼性が読めないので注意してください。

なお、ストア評価の低い出品者は商品の発送遅延や不良を起こしている可能性が高いので、amazonアカウントが停止される可能性があります。

出品者出荷の出品者は注意

amazon物販をしている人は、FBAを利用した方がメリットは大きいため、大半はFBA出荷としている人が大半です。

しかし、なかには出品者出荷にしている転売ヤ―もいますが、自分で商品を発送しているので遅延が起きる可能性が高くなります。

特に無在庫転売や予約転売をしている転売ヤーは、FBA出荷ができないので、やむを得ず出品者出荷にしています。

無在庫転売は、商品発送遅延が起きやすく、検品が十分に行う時間がなく不良が発生しやすいなど問題の多い手法です。

プライムマークの付いている出品者出荷は信頼性が高いので安全ですが、そうでない出品者出荷の場合は十分に気を付けてください。

「FBA出荷」「出品者出荷」やプライムマークのことなどもっと詳しく知りたい方は、以下の記事の「amazon FBAの仕組みと概要」をご覧ください)。

amazon FBAの仕組みと納品のやり方を詳細解説|せどりやメーカー仕入れで必須の知識

 

また、無在庫転売については、以下の記事を参考にしてください。

amazonの無在庫転売とは? 禁止なのか? 知らないと怖いアカウント閉鎖リスク

 

異常に高額と感じた商品は相場観を確認すること

扱う商品の相場観は必ず確認してください。

既製品であれば、定価がいくらかすぐ調べられるでしょう。

最近はamazonが高額転売対策を進めているので減ってはいますが、なかには異常な高値で販売されている商品もあります。

このような商品は、価格表示とともに「危険マーク」と言われるビックリマークが付いている場合もあります。

もし、異常に高額と感じた場合は、必ず相場観を確認する他、他の販路の販売価格も当然調べるようにしましょう。

Keepaで価格推移を確認する

Keepaの価格推移

amazon販売をしている人向けにKeepaというツールがあるのですが、上記のように商品のランキングや価格の推移を見ることができます。

そのため、もともとどれくらいの価格で販売された商品で、いまどれくらいの価格なのかを確認することができます。

こうすることで、相場より高い商品を避けることも可能です。

ただし、希少価値が高いために価格が上昇している可能性もあり、他の販路でも高値で販売できることもあるので、他販路の販売価格はチェックしておきましょう。

Keepaの登録については、以下の記事を参考にしてください。

amazon物販に必須のKeepa(有料版)とキーゾンの登録方法と便利な機能を図解で詳細解説!

 

最後に

以上、amazon仕入れをする際の悪質な転売ヤ―の見分け方について解説しました。

最近は、amazonや生産メーカーが悪質な高額転売に対する対策を進めていますし、悪質な転売ヤ―はamazonアカウントが停止される傾向にあります。

とはいえ、今でも悪質な転売ヤーや、経験未熟な転売ヤーが販売している商品はまだ存在します。

悪質な転売ヤーを100%回避することは難しくても、本記事の通り確認すれば、粗悪な商品や不当に高額な商品を仕入れるリスクは減らせるでしょう。

なお、amazonで安く商品を仕入れる方法については、以下の記事も参考にしてください。

amazonから激安ルートで商品を仕入れて大きな利益を出す9つの方法

 

本記事で「メーカー仕入れ⇒amazon販売」の出品者の特徴についても触れましたが、まとめるとメーカー仕入れの出品者には次の特徴があります。

メーカー仕入れの特徴
  • メーカーから直接仕入れているので品質が高い
  • ストア評価が基本的に高い
  • 販売者を限定していることがある
  • amazonアカウント停止のリスクがない
  • 価格競争に巻き込まれにくい
せどりや転売とは違うコツが必要になってきますが、せどりや転売と違って社会的信用の高い方法です。

せどりや転売に疲れてきた、稼げなくなってきたという方は、メーカー仕入れにも目を向けてみてください。

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

EC STARs Lab.代表の中村が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ


国内メーカー仕入れに特化したセミナーはコチラから↓↓

 

弊社が出版した書籍一覧はコチラから↓↓

 

シェアしていただけると光栄です!!

ABOUT US

アバター画像
中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。
error: Content is protected !!