Amazon物販で大事なこと。リサーチ速度をアップさせよう!!

こんばんは、中村裕紀です。

本日の23時59分にて
先日ご案内したプレゼント特典を終了させて頂きます。

https://bit.ly/2P5a0Wv

上記の案件にご登録して下記のアンケートに回答した方には
もれなく「利益率38%超のメーカー商品」を教えます!!!

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf3glrsETahKhM_gK7q9Qo5L77nz3ZcXcBP7dsvZPkl23YWxg/viewform

プレゼントのご送付は9/3中にアンケートのメールアドレス宛にご送付します、
それまではご連絡しないのでご了承ください。

さて先日の名古屋勉強会&懇親会には23名ほどのコンサル生が参加してくれたわけですが

勉強会では今回Amazon物販で大事なリサーチ速度を意識してもらうために他人とリサーチ速度を比べてみるといったことをしました。

実際にコンサル生でもリサーチ速度に差があります

私は1ヶ月に私の伝える基準を満たしたメーカーに300社メールを送ってほしい

そして最初は成約率30社に1社
パワーリストを貯めるごとに20社に1社
10社に1社、5社に1社、1社に1社
という感じで作業してほしい

と伝えていますが300社にメールを送るスピードを各自に徹底していませんでした。

人によって
6時間で20社メールを送れる人と
2時間で20社メールを送れる人だと
3倍の開きがあるわけです。

当然稼ぐスピードが早いのは2時間で20社メールを送れる人ですよね。

6時間で20社メールを送れる人よりも
4時間分、交渉や仕入表の精査など諸々の作業に時間を使えます。

メーカーへの理想的なメールのスピード

基本的には最低でも2時間で20社メールを送れると良いと考えています。

それでも遅い方かと。

ちなみに勉強会で一番早かった方は15分で9件メールを送りました。

ということは
1時間で36件
2時間で72件です。

これは速い・・・・・

なかなかリサーチ速度を上げられない方の改善点

もし自分のリサーチ速度に自信がない方は

余計なところを見たりしていないか本当に集中して作業に当たっているか?

それから

・パソコン環境

CPU(処理速度)が速いものを使っているか?デュアルディスプレイか?画面が二つあると超速くなります。

・マウス

コピー、ペースト、戻るなどの機能が備わっているものを使っているか?

・コピペツールを使っているか?

Clipper、Cliborなどが有名ですね。

・ショートカットキー

そもそもショートカットキー使えているか?コピー、ペーストぐらいは最低限。

上記などを見直すとこれだけでだいぶ違うと思います^^

あとは絶対に時間内にやり切る強い気持ちや意志これがあれば大丈夫です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?リサーチ速度はAmazon物販においてとても重要なことです。

私のコンサル生の場合、これが苦手な人には私にメールを送る前と送った後のメール件数を
作業時間も含め報告してもらうなどの強制力を付け作業してもらっています。

大事なことですよね。

最後に

https://chrome.google.com/webstore/detail/autopagerize/igiofjhpmpihnifddepnpngfjhkfenbp?hl=ja

これ超良いです!!!

アマゾンビジネスやっているとセラーリサーチは必須でしょうからセラーのページをみる際に有効活用できます。

「AutoPagerize」

で検索するとさらに詳細な使い方ページもあったりするので
もしよければそちらも検索して読んでください^^

以上、よろしくお願いいたします!!

こちらの記事もおすすめ

→【アマゾン転売は果たして儲かるのか?アマゾン転売で儲かる方法を具体的に解説してみた







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です