ロットの交渉をしていない人が多すぎる

こんばんは、中村裕紀です。

国内、海外メーカーと取引する際には
ある程度のロットを
初回仕入れから要求される場合があります。

例えば
50万円以上買ってください!
的なメーカーですね。

ただこの場合
初回の仕入れは少量でいきたいのが
ほぼほぼの方の素直な気持ちですよね。

データを見て売れていたとしても
実際に売れるかどうかは、やってみないとわかりません。

実際販売した実績値を計るためにも
初回の仕入れは少量でいきたいところです。

で、今日の本題ですが
上記のようにメーカーからロットを要求される場合
ロットを下げる交渉をせず、諦めてしまう方が多いです。

それだと非常に勿体ないです。。

「ロットは交渉すれば下げることができます!!!」

初回の注文で商品が売れるか確認したいから
テスト販売したいから

などなど理由をつければ
全然要求されたロットより低く買える場合があります。

なので、諦めずに
ぜひロットを下げる交渉をしてくださいね^^

あともちろんメーカーによっては
どうしてもロットが下がらない、、

そんなメーカーもあります。
が、、そこは逆にチャンスでもあります。

資金ができたとき、
そういったメーカーにアタックすれば
意外にライバル少なく良かったりするのでw

国内メーカーのロットはないに等しく
海外メーカーの方がロットは高いイメージですが
もしよければご参考ください^^

よろしくお願いいたします!!!!!







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です