amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

こんばんは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

amazon転売を否定するわけではないですが、一生「転売」から抜けきれないままでいると、いつまで経っても自由な時間が出来ませんし、価格競争、リサーチ地獄の毎日です。

ライバルの増加による価格破壊、せっかく利益が出ていても、それでは毎日リサーチしなければなりませんよね、正直きついですよね。。

私もそんな日々を長い間味わってきたのでよく理解できますが、転売はいつかは卒業しなければなりません!

ここではamazon転売を続けると潰れる理由を具体的にお話し、私がどのようにして転売を脱却し卒業したのか、家族やご友人、大切な人との自由な時間を過ごすための具体的な方法をシェアさせて頂きます。

amazon転売を続けると潰れる理由

amazon転売を続けると潰れる理由は、毎月安定した商品を仕入れることが出来ないことにあります。

なぜ毎月安定した仕入れができないのでしょうか?

それはamazonのプラットフォームの性質によるものです。

 

amazonのプラットフォームの性質は、同じ商品ページにみんなが群がれることにあります。
(商品ページがすでにあれば、そこに被せて販売するだけの方法で、とっても簡単ですよね)

また販売価格が安い人ほど、amazonの商品ページのトップカートを取得できる仕組みなので、商品の需要供給のバランスが崩れてしまうと、販売価格を下げ商品を売り切ろうとする人も出てきます。

 

例えば、1ヵ月100個売れる商品があるとします。
その商品を10人が1万円で販売していたとすると、ほぼ均等にカートが回ってくるので、各々が10個売れる計算になります。

ところが転売品は、良くも悪くも誰でもなんとかすれば買える商品が多いです。

もしその1ヶ月100個売れる商品がイイな!と思って仕入をした方がいて、10人が20人の販売者になったらどうでしょうか?

10人だと各々が10個ですが、20人だと各々が5個になってしまいますよね。。

 

ここで問題が発生します!

それは1ヵ月10個だと思って買ったのに、ライバルが増えて1ヵ月5個の販売個数になると、5個分の在庫を早く売り切りたい!という衝動にかられますww

これが需要供給のバランスが崩れるということですね。。

 

そして1万円の販売価格を9900円に下げます、こうすることでカートの取得率を上げ、自分だけ早く商品を売り切ろうとするわけです。

ところがどっこい、今は他のライバルたちもプライスターのような、自動価格追従機能ツールを使っている方がほぼほぼなので、1分後とかにすぐ全てのFBAセラーが1万円から9900円になっちゃうわけです。

 

プライスター知らない人はヤバいので、プライスターは下記のようなものです。

今amazon物販やってる人は使わないと売上下がります、すぐに導入しましょうね^^

【amazon物販者は入れなきゃやばい、プライスターとは?】

 

プライスターは理解できましたか?

便利ですし、私たちにとってはなくてはならないツールですが、これ相当怖いですよね。。

売り切りたくて価格を落としたのにライバルもみんな追従してきて、また思うように売れないから誰かが価格を下げる、そしたら自動追従、、プライスターには赤字ストップ設定なるものもありますが、永遠販売価格が下がります。。

 

この状況がamazon転売ヤーさんたちの負のスパイラルです。。

 

いい商品はライバルがたくさん群がって、需要供給のバランスが崩れ価格破壊が起こり、先月は利益が出ていた商品も今月は出なくなる。。

よって、また利益を出すために儲かる商品のリサーチをしなければならない、、

こういう風になると、ほんと利益は出たとしても、一日中ずっとパソコンとにらめっこです。

 

みんなこの状況をなんとかしたいと思っているはずです、私もそうでした。

月利100万円あっても、1日中パソコンに張り付いていたら、何のためにお金を稼いでいるのか分からなくなります、、やっぱりお金も大事ですが、時間を作ることが大事なんですね。

そして、私はこんな状況が嫌で抜け出す覚悟をした日から、ちょっと大げさですが人生が変わりました。

amazon転売を卒業しようと決心したきっかけ

amazon転売を卒業しようと決心したきっかけは、amazon転売で利益100万円を達成したときでした。

 

副業で約2年間頑張り、やっとの思いで独立、その2年後に晴れて利益100万円を達成!

ひと月の利益で100万円というのは、今でこそ普通ですが、その当時は夢のような額でした。

この目標を達成するために頑張ってきたわけですから、この目標が達成できる頃には、とっても素敵な生活が待ってる・・・なんて思っていました。

 

ただ現実は違いました。

 

いち転売ヤーの私は毎日商品の価格競争にあい、毎日ひたすら儲かる商品のリサーチを続けていました。。

多分12時間以上働いていたでしょう、、家族との時間を取りたくて独立したのに、サラリーマンの時より時間がないわけです。

それから転売を続けていると「なんか不安」「この方法ってどこまで続くのかな?」というのが拭い切れませんでした、夜寝る前とかいつも考えてしまうんです。

マジで考えて眠れない日もありました。。

 

というわけで・・・
月利100万円を達成したときの状況は異常、全然自分的にもこの転売の方法をやってたらいい人生送れない!家族との時間も取れない!ということで真剣に新しい何かを探し始めます。

amazon転売を卒業し長期的に安定収入を短時間で得られる方法

amazonのプラットフォームを用いたビジネスで、転売に代わる何かを真剣に模索していた際中、偶然に出会ったものが「amazonメーカー直仕入れ」「amazonメーカー直取引」と言われるものです。

メーカー

卸問屋・代理店

小売り

消費者

というのが商品の流れですが、今まで買ったことはなかったですし、交渉さえできないと思っていた最上流のメーカーから買う、これを本気で実践しました!

 

実践した結果、かなり時間はかかったし、苦労はしましたが、ボツボツとメーカーが決まるようになります。

 

具体的にどういう風にメーカーがボツボツ決まってきたかは、下記を見てください^^

きっと参考になります!

【メーカー直仕入れを具体的に学ぶセミナー動画はコチラ】

 

メーカーから直接商品を買うことで一番最安値で商品を買える、ということは最大のメリットでしたが、私はもっと他の部分が最高にイイな!と思えました。

それは・・・
「答えが分かる」です。

 

詳しく説明します。

例えば、卸問屋・代理店から商品を買うとしましょう、今私は海外メーカーも国内メーカーも中国OEMも実践していますが、以前は海外の卸問屋・代理店から商品を買っていました。

 

並行輸入品のダイソンとかカシオとか、そんな人気商品も多く扱っていましたね。

で、問題なのは、この海外のダイソンとかカシオの代理店って無数にあるんですよね、、

10、20、30、100・・・
もっとあるかもしれませんね。

その無数にある代理店へ何か所もメールするわけです。

当然全てのお店の条件が違います、ロット、卸値などなど。

 

ただメーカーの場合はメーカー1ヵ所だけ、全ての人が同じ場所で商品を買います。

なので、答えが分かるんです。

要はすべての答えはメーカーが知っているわけです。

 

それからメーカーの見積りにない、さらに安い卸値を手にしているセラーもいるかもですが、メーカーって一旦は一律の最安値を教えてくれます。

これも例えば、10万円以上買ったら1個1000円、20万円以上買ったら1個900円、30万円以上買ったら1個800円みたいな感じで。

ということは、1ヵ所で全ての方が同じ見積りで同じ卸値でロットにより違いはあるかもだけど商品を買うから、amazonで商品を販売するときに黒字と赤字のラインがはっきり分かります。

 

転売だとメーカーから買えないし、卸問屋・代理店なんかは全てのお店の条件が違うので、赤字と黒字のラインが分からないですよね、分からないから不安で価格を落としてでも売り切りたくなるのかもです。

こういった黒字と赤字のラインの答え探しが、メーカーから直接買っている人はしやすいです。

結果として、販売価格が崩れることはあっても、転売のような大幅な販売価格の振れ幅は少ないです。

 

これってすごくメリットある話ですよね、答えが分かるとはこういうことです。

そして、メーカー直取引は転売より交渉しやすいです。

メーカーと深い信頼関係を築くことができれば、転売よりずっと楽に交渉可能です。

 

転売で稼いできた私も思うのですが、転売の交渉って卸とか二次代理店にするから、けっこう難しいんですよね、、

だって私たちに高く売ることで利益を出しているわけですから。

 

ただメーカー直だと違います、変な駆け引きは必要ないです、思ったことをそのまま伝えるだけ、転売よりメーカー直取引の方が交渉は簡単です。

 

最後にメーカー直取引の最大の魅力として「独占が取れる(海外メーカーだと日本市場における完全独占もあり得る、国内メーカーだと完全独占は無理だが、オンライン独占、amazon独占は付き合い方次第で取れる)」「amazonの販売者を限定化できる」というのがあります。

今の時代メーカー取引をやってる方も多いです、だから普通にやってたら単純転売と同じでライバルが来ていつか潰れます。

でもメーカー取引はうまく行動すれば、独占が取れたり、amazonの販売者をメーカーのブランドイメージを守る観点から限定化(自分に任せてもらえたり)してくれたりが、可能なんです。

 

これによって上記のようなメーカーが決まれば利益は積み上がります、メールを送ってメーカーが決まるごとに階段状に利益が伸び、あとは月初にメール一本で仕入れが可能です。

売れる商品は多めに在庫をもてば、何もすることはありません、だから私はこうやってブログの記事を書けています(笑)

 

転売は波があり、とてもじゃないですが資産構築型の物販とは言えません。

逆にメーカーはどうでしょうか?

また具体的な方法は違う機会にお話しますが、資産構築型、積み上げ式、頑張った分だけしっかり利益が伸びる階段状のビジネスモデルです。

 

一時的にamazon物販に慣れるために転売で稼ぐ感覚をつけるのは、とても良いことだと思います。

が、やはり長期的な目線で自分の物販を真剣に考えたとき、転売ではダメだと感じました。

amazonメーカー直仕入れ、amazonメーカー直取引、これを実践することで、私は時間に追われることなく、「好きなときに、好きな人と、好きなことを、好きなだけやる」という生活を時間に追われることなく過ごしているので、この記事を読んで今のあなたの物販ビジネスモデルを見つめ直してほしいです^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

転売とメーカー直仕入れの比較がよく理解できたと思います。

私はamazon物販を実践するなら断然メーカー仕入れが良いと思っています、そのためメーカー仕入れ中心の記事が多いです。
(主に海外メーカー、国内メーカー取引を中心に記事を作成しています)

メーカー直仕入れは資産構築型の物販です、しかも最初はもちろん沢山作業をしなければなりませんが、最終的には各メーカーにメール一本するだけで利益200万円以上を稼ぐことだって十分可能です。

転売の方法も最初はいいかもですが、あなたが十分な利益を得ながら、時間に追われることなく過ごすためには、メーカー仕入れが面白いと感じます。

 

よければ下記に登録して、私の過去開催した有料のメーカー直取引動画セミナーを見てくださいね!

約5時間にも及ぶ、満足度もかなり高かった有料セミナーを無料で公開しています^^

 

【メーカー直仕入れを具体的に学ぶセミナー動画はコチラ】







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です