外注化で収益UP!!Amazonビジネスにおいて代行業者を使うべき理由

こんばんは、中村裕紀です。

今日はAmazonビジネスにおいて代行業者を使い外注化をすることでのメリットについてお話したいと思います。

加速的にAmazonビジネスで収益を出したいのなら外注化すべき

先日コンサル生と対面相談していた時のことです。

そのコンサル生は自分でまだラベル貼りや配送業務等をしているとのこと。
(今月は多分月利30万円くらいはいくようです)

今ではまだパートナーキャリアが無料ですしね、自分でやるのも悪くはないと思います。

ただもしあなたがより早く加速的にAmazonビジネスの収益を増やしたいのであればこの辺の誰でもできる作業は早期に外注化すべきです。

なぜかというとラベル貼りとか、こういった作業は本当にメンドクサイものですよね??

誰でも経験があると思いますが、嫌なものです。

私も嫌です、、やりたくないです。。

少なからずこういった思いをされている方もきっと多いのではないでしょうか?

最初は経験のためにもいいと思いますがだんだんと嫌になってくるものです。

家で納品作業している方とかはもう商品を置くスペースがないのでは??

こういった思いが意識的にあると無意識のうちに仕入量を減らしたりリサーチの速度が遅くなったりしてしまいます。

無意識なので、自分では気付いてないはずです。

これを私がなぜ思うか?というと自分も同じような経験があるからです。

外注化前の物販としては致命的な経験

自分一人でやっていた時はほんとーにラベル貼りなどの雑務が嫌で納品作業も毎回遅れていましたし多分無意識の中で仕入量を減らしていました。

障がい者の施設に外注化していたときもその施設があまり大きくないことからみんなに負担が大きくならないよう、仕入量をコントロールしていました。
(といっても100箱以上とか一度に納品していたので、相手も大変だった気がします)

社員にラベル貼り、配送周りの作業をお願いする際も夏、暑い中作業する彼のことを気遣い
無意識のうち仕入量を減らしリサーチの速度が落ちていた気がします。

そして、自分も彼を手伝ったりしていました、、利益が増える作業ではないのに。。

これってダメなことですよね?

物販においては致命的です。

相手がもう作業できません、、
って困るぐらい商品を買って荷物を納品した方がそりゃあ売上と利益も伸びますw

というわけで最近はネット系の信頼できる代行業者さんにも積極的にお仕事をお願いしておりますww

自分の利益追求のためだけでお互いにメリットがあるので、変な感情が入らなくて楽です。

代行手数料を気にするより、作業効率を上げてさらに収益を上げることを考えよう

今日の話を聞くと気にしすぎなだけでは?と言われそうな気がしますが(笑)

無意識のうちに仕入量を減らすと勿体ないですし嫌だ、面倒だ、、とかそういった思いがあるとうまくいくものもうまくいきません。

障がい者施設とか社員とかになるとうまく付き合うのにハードルが上がるのであれですがもし今一人で誰でもできる作業をしている方は代行業者にその仕事を任せることを強く勧めます。

たしかに代行手数料がかかりますが代行手数料分、いい商品を見つけたり価格を安く交渉したり航空便、船便などの配送手段を工夫してコスト削減したりすれば全く問題ないくらいの料金設定かと思います。

まとめ

パートナーキャリア無料もたしか来年1月中旬まででしたよね?

それまでに本日の記事を参考にしてくれたら、とにかく嬉しいです^^

Sさん継続して頑張っていきましょうー!!!!!^^

 

★こちらの記事もおすすめです

→【amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です