本当の原因はそこかもしれないですね

こんばんは、中村裕紀です。

 
先日12/10(日)23:59にて
オンラインセミナーの受付を終了させて頂きました。

 
オンラインセミナーに
申し込んでくれた方には
随時返信しておりますが

もし届いていない方がいれば
下記メールアドレスまでご一報ください。

info@nakamura03.com

 
申し込んでくれた方
本当にありがとうございます。

必ず参加して良かった!!!
と思えるセミナーにしますので、楽しみにしていてください^^

 
 
さて昨日は午前中から
名古屋のモーニングと言えばコメダ!
ということで

コンサル生との対面コンサルを行っておりました^^

 
そこで出た質問が
「商品の発注までのスピードを早めたいのですが?」
といった内容でした。

 
商品の発注に至る過程は

・メーカー商品を扱っているセラーをリサーチする
・コンサル内容の基準をクリアしたメーカーにメールする
・メーカーから返信が来たらやり取りする
・取引が成約!!卸値を確認する
・その卸値で利益が出るか、仕入表にて商品型番ごとに精査
・精査したら、商品型番ごとに発注!!!

という感じだと思います。

 
ここで誰もが面倒に思うのは

・その卸値で利益が出るか、仕入表にて商品型番ごとに精査

ですよね。

 
メーカーによっては
大量の型番を持っている場合があるので
それを一つ一つ確認しなければなりません。

Amazonの商品ページを見て
メーカーから提示された卸値で利益が出るか
なおかつ、諸々のデータを見て
月間でいくつ売れているか確認して
仕入個数を判断していく・・・

全ての商品で利益が出る訳ではないので
骨が折れる作業です。。

 
 
ただですね、
この辺は慣れれば早くなるし
遅くても時間が掛かっても全然大丈夫です。

私は自分で精査した方が
深く探れて良いのでは派ですが
コンサル生の中には、とても上手に外注化している方もいます。

そうなると
より一層精査のスピードは上がります。

 
 
でも昨日のコンサル生と話した感じ
実は上記のような作業で困っているわけではなく
違う原因があって発注が遅れている気がしました。

問題は
「商品を買うことの心のブレーキ」
です。

 
このコンサル生は実績も十分で
利益もしっかり出ていますし、
本業でAmazonビジネスをされています。

 
ですが、誰しも物販の売上を伸ばすためには
商品を買わなければなりません、
資金、お金を使わなければなりません。

商品を買わないと売上が伸びないことは
誰でも理解できていると思いますが

やはり
キャッシュ(現金)が少なくなることは
誰もが本能的に嫌みたいです、私も今でも嫌です。

 
なので
発注が遅れている原因は作業面ではなく
本当の原因はそこ(心のブレーキ)かもしれないですね。

という話を2時間ほどして
お昼ご飯も一緒に食べました。

 
この方の心のブレーキは

まず売上増加に対する資金繰り

あとは
海外メーカーと取引できるけど
初回の少量発注だと
どうしても利益が送料に圧迫される
メーカーの海外送料が不透明な部分がある

少し言葉の壁

などの点があったため
現在併行して作業している
国内メーカーを重点的に進めたらいかがですか?
と提案させて頂きました。

 
もちろん解決策はいくらでもありますが

国内メーカーだと

少量発注可能
ロットも海外メーカーより少ないイメージ
発注してから納品までが超早く
不透明な部分もないので安心でき、資金繰りも読みやすい
言葉の壁なし、抜群の安定感!!!

という感じなので
このコンサル生の今の状況には
心のブレーキを外すためには、国内メーカーの方がいい気がしました^^

 
最初は現金決済のところもあるかもですが
月末締めの翌月末払いなどの掛け売りにしてもらえると
もっと資金繰り良くなるので、随時交渉してみてくださいね!

 
 
海外、国内メーカーと
メリット、デメリットありますが
色々を考慮し、取引を進めてもらえたらなと思います。

Fさんなら大丈夫なので、一緒に頑張っていきましょう^^

もう一つの件も至急動いてみてください!!
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP