Amazon輸入の利益を出すネックになる海外送料について

こんばんは、中村裕紀です。

昨日Amazon輸入を行っているコンサル生の方より

——————————-
見積りまではスムーズに行くのですが、度々送料が高くて、注文できずに終わります。

注文数を増やしても送料が高くて、利益が出ないケースが以外に多いです。

大体1キロ1000〜3000円くらいです。

結構みんなこういう感じなんでしょうか?
———————————

海外メーカーなので海外送料は利益を出すネックになる一つですよね。

海外送料は利益を出すためのネックになる

この場合はこのコンサル生の仕入れようとしていた総重量は軽いものが多かったので合計4キロという形でした。

(仕入表を提出してもらい判断)

そうなると容積の兼合いもありますが重量が重くなるほど送料は安くなるのでこの4キロだと1キロあたりの送料が割高になるケースはあると思います。

1キロ1000〜3000円あってもおかしくはありません。

ちょっと3000円だと高い気がしますが。

海外送料が高くて利益が見込めない場合は諦めるべきなのか?

こういった場合は

初回の仕入れはテスト販売用だと思い2回目の仕入れで今より量を多く買うことを見越し利益トントンかちょい赤字でも販売して実績値を図り2回目の仕入れで利益を出すか

もしくはその国の代行会社に荷物を集めて発送するか

それか2回目の仕入れも重量を積めないから諦めて次のメーカーに行くか

などなどの方法が考えられます。

(他にも方法はありますが、量がないと試せないので、ここでは控えます)

うーん軽い商品をたくさん扱っていてそこまで量を買えないメーカーだとここの判断は難しいですね、、

初回の仕入れは基本的には少量仕入れを推奨しているので2回目の仕入量がポイントだと考えています。

あとはそのメーカーに対してどこまで深く動くか、ですね。

代行会社だと月額費用を取られるケースもあるのでそこまで動く必要はないかもしれません。

そしてやはり日本へ直送で利益の出るメーカーが一番楽ではあります。

大体の海外送料はこのような感じです

海外送料に関してはアメリカだと量を積めば

航空で1キロ400円台

船便だとその半分

中国だと量を積めば

航空で1キロ200円台

船便だとその半分

ぐらいの金額は出せます。

私は今回船便の混載で中国から1キロ100円ほどで荷物を輸送したので大体この計算は合ってるかと。

まとめ

海外送料は利益を出すためにネックになる一つだと思います。

もしよければご参考ください!

 

★こちらの記事もおすすめです

→【amazon物販の外注化において勘違いしてほしくない点、外注さんとうまく付き合って利益を伸ばす方法

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です