Amazon輸入の利益を出すネックになる海外送料について

こんばんは、中村裕紀です。

昨日Amazon輸入を行っているコンサル生の方より

——————————-
見積りまではスムーズに行くのですが、度々送料が高くて、注文できずに終わります。

注文数を増やしても送料が高くて、利益が出ないケースが以外に多いです。

大体1キロ1000〜3000円くらいです。

結構みんなこういう感じなんでしょうか?
———————————

海外メーカーなので海外送料は利益を出すネックになる一つですよね。

海外送料は利益を出すためのネックになる

この場合はこのコンサル生の仕入れようとしていた総重量は軽いものが多かったので合計4キロという形でした。

(仕入表を提出してもらい判断)

そうなると容積の兼合いもありますが重量が重くなるほど送料は安くなるのでこの4キロだと1キロあたりの送料が割高になるケースはあると思います。

1キロ1000〜3000円あってもおかしくはありません。

ちょっと3000円だと高い気がしますが。

海外送料が高くて利益が見込めない場合は諦めるべきなのか?

こういった場合は

初回の仕入れはテスト販売用だと思い2回目の仕入れで今より量を多く買うことを見越し利益トントンかちょい赤字でも販売して実績値を図り2回目の仕入れで利益を出すか

もしくはその国の代行会社に荷物を集めて発送するか

それか2回目の仕入れも重量を積めないから諦めて次のメーカーに行くか

などなどの方法が考えられます。

(他にも方法はありますが、量がないと試せないので、ここでは控えます)

うーん軽い商品をたくさん扱っていてそこまで量を買えないメーカーだとここの判断は難しいですね、、

初回の仕入れは基本的には少量仕入れを推奨しているので2回目の仕入量がポイントだと考えています。

あとはそのメーカーに対してどこまで深く動くか、ですね。

代行会社だと月額費用を取られるケースもあるのでそこまで動く必要はないかもしれません。

そしてやはり日本へ直送で利益の出るメーカーが一番楽ではあります。

大体の海外送料はこのような感じです

海外送料に関してはアメリカだと量を積めば

航空で1キロ400円台

船便だとその半分

中国だと量を積めば

航空で1キロ200円台

船便だとその半分

ぐらいの金額は出せます。

私は今回船便の混載で中国から1キロ100円ほどで荷物を輸送したので大体この計算は合ってるかと。

まとめ

海外送料は利益を出すためにネックになる一つだと思います。

もしよければご参考ください!

 

★こちらの記事もおすすめです

→【amazon物販の外注化において勘違いしてほしくない点、外注さんとうまく付き合って利益を伸ばす方法







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です