【Amazon輸入】海外メーカーが日本へ直接発送できない場合の対応策

こんばんは、Amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

本日はAmazon輸入の際海外メーカーが日本へ直接発送できない場合の対応策についてお話いたします!

Amazon輸入の際に日本に直接発送できないと言われた?!

メーカー取引だけでなく海外の代理店やセラーに交渉していると日本に直接は発送できないです、、

みたいな場合があります。

アメリカだと有名なMyUS(転送会社)などを介せばいいですが

例えばそれがアメリカ以外の国になった場合はあなたならどのように対応していますか?

直接発送できない輸入取引の解決策

私の場合は中国であれば専用の事務所とスタッフがいるので

日本へ直接送れないようなメーカー商品は私の事務所に一旦発送をお願いし契約した運送会社のレートをもとに日本へ発送してもらっています。

これだけでかなり差別化にはなりますよね!

あとはメーカーが自分で契約している運送会社だと海外送料が高いケースがあります。

(FedexやDHLなど大手は高いイメージです)

なので、中国であれば

OCS
http://bit.ly/2wlsU2m

やマイナーな運送会社を自分で契約し使い送料を下げる、という方法も取ることが可能です。

日本へ直接発送できない、、

で困る方も多いと思いますがそれは皆んな同じことで一歩その線を工夫して越えることができればオイシイことが待っているかもしれません。

日本へ直接発送できません、、という言葉で諦めるのではなく

その国の転送会社や代行業者を調べてそのレートをもとに計算すると利益が出る!

なんてこともあるので、もしよければご参考ください^^

直接発送できない場合に転送会社、代行会社を探してみてもいいかもです

代行業者だと転送業を生業にしているわけではないので
(本来は商品の買付や交渉がメイン)

月額料金が高いことが多いですが実は転送会社より海外送料のレートが良かったりしますw

買付などでもお金を取っているから??

なので、その辺も含め転送会社、代行会社を探してみてもいいかもです。

まとめ

まあ日本へ直接発送できて利益の出るメーカーが一番早くて楽なのでそういったメーカーは探せばたくさんあるから今日のことをそこまで重要視する必要はないですが成功パターンも少なからずあるので、シェアさせて頂きました^^

あと海外送料はやはり発送重量が肝なので少ない量で安くするのは何でも難しいですね、、

ここは各々がもっている資金によっても買える量が異なると思いますが

データに基づき自分がもてる最大限のロットを買い、チャレンジしていきましょう!

よければご参考ください!!

 

★こちらの記事もおすすめです

→【amazon物販の外注化において勘違いしてほしくない点、外注さんとうまく付き合って利益を伸ばす方法

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。