商標権の侵害で訴えられたときのAmazonの対応

こんばんは、中村裕紀です。

先日商標権の侵害で訴えられました・・・

しかも、メーカーから直接買っている商品です。。

こんな感じでメールが来ます。

(具体的な情報の部分は消しています)

Amazonから送られてきた商標権の侵害に関するメール内容

————————————————
「平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび出品者様の商品について、以下の権利者より商標権を侵害しているとの申立てがありました。Amazon.co.jpでは、出品者が商標権を侵害する商品を出品したり、商品詳細ページを作成したりすることは認められていません。

本Eメールの末尾に記載されている商品の出品をキャンセルさせていただきましたのでご了承ください。この商品の出品を再開するには、権利者からの申し立ての取り下げが必要になります。権利者のご連絡先情報は次のとおりです。

— ◯◯◯

— ◯◯◯

権利者が申し立ての取り下げに同意した場合は、◯◯◯まで申し立ての取り下げをお知らせいただくよう権利者にご依頼ください。

申し立ての対象となった商品が権利者の商標権を侵害していないと思われる場合は、補足情報を添えて◯◯◯までEメールでお知らせください。

権利者が申し立てを取り下げない場合、または出品者様より必要な情報をご提供いただけない場合、権利者の要請に応じて出品者様の連絡先情報を提供する可能性がありますので、ご了承ください。

当サイトは知的財産権の侵害を深刻に受け止め、現在、出品者様のアカウントの審査を進めさせていただいております。出品者様の商品についてさらに問題に関するご連絡が寄せられた場合には、直ちにアカウントを閉鎖させていただくことがあります。

詳細については、セラーセントラルヘルプページの「知的財産権とその他の権利の侵害」を検索してご確認ください。

ASIN:
侵害の種類: 商標権
申し立て番号:

何卒、よろしくお願い申し上げます。

アカウントスペシャリスト

Amazon.co.jp
—————————————————-

Amazonに対して商標権の侵害を行っていない旨のメールをしました

今回私は商標権の侵害なんて行なっていません。

詳しいことは控えますが、販売価格を〜しただけです。他の方に自動ツールでつられてしまい・・・

それだけでメーカーから商標権使われてしまったんですね、、

メーカーから直接買ってるのに。

これにはほんとびっくりしてというかメーカーの方が違法だし

メーカーとAmazonに対して「これ間違ってるぞ!!!」というメールをしました。

メーカーに対してはこの商標権侵害の申し立てを取り下げろ!!!と

Amazonに対してはメーカーから直接買っている証拠となるインボイスを提出しました。

結果ですが・・・

現在迷走中でして

メーカーは私の言うことを聞きAmazonに対して取り下げのメールをしてくれました。

でもAmazon・・・

メーカーから直接買っているインボイスを提出してもダメ

メーカーが取り下げのメールをしているって言うのに届いていないと言う始末

メーカーから取り下げの証拠となる画像をもらってそれをAmazonに送っても、一向に届いていないの一点ばり、、

うーん認めるまで何回でも取り下げのメールをメーカーから送らせるつもりですが

これってどうしようかな、、という感じです。

正しく行っていてもアカウント閉鎖の可能性も。今回の件でサブアカの重要性を痛感しました。

今回の件を踏まえサブアカの重要性を改めて感じました。

私はこの商標権で以前アカウントが閉鎖になったので昔の嫌な記憶が蘇りましたw

でも今回まだ平気なのはこういった意味がわからないケースに備え違うアカウントを日々育て上げているからです。

ビジネスに絶対はあり得ないですね、自分が確実だと思っても。

だからこそ、リスクヘッジが重要!!!

自分なりに考えつくことは行動してそれで無理なら仕方ないので次に向けてまたコツコツ継続しようと思います!

まとめ

それにしてもAmazonのこういった時の対応は冷たすぎます、、

定型文がズドーンと飛んできます(笑)

こんな一例もあるという紹介でした、これは自分への試練ですね。

これ乗り越えれば、もっと突き抜けれるのでしょう^^

 

★こちらの記事もおすすめです

→【amazon物販の外注化において勘違いしてほしくない点、外注さんとうまく付き合って利益を伸ばす方法

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です