Amazonビジネスでの成功には失敗はつきものです

こんばんは、Amazonビジネスコンサルタントの中村裕紀です。

今日は私の失敗談についてふいに思ったことを書きたいと思います。

Amazonビジネスでたくさんの失敗を重ねていました

私は副業時代から輸入物販に出会い、

そこからかれこれAmazonビジネスを始めて丸6年、7年目ぐらいになります。

今まで船便で仕入れようと思った約200万円の商品が半年届かなかったり
(この時はクレカのリボをきって、何とか乗り越えました)

1000個買った商品が全て不良品だったり
(中国に返送しましたが、税関で引っかかり返品できずじまい・・・)

会社を辞めるきっかけとなった取引先が会社をやめた途端に連絡が取れなくなり、

独立した直後は収入が一気に0の状態になったり

MyUSを使っていた時はほぼの確率で何個かは商品が破損していたり
(もちろん保証は効きませんでした、これがほんとストレスでメーカー取引に完全切替という感じです)

怪しい情報にお金を払ってしまったり

商標関連で3つのAmazonアカウントが全てアウト約400〜500万円のお金が3ヶ月間ストップしたり

などなど

今思えばネタになるいい思い出ですがたくさんたくさん失敗を重ねてきました。

Amazonビジネスで成功するためには失敗はつきもの

でも今思えばAmazonビジネスを辞めようとは一度も思わず、

どうにかして這い上がってやろう!

ここで諦めては勿体ない、このピンチは絶対自分のための経験で、逆にチャンスだ!!

と思い続けながら失敗とちょっとした成功を積み重ねながら今の自分の形となりました。

ちなみに私の会社名はこの時の気持ちを忘れないような、そんな名前にしております(笑)

ほぼ全ての人はこの失敗を嫌だと思いプラスの方向に進めません。

失敗なんてしたくないしまっすぐ進みたい、と誰もが思っているはずです。

でも、成功に失敗はつきものです。

そして、成功は失敗した人にしか訪れません。

だから、コツコツ継続して諦めず続けることが大事だと感じます。

コンサル生も失敗しても諦めずに頑張っています。

今日名古屋で対面コンサルをさせて頂きました。

正直順調にうまくいっている訳ではありません。

だけど話した感じ、諦めず頑張って続けてくれそうな気がしました。

そんな姿を見て過去の自分を思い出し大阪に向かう新幹線の中で、この記事を書いています。

稼げる感覚を掴むまで時間はかかりますがそれを掴めたら一気にブレイクできるので、

そこまで苦しいことや大変なこと失敗が多々多々あると思いますが、一緒に頑張っていきましょう!!!

まとめ

失敗は絶対自分のためになるので、そこは乗り越えていきましょう!!

引き続きよろしくお願いいたします!

 

★こちらの記事もおすすめです

→【amazon物販の外注化において勘違いしてほしくない点、外注さんとうまく付き合って利益を伸ばす方法

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です