【Amazonビジネス】在庫の見直しで見えてきた次のステップ

こんばんは、Amazonビジネスコンサルタントの中村裕紀です。

今月末で3期目の会社決算が終わります。

消費税を今回から初めて払うことになりどのぐらいの金額になりそうか随時税理士さんとも詰めているのですが、それと併用して在庫の見直しを行いました。

在庫の見直しをして在庫の回転率が良くないということに気づきました

在庫の見直しそこで気付いたこと

それは在庫の回転率があまり良くない商品がある、、

ということでした。

確かに利益は出ているのですが半年かけて販売しているものもあり、これでは資金繰りが悪いのも納得です。

(そこまで量は多くないですが)

在庫の回転率が悪く、資金繰りが悪くなっている理由

この状況に陥った理由は商品の卸値を安くしてもらう代わりにメーカーから商品を大量に買っている

これが一つの原因です。

たしかに卸値は他のライバルより安いですが全ての商品を捌くまでに時間がかかるので資金繰り的にはあまり良くないことですよね。。

今までは利益が出るなら多少資金繰りが悪くても、

他のライバルよりたくさん買うことで自分だけの価格を引っ張り出すことを優先していました。

たくさん買って安くしてもらう戦略のデメリット

ただ資金がある程度ある方融資を受けたことがある方ならわかると思いますが

商品をたくさん買いお金をかけるだけで、自分だけ安くしてもらえることは実は一番簡単で手っ取り早い方法なのです。

だからこそ真似されやすいそういったデメリットはあるな、と最近特に感じます。

最初から資金がある方は少なく資金を得るまでには壁があるので、

簡単といっても簡単ではないですがお金を持ってる人なら意外とできちゃう戦略です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?不良在庫についてお話いたしました。

次のステップに行くためにはこの戦略はいずれ捨てなければならない、と考えています。

コツコツ一歩一歩進んでいきます!!!

 

★こちらの記事もおすすめです

→【amazon物販の外注化において勘違いしてほしくない点、外注さんとうまく付き合って利益を伸ばす方法

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です