早く結果を出して稼げる人ってどんな人?

こんばんは、中村裕紀です。

 
今日もどんな人シリーズです(笑)

 
先日コンサル生とスカイプしていて
結果を出している人とそうでない方の
「違い」を聞かれました。

 
ジェームススキナーの
違いをもたらす違いは何か?

ということですね^^

前にもこのフレーズ言った気がします、、

 
 
そこで
再度スカイプ後に色々考えたのですが、

一番は

ーーーーーーーーーーーーーーーー

商品を買えるかどうか?
商品を買うに至るまでのスピード感!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

これに尽きると思います。

 
 
他にも素直だ、とか
そんなものもありますが

私の一番はこれです。

商品を誰よりも早く買う、この行動力です。

 
 
私たちのビジネスは
商品を買って売ることなので
当たり前のことを言っていますよねw

でも、
商品をなかなか買えない人って存在します。

 
 
例えば

利益トントンでも
経験を重視し、商品を買える人

薄利でも
次の繋がりを作るため、商品を買える人

というのは
結果に繋がりやすい傾向にあります。

(こうしろ!と言っているわけではありません)

 
 
交渉すれば
利益率は上がる可能性があるので、
それをみすみす逃すことは勿体ないです。

 
 
私はコンサル生に
テスト仕入れは利益トントン
最悪ちょい赤字でも商品を仕入れてほしい、

と伝えています。

 
テスト仕入時は
数量も少ないので
海外送料に利益が圧迫されます。

なので、
これは2回目の仕入れを見越した上で
利益が出るかどうか?

という点が大事ですが
ここまで行くのにも早い遅いがあります。

 
もちろん結果が出ているのは
早い段階で商品を買い、
テスト仕入れ→テスト販売、を行えている方です。

 
 
各々のリサーチ力によって
商品購入に至るまでのスピードは異なります。

ただ仮にリサーチ力が同じでも
商品購入までのスピードは、
一人一人異なってくるであろう、と私は思います。

その異なりこそが
結果に繋がってくるのだと、最近感じています。

 
 
私がAmazonビジネスを始めた頃は

ebayで商品を買い
そのセラーのPayPalメールアドレスをゲットし、
そこに直接取引きの交渉をする!

ということを繰り返していました。

 
利益を上げるためには
PayPalメールアドレスを集める、
ことが必要でしたので

利益トントン、ちょい赤字でも
ガツガツ商品を買っていました(笑)

 
ただこの行為は大切なことだし、
商品が売れればいいわけなので、怖くないですよね?

どうせPayPal決済で支払日まで時間もあります。

お金がトントンでも戻ってくればいいわけです。

 
最少量の商品を買うことに、何ら抵抗はありませんでした。

 
PayPalメールアドレスに
直接交渉しても失敗するかもしれませんが、
それは次に進むステップだと捉えていました。

 
 
Amazonビジネスは
他のビジネスと比べても

圧倒的に
リスクの低い固いビジネスです。

 
月にどれぐらいその商品が売れるかわかる
そんなツールも存在しますよね。

 
だから、
商品が売れるなら
全然怖くないし、痛くもないのです。

商品を買う壁があるなら
早いうちに壊した方がいいです。

そういう話を今日はしています。

 
 
 
少し言い方がきつい部分もありましたが、、

「早く結果を出して稼げる人ってどんな人?」

の問いに真剣に向き合ってみました。

 
 
今日の行動を
すべての人に行ってほしいとは思いませんし
考え方も人それぞれなので強制はしません。

でも私は今までの行動や
コンサル生に対応した経験を振り返り、
こんな人が早く稼げる人だ!と思っています。

 
 
 
ご参考いただけたら幸いです^^
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP