Amazonビジネスで早く結果を出して稼げる人ってどんな人?

こんばんは、Amazonビジネスコンサルタントの中村裕紀です。

今日もどんな人シリーズです(笑)

先日コンサル生とスカイプしていて結果を出している人とそうでない方の「違い」を聞かれました。

ジェームススキナーの違いをもたらす違いは何か?

ということですね^^

前にもこのフレーズ言った気がします、、

結果を出している人とそうでない方の違いについて考えてみました

そこで再度スカイプ後に色々考えたのですが、

一番は

ーーーーーーーーーーーーーーーー

商品を買えるかどうか?
商品を買うに至るまでのスピード感!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

これに尽きると思います。

他にも素直だ、とかそんなものもありますが私の一番はこれです。

商品を誰よりも早く買う、この行動力です。

私たちのビジネスは商品を買って売ることなので当たり前のことを言っていますよねw

でも、商品をなかなか買えない人って存在します。

例えば

利益トントンでも経験を重視し、商品を買える人

薄利でも次の繋がりを作るため、商品を買える人

というのは結果に繋がりやすい傾向にあります。

(こうしろ!と言っているわけではありません)

テスト仕入れはちょい赤字でも商品を仕入れて欲しい

交渉すれば利益率は上がる可能性があるので、それをみすみす逃すことは勿体ないです。

私はコンサル生にテスト仕入れは利益トントン最悪ちょい赤字でも商品を仕入れてほしい、と伝えています。

テスト仕入時は数量も少ないので海外送料に利益が圧迫されます。

なので、これは2回目の仕入れを見越した上で利益が出るかどうか?

という点が大事ですがここまで行くのにも早い遅いがあります。

もちろん結果が出ているのは早い段階で商品を買い、テスト仕入れ→テスト販売、を行えている方です。

各々のリサーチ力によって商品購入に至るまでのスピードは異なります。

ただ仮にリサーチ力が同じでも商品購入までのスピードは、一人一人異なってくるであろう、と私は思います。

その異なりこそが結果に繋がってくるのだと、最近感じています。

商品を買う壁があるなら早いうちに壊した方がいい

私がAmazonビジネスを始めた頃は

ebayで商品を買いそのセラーのPayPalメールアドレスをゲットし、そこに直接取引きの交渉をする!

ということを繰り返していました。

利益を上げるためにはPayPalメールアドレスを集める、ことが必要でしたので利益トントン、ちょい赤字でもガツガツ商品を買っていました(笑)

ただこの行為は大切なことだし、商品が売れればいいわけなので、怖くないですよね?

どうせPayPal決済で支払日まで時間もあります。

お金がトントンでも戻ってくればいいわけです。

最少量の商品を買うことに、何ら抵抗はありませんでした。

PayPalメールアドレスに直接交渉しても失敗するかもしれませんが、それは次に進むステップだと捉えていました。

Amazonビジネスは他のビジネスと比べても圧倒的にリスクの低い固いビジネスです。

月にどれぐらいその商品が売れるかわかるそんなツールも存在しますよね。

だから、商品が売れるなら全然怖くないし、痛くもないのです。

商品を買う壁があるなら早いうちに壊した方がいいです。

そういう話を今日はしています。

まとめ

少し言い方がきつい部分もありましたが、、

「早く結果を出して稼げる人ってどんな人?」

の問いに真剣に向き合ってみました。

今日の行動をすべての人に行ってほしいとは思いませんし考え方も人それぞれなので強制はしません。

でも私は今までの行動やコンサル生に対応した経験を振り返り、こんな人が早く稼げる人だ!と思っています。

 

★こちらの記事もおすすめです

→【amazon物販の外注化において勘違いしてほしくない点、外注さんとうまく付き合って利益を伸ばす方法

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です