【Amazon転売】海外メーカーや代理店との価格交渉タイミング!

こんばんは、中村裕紀です。

Amazon転売を極めていく過程で少なからず海外メーカーや代理店と価格を交渉するタイミングがあると思います。

この交渉のタイミングが分からなかったりそもそもしないよ、、、なんて方も多いので今日は私の交渉タイミングをお話しいたします^^

私が価格交渉をするタイミング

私が交渉をするタイミングは「この商品売れる!」と確信した段階です。

一番初めはテスト販売なのでその商品の動きを見ることに徹しますがツールなどではなく実際の売れ行きを確認した段階で

もし仮に「この商品売れる!」と思ったら躊躇なく、相手と価格交渉を行っていきます。

実際の実績値が一番大事

2度目の仕入れ時などにも全然行いますし価格を下げてくれ!と言わないことは、勿体ないと感じるほどです。

重要なのは商品を確実に捌けると確信を得ることです。

ここが不確かだとロットを積めないので価格交渉を行うことができません。

そのためにツールでなく、実際の実績値が一番大事なのでは、と考えています。

価格交渉は言いたいことはきちんと伝えます

価格交渉をする際の文言は
・もっとたくさん買うから安くなる?
・今後も継続して買うから安くなる?
・どれだけ買ったら安くなる?
ぐらいです、とても簡単ですよね。

これを言わない方が圧倒的に多いです。

あと信頼関係を積んでから交渉を行うと言ったり、思っている方も多いみたいですが

これが一番ダメなんじゃないかな、と思います。

なんでもそうですが言わなきゃわからないこと、ってあります。

海外メーカーや代理店にも自分の気持ちを言わないと、伝わるはずありません。

暗黙の了解で理解を得ようとするのは、やめた方がいいです。

「この商品売れる!」という感覚は人それぞれで持てるロットの範囲もその方の資金量によって異なると思います。

(私は多いもので、販売個数3ヶ月分ぐらいまでならロットを持っています)
が、相手に気持ちを伝えることは、皆んな同じ土俵です。

まとめ

今日車の中でジェームススキナーの9ステップ音声聞いていたら

「あなたはやる前に諦めていませんか?それは違いますよ、まずやってみましょう!」

みたいなことを言っていたのでそれを思い出しながら記事を書いてみました(笑)

価格交渉ぜひ行ってみてください!!!

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です