海外メーカーや代理店との価格交渉タイミング!

こんばんは、中村裕紀です。
 

Amazon転売を極めていく過程で
少なからず海外メーカーや代理店と
価格を交渉するタイミングがあると思います。
 

この交渉のタイミングが分からなかったり
そもそもしないよ、、、なんて方も多いので

今日は私の交渉タイミングをお話しいたします^^
 
 

私が交渉をするタイミングは
「この商品売れる!」と確信した段階です。

一番初めはテスト販売なので
その商品の動きを見ることに徹しますが
 

ツールなどではなく
実際の売れ行きを確認した段階で

もし仮に「この商品売れる!」と思ったら
躊躇なく、相手と価格交渉を行っていきます。
 

2度目の仕入れ時などにも全然行いますし
価格を下げてくれ!と言わないことは、勿体ないと感じるほどです。
 
 

重要なのは
商品を確実に捌けると確信を得ることです。

ここが不確かだと
ロットを積めないので
価格交渉を行うことができません。

そのためにツールでなく、
実際の実績値が一番大事なのでは、と考えています。
 
 
 

価格交渉をする際の文言は
 

・もっとたくさん買うから安くなる?
・今後も継続して買うから安くなる?
・どれだけ買ったら安くなる?
 

ぐらいです、とても簡単ですよね。

これを言わない方が圧倒的に多いです。
 
 

あと信頼関係を積んでから交渉を行う
と言ったり、思っている方も多いみたいですが

これが一番ダメなんじゃないかな、と思います。
 

なんでもそうですが
言わなきゃわからないこと、ってあります。

海外メーカーや代理店にも
自分の気持ちを言わないと、伝わるはずありません。

暗黙の了解で理解を得ようとするのは、やめた方がいいです。
 
 

「この商品売れる!」
という感覚は人それぞれで

持てるロットの範囲も
その方の資金量によって異なると思います。

(私は多いもので、販売個数3ヶ月分ぐらいまでならロットを持っています)
 

が、相手に気持ちを伝えることは、皆んな同じ土俵です。
 
 

今日車の中で
ジェームススキナーの9ステップ音声聞いていたら
 

「あなたはやる前に諦めていませんか?それは違いますよ、まずやってみましょう!」
 

みたいなことを言っていたので
それを思い出しながら記事を書いてみました(笑)
 
 

価格交渉ぜひ行ってみてください!!!
 
 

今日の記事があなたの参考になれば幸いです。
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP