給与設定の考え方(私の場合)

こんばんは、中村裕紀です。
 

先日は下記のような話をしました。
http://bit.ly/2fuA7pE
 

その中で

————————————–
給与を控えめにし
その分を法人税で支払う

給与を多くとって
法人税はできる限り支払わないようにする
 

どっちがいいの??
—————————————

ということを少し話したので
今日もその話の続きをいたします!
 
 

私としては

給与を控えめにし
その分を法人税で支払う

こちらの方がいいと思います。

(控えめという語弊があるので、給与を適正にし、とお考えください)
 
 

というのも法人化すると
色々と経費にできるものが、たくさんあるからです。
(個人事業主でも可能なものもあります)
 

・仕事に関連する備品の購入

・国内海外の出張費(旅費規定作成)

・交際費・接待費など

・各種保険

・経営セーフティ共済
http://bit.ly/2fBXEXW

・少し意味合いが違いますが、小規模企業共済
http://bit.ly/1on7SEi

・例えば車の購入など(減価償却の考えに基づいて)
http://bit.ly/2fDaEJ4

・家やマンションを法人で買う、という凄技も
 

などなど
 
 

ざっと私が知っている
節税対策が上記なようなものです。

多分思い出してないだけで、まだありますね。
 
 

こういったものを駆使して
国からお金を取られないように工夫しています。
 
 

私の場合は利益を上げるより
守った方がお金が残る、
と考える時期もあったので

約1ヶ月ほどは
物販の方に力を入れず
今回話したような節税の勉強をしました。
 

実際その方が
手元に残る金額は大きくなると思います。
 
 

長くなりましたが、、
私の回答としては
 

上記のような
節税対策を十分に行った上で
支払う予定の法人税をある程度予測し

その上で適正な給与設定を考え

利益が出た分は、法人税として支払う
 

となります。
 
 

法人化して1年目は
なかなか予測がつかないので

自分の給与設定に迷うと思いますが

過去の実績や決算書があるなら
その数字を参考に給与を決めてみてください。
 
 

月収なんかより
手元のキャッシュが大事なので

できる限りお金を積み立てていきたいですね!
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP