【Amazonビジネス】給与を50万円に設定したら、いくら差し引かれる?

こんばんは、Amazonビジネスコンサルタントの中村裕紀です。

本日は自分の会社の給与設定を50万円にした場合いくらぐらい引かれるのか?を説明していきます。

個人と法人でもかなり引かれる金額も違いますし、物販だったりすると引かれる金額が多くなることも・・・

自分の給料を50万円に設定したときに引かれるものは2つ

自分の給与を50万円に設定した場合、下記の二つが引かれるわけです。
・健康保険組合や全国健康保険協会
・国民年金+厚生年金
引かれる割合はもちろん給与によって異なります。

この表をご参考ください。
(愛知県のものです)
http://bit.ly/2eu42Mo

個人の場合に差し引きされる金額

これの50万円のところに目を向けると

健康保険:24925円

厚生年金:45455円

になっているかと思います。

上記の金額を50万円から差し引き自分の個人口座へお金を送金します。

なので実際に入金される額は「429620円」という形ですね。

さらに詳しく説明すると給与に対する所得税も支払わなければならないので上記より少し低い額の入金額になってしまいます。

扶養している人数によって引かれる額が変わるのでここでは控えますが、下記の表の額を差し引きます。

これだけでも結構差し引かれているわけですが実はこれ個人の分だけです。

法人での差し引きされる分はかなり大きくなります

会社と個人の両方に

健康保険:24925円

厚生年金:45455円

こちらが差し引かれるので

自分の会社だし合計「140760円」上記の金額を国に納める感じですね。

(所得税入れたらもっとですが)

これを1年間にしたら合計「1689120円」になってしまいますねw

その他、法人と個人の住民税やら法人は3期目から消費税取られたり事業税と言うのもありますし

利益が出たら、その分は法人税として、支払う義務があるので

何だかんだでかなりの額、国から取られてしまいますね。。

物販をやっていると黒字ということにもなりかねません

また利益が出ていたら当然支払える額を国も定めていますが

我々は物販やっているのでお金が在庫に回っている可能性もありますよね。

そうなると黒字・・ってことにもなりかねません!

給与を控えめにしその分を法人税で支払う

給与を多くとって法人税はできる限り支払わないようにする

どっちがいいの??

この辺のこともありますがこれはまた次回か機会があればお話いたします^^

まとめ

とりあえず法人化して最初の給与設定は今日お話したことも頭に入れ最適な給与に設定することをお勧めします。

よければご参考ください!

★こちらの記事もおすすめです

【amazon輸入転売とは?簡単なリサーチ方法も大公開!】

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。