ライバルが多いから売れないなんてことはない

こんばんは、中村裕紀です。
 

Amazonの商品ページを
リサーチしている際中
もしライバルの数がかなりいたら、、
 

あなたはどのように考えますか??
 
 

例えばこれなんて。
http://amzn.to/2futxj8
 
 

人によって
分かれるとは思いますが
 

1:

ライバルが多いから
回転率に影響し
売れ行きが良くないと判断

リサーチをやめる!
 

2:

ライバルが多いから
あ、この商品こんなに売れるんだ!

とポジティブに考え
最安値で買える仕入先を探す。
 
 

この二つのいずれかではないでしょうか?
 
 

ちなみに私は2の考えです。
 

ライバルが多くて
仮に回転率に影響しても

それなりに売れるから
皆んなこぞって、その商品を扱うわけです。
 

むしろ

この商品絶対売れる、
他の人より安く仕入れることができれば
かなりオイシイ思いができるのでは?

と私だったら真剣に仕入先を探すはずですw
 

回転率と販売個数を考慮すれば
絶対売れる商品なので
仮にライバルが多くても良いと考えます。
 
 

あと大事なのは
価格を競い合ってる
ライバルセラーが何名いるかです。

競い合っていない方は
ライバルとして数えなくていいです。

競い合ってる方のみが、あなたのライバルです。
 

これでライバルの数も
グッと減るのではないでしょうか?
 
 
 

並行輸入品の商品、メーカー商品
ライバルの多い商品、少ない商品
ランキングがいい商品、悪い商品
データが取れてる商品、取れていない商品
利益率が高い商品、微妙な商品
 

色んな商品がありますが
マイナスな点ばかりを見るのでなく

プラスな点を見ると、
もっと商品選択の視野が広がる気がします。
 
 

そんなこと言ってたら
全部の商品扱う羽目になる、、

って方もいそうですが(笑)
 

いい面も悪い面も含めて
作戦考えたら、人と違った方向に進み

差別化もでき、利益も伸びる気がします^^
 
 

もしよければご参考ください!
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP