Amazon輸入転売の理想形

こんばんは、中村裕紀です。

昨日の記事はかなりの反応がありました!
http://bit.ly/2f8uizV

やはり多くの方に興味のあることだったのだと思います^^

あと今日は

Amazon輸入転売の理想形

というお話をいたします。

このところ
年末に向けてのAmazon倉庫圧迫を見越し

—————————————
FBA在庫の返送/所有権の
放棄手数料の無料プロモーションを実施
—————————————-

されていますよね、10月14日までですが。

このキャンペーンを聞き
当社のFBA在庫状況を
Amazonの「在庫健全化ツール」などで
ざっとですが図ってみました。

すると
この回転率に対して在庫持ちすぎているなー、、
と感じたものや

メーカーから安く買うために
大量ロット購入してしまい、在庫の保管日数がかなり伸びている、、

と見受けられるものが少々ありました。

これが影響して
FBA倉庫のストレージが大きくなり
在庫保管手数料も予想以上に取られている、そんな事態です・・

私が思うAmazon輸入転売の理想形は

例えばクレジット仕入れだと
クレジットの締めと支払いの原理を利用して

支払いまでに全ての商品を売って支払う
残った利益が全て自分の成果!

というイメージです。

ただ今は資金もある程度はもっているので
上記のような理想に近い状態でなく、
在庫をやや持ち過ぎている、という現状があることを

在庫健全化ツールなどで
数字を見た結果、理解できました。

もちろんメーカーから仕入れていて
誰よりも安く買いたい場合は
ロットを買わなければならないという現状もあり
一概には言えませんが、ここは気を付けていかなければなりませんね。

特に何ごともなく
FBA倉庫に荷物を保管している場合は
自分が思った以上に
保管手数料を取られている場合があるので注意です!

当社もこのプロモーションを機に
大型商品の保管料の金額が高いもので
回転率が悪いものは
一旦事務所に返送をかけようと思っております。

細かなところですが
私は保管手数料15万円くらい取られたことあるので
皆さんの参考になるかなと思い、書かせて頂きました!

今後ともよろしくお願いいたします。







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です