【Amazonビジネス】物販をやる以上は必ずゴールを決めるべき理由

こんばんは、Amazonビジネスコンサルタントの中村裕紀です。

物販をやる以上は必ずゴール(目標数字)を決めた方がよいです。

なぜなら永遠と売上が伸びるにつれキャッシュフローも圧迫され手元に現金がない、、という状態が続くからです。

(上記は簡単に説明するとです、使える資金や毎月の利益・利益率、売上の伸び率によっても異なってきます)

以前もお話しましたがこれは物販あるあるです。

キャッシュフローも圧迫され手元に現金がない、、

計算上は利益が出ているのに手元にキャッシュ(現金)が全くない(=在庫に回っているということですが)
そのため不安で仕方がない。。

という話はよく聞きますし必ず一度、というか売上を伸ばそうと思うと必然的に襲ってくる問題かと思います。

売上を伸ばそうと思うと当然仕入れる量を増やさなければなりません。

そこに例えば手持ちの現金や先月の利益をつぎ込むともちろん手元のお金はなくなります。

売上伸びる

手持ち現金や利益分つぎ込む

売上伸びる

手持ち現金や利益分つぎ込む


この繰り返しです。

ドカッと売上を増やしたければ融資を受ける、という選択肢もあります。

ゴールを決めずに突っ走るのはきついことです。。

変な話、売上を永遠と伸ばそうとすると

死ぬまで

売上伸びる

手持ち現金や利益分つぎ込む

売上伸びる

手持ち現金や利益分つぎ込む


この繰り返しで一息つく場がないように思います。

もちろん会社を大きくしたかったりかなりの従業員を抱えてビジネスするなら上記のようにガンガンやってよいと思います。

だけど私の場合はそんなことより他の時間の方が大切です。

ゴールを決めたあとは各々それに沿ってやっていくのみ

イメージとしては個人ではないけど大企業でもないその中間に位置し、利益を上げれたらと考えています。

そして少数精鋭でビジネスしたいです!

それが一番融通が利いて時間も取れそうなので。

まだ利益が十分上がってない場合はがむしゃらにドンドンやっていいと思いますがある程度のところまできたら必ずゴールを決めるべきかと思います。

決めた後は各々答えが違うのでそれに沿ってやっていけばいいだけですよね!

ゴールを決めた後は
(仮に売上を伸ばすのをやめるという結論を出した後は)
資金的にも余裕が生まれてきますし
色々と次のことも考えることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は物販をやる以上は必ずゴールを決めるべき理由についてお話いたしました。

今日お話したことを今まで考えたことなかった!

という方は一度考えてみてもいいかもしれません^^

 

★こちらの記事もオススメです。

→【amazon輸入ビジネスの利益率はどのくらいか?

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。