Amazon輸入をする際自分で海外配送レートと契約は必要か?

こんばんは、Amazon輸入物販ビジネスコンサルタントの中村裕紀です。

海外メーカーと取引する際に自分でFedexやDHLと契約する必要があるのですか?

という質問をよく頂きます。

これについて今回はお話いたします。

海外メーカーと取引する際FedexやDHLと契約する必要があるか?

大体のメーカーが自社の海外配送レートを所持していますのでこちらで契約する必要はありません。

例えばメーカーのHPを見たときに英語表記でしっかりしたものを用意してあれば世界規模で商品を販売しているのだなと予想できるので、海外配送レートも持っているはずです。

なので、安心して取引可能です^^

ただ例外としてまだまだマイナーなところは海外に発送したことがない・・・

というところも実際あるので、注意が必要です。

が、、逆にそんなメーカーがおいしかったりします(笑)

海外に発送したことがないマイナーなところの方が狙い目!!

こちらで配送回りを準備する人なんてそうそういないので、そこが狙い目であります。

あと私もそこまで詳しくないですが

FOB
C&F
CIF

などのことも予め知っておいた方がよいと思います。

輸入で困ったことがあれば下記サイトもすごくオススメです!

ミプロ
http://bit.ly/2eLlYFx

ジェトロ
http://bit.ly/2eTTZkV

もし困難ケースや分からないことがあれば相談してみると丁寧に答えてくれるのでよいと思います^^

まとめ

今回は海外メーカーと取引する際に自分でFedexやDHLと契約する必要があるのですか?のご質問にお答えしました。

★こちらの記事もオススメです。

→【amazon輸入ビジネスの利益率はどのくらいか?

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。