【Amazonビジネス】販路を拡大するために必要なこと

こんばんは、Amazonビジネスコンサルタントの中村裕紀です。

本日も引き続きアンケートに出た質問についてお答えしていきます。

今日は販路を増やすことについて私の考えをお伝えしていきます。

Amazon以外の販路を拡大するために必要なこと

1月頃に起きたAmazonアルゴリズムの変更あのせいでAmazonもうダメだ、、と思い他の販路について考えた方も多いはずです。

私も当初そういったことを模索していました(笑)

ただ、販路を拡大するにあたっては

・そもそも作業時間が確保できるか?

・効率的な運営ができるか?

・誰にも負けない何かを持っているか?

が大切だと思っています。

一つ一つ解説していきますが私が知っている中ではAmazonが最も効率のよいプラットフォームであると今の段階では確信しています。

FBAに商品を納品するだけで自動販売機のようにポンポン商品が売れます。

仮に

ヤフオク
ヤフーショッピング
楽天
自社ショップ

などに置き換えた場合はどうでしょうか?

作業時間が確保できるか?効率的な運営ができるか?

ここで一番の問題になるのはお客様の対応や商品の発送などですよね。

今までAmazonに任せていたもの全てを1から自分で作り上げなければなりません。

これは私自身が月収100万円を達成した時は数多くのプラットフォームで商品を販売し利益を出すという方法だったので、この大変さがよく分かります。

朝から深夜までずっと仕事でその間にお客様から電話あったり商品の発送指示なども業者に投げる必要があったしとにかく在庫の管理などにも頭を悩ませていました。

今思えばあの段階で人を雇う、ということを考えていればまた違う結果になったかもしれませんがあの時は全く頭にありませんでした。。

なので、気軽に多販路なんて考えは甘いです。

売れ出すとめちゃくちゃ大変です。

クレームなんかにはほんと参りました、、

その点Amazonはかなり楽です。

不良品があった場合などの返品もAmazon通じれば50円くらい!これは凄すぎです。

普通だと着払送料がかかるので50円なんて金額ではいかないです、、

このメリットは大きいです。

・そもそも作業時間が確保できるか?

・効率的な運営ができるか?

これはよく考えた方がよいと思います。

誰にも負けない何かを持っているか?

これについてですがなぜ私が多販路販売をやめたか?というとその当時扱っていたメーカー商品を一番安く買えているという自信がなかったからです。

またメーカーから直接買っていた商品ではなかったので今後安定的に取引できるかも不安でした、、

今ですと、卸値では誰にも負けない!

みたいなメーカー商品があるので無理に新規のメーカーを取るよりもそのメーカーを横に広げたほうが効率いいです。

配送回りや雇用に対しての知識もレベルアップしているので今なら多販路いける!などと考えています。

いずれは自分がメーカーになることも視野に今後一つのカテゴリーに絞り商品戦略を練るというのも面白いな、と感じています^^

だからこそ、中途半端な感じで色んな商品扱って多販路などを行うと失敗する、、のではないかなと思っています。

Amazonのプラットフォームの性質上何でも扱えるような仕組みになっていますが

(価格が安ければ何扱っていても売れるのような)

例えば楽天とかだと購入者目線に立った時一つのお店として、そのショップが映し出されるわけです。

私の妻なんかは価格よりそのお店の雰囲気やオシャレ度具合などで商品の購入を決めます。

(価格も考慮しているようですが)

価格で判断がしにくい媒体です。

それゆえに価格競争も起こりづらくAmazonより高値で販売されています。

ただ、楽天などは「見せ方が命」みたいな部分もあるので上級者向き、やるならマジでやらないと月額費用だけ取られる、、そんな状態になり得る気がします。

まとめ

少し話はそれましたが現時点で何もしないで自動的に商品が売れ利益的にも安定的な収益が上がっている場合を除き販路を増やそう!ということはやめた方がいいです。

Amazonに集中した方が絶対利益出ます。

他の販路は落ち着いてからでも全然大丈夫です。

もちろん販路を増やすという意識は良いことなので段階を踏みながら取り組んでいってほしいです。

意識を分散すると稼げるものも稼げなくなります。

集中するときは集中して結果出す!

その仕組みを作り上げた後に次に行く!

この繰り返しで収益あげるのが、最も効率がよいと感じます。

稼いでいる方ほど、上記の流れの作り方が上手いです。

以上長くなりましたが、、私の回答です。

今後ともよろしくお願いいたします。

★こちらの記事もオススメです。

→【amazon輸入ビジネスの利益率はどのくらいか?

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です