【Amazon物販】クリスマスに向けて皆さんは仕入量をどのように判断していますか?

こんばんは、中村裕紀です。

クリスマスに向けてかこのところ商品が飛ぶように売れます。

在庫が間に合わない商品も多数出ています。

さすがAmazon!!12月は2倍仕入れても間に合わない

11月中旬〜末にかけて12月用に仕込んで置いたものももう在庫が少なくなってきました。。

在庫がなく販売機会を損なっているものもあるのでこれは来年に向けて反省し、改善していこうと思っています。

いつもの1.5〜2倍の量を仕入れたのにそれでも間に合わない、、

さすがAmazonだ、と思わざる得ません。。

まあそれでも何度かこの季節をAmazonと共に過ごしてきたのでほぼほぼうまく回ってはいます。

この調子で12月を突っ切りたいです!

仕入れ基準値は出品コーチレポートを参考に

今回の仕入基準値は「出品コーチレポート」にて念入りに調べました。

セラーセントラルのトップページに「Amazon出品コーチ」という枠があるのでその右下をクリックすれば、レポートが見れます。

——————————————-

手順

Amazon出品コーチ

在庫(補充を推奨)

出品コーチレポート

———————————————

私は仕入時にはほぼ毎回このレポートを見ているのでどの商品が1ヶ月間でどのくらい売れるか?がよく理解できています。

このレポートの意味は在庫補充をうまく促すためのものと考えており自分の売れ筋商品の在庫補充の時など非常に役立ちます。

以前私は月初と月の中旬しか在庫を確認せず、発注を掛けていたのですがそれだと売れすぎて在庫がなくなってしまう、、

ということがしばしばありました。

そのためこのレポートをマメに見ることで在庫がなくなる、という損失を減らしています。

・過去30日間の販売数

・過去14日間の販売数

・現在の在庫数

・現在の在庫が在庫切れになるまでの日数

上記のことが出品コーチレポートでは分かるのでこれを見て1.5〜2倍の数量を今の時期に向けて仕込んだ感じです。

皆さんがどのようにして仕入量を決めているか分かりかねますがAmazonのシステムをうまく使うことで仕入量を数字で判断することができます。

なのでぜひぜひ活用してもらいたいです^^

仕入量に迷いがある商品がでた時は30日間の売行きを把握する方法

あと30日間の売行きを把握する方法は下記手順でもできます。

—————————————

手順

在庫

FBA在庫管理

一番左端のSKUクリック

出荷

—————————————-

売れ筋商品以外のものにも対応できるので仕入量に迷いがある商品がでた時はこちらの方法でも確認できます。

まとめ

2つの方法とも過去のメルマガで書きましたがけっこう使える重要なことだと自分では思ってるので、再度書きました(笑)

物販やってる以上販売機会を逃すことは最悪です。

ただ買い過ぎてもダメですよね。

適量な仕入れを行い資金繰りをよくすることがAmazon転売を行う上で大切です。

仕入個数をあなたが考える上で一つの基準となれば、とても嬉しいです。

あ、最後に正月明けが最も在庫を切らすタイミングとして私は多いです。

正月はどこも休みだし発注のしようがないですよね、、

そこで年始に慌てて発注しようとするのですが、、

年始ってバタバタしていて対応が遅いことが割合として高いです。。

そこも見越した発注を12月中にしておくといいかもです!

★こちらの記事もおすすめです。

→【【amazon物販ビジネス】団体信用保険に加入してますか?

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。