【Amazon物販】メーカー取引は難しいものではありませんよ!

こんばんは、Amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

先日の記事は好評だったようです!

特に面白かった本シリーズはけっこうクリックされていました。

読めば分かりますが「経営セーフティ共済」などは利益を十分出している方にとっては便利な機関だと思います!

全部経費化できるし私も契約し、使っています。

ぜひぜひ節税していきたいですね^^

それでは本日の話です。

メーカー取引が難しいと感じている読者さんから下記のメールをもらいました。

メーカー取引の壁を感じるてしまった読者様からのメール

*一部省略しています*
————————————————————-
こんにちわ、中村さん、覚えていらっしゃいますでしょうか?

千葉県在住の◯◯です。数回中村さんに質問させて頂き、いつもレスポンスが早く、しかもお忙しい中、私の為にとても解りやすく、為になる解答をして頂き感謝しています。

今回、4回目の質問ですが、中村さんのメルマガを拝読し、以前、最終的にはメーカー取引に絞るべきだと仰っていましたが、中村さんはもう、欧米輸入ではアマゾン本体からの仕入れは止めているのでしょうか?

確かに利益率を考えれば、メーカー直取引の方が利益率の面で差があるとおもいますが、自分も数社トライしたのですが、全く相手にされません。

そこで、今は欧米アマゾンから主に仕入れています。正直厳しいです。

その上のebayセラーから仕入れようとしましたが、やはり国際送料がネックでまとまりませんでした。

個人でメーカー仕入れ出来たら理想でしょうね。しかも売れ筋商品ばかりなら・・・・

海外アマゾンで少なからず利益は出てますが、いざ仕入れとなると、数に限りがあったり、日本には送れないとかあります。

個人ではやはり敷居が高いのでしょうか?

中には諦めず、メール交渉文を送って成功した方もいるでしょうけど、根気で粘り強くメールを送り続けるか、或いは、英会話の得意な人に頼んで直交渉してもらった方が早いでしょうか?

本当、私も将来中村さんのようにメーカーから直取引出来るのが夢ですが、中々、出来ず、現状、欧米アマゾン仕入れに甘んじている今日この頃です。

中村さんはどのようにして開拓していったのか、ヒントだけでよろしいので教えて頂けたら幸いです。どうか宜しくお願いします。

いつも中村さんのメルマガ楽しみです。
自分にとって参考になることはファイルに保存して繰り返し何度も読んでいます。

これからも中村さんのメルマガ楽しみにしています。

寒くなってきたのでどうかお体御自愛下さいませ。
—————————————————————-

私は欧米輸入ではAmazon.com単体からは一切仕入れていません。

中国輸入はかぶせ商品のように単純転売しているものもありますが他はすべてメーカー直の購入です。

またメーカー取引はそこまで難しいものではありません。

ただこういったメーカーにメールを送ればいいんだ!という感覚を掴むまで時間がかかると思います。

コンサル生にはメーカーから見積りをもらってからが本当のメーカー取引ですよと伝えているので、相手にされないことはないです。

たぶん今だったら返信がないなんてメーカーはありません。

ほぼ100%に近い数字で返事はきます。

メーカーにメールを送ればいいんだ!という感覚を掴むまで時間がかかる

ここで問題になってくるのは

・メールを送る数

だと思います。

最初のうちはどれがメーカー商品か?なんて分かりません。

私も分かりませんでした。。

そのため何十、何百とただひたすらメールを送り続けました。

メーカー取引に移行する際利益が出るものは

ebayセラーから買ったり
Amazon.comから買ったり

していましたがその間に売上はガクンと落ちました。

幸い私の周りにはメーカー取引を既に決めている方が何人かいました。

そのため諦めずに交渉を重ね1つずつメーカー取引ができるようになりました。

最初の1つを見つけるまで大変ですが、、

1つ見つかれば芋づる式に見つかります。

勘違いしてほしくないのはメーカー取引でなくても利益は出るということです。

海外セラー
Amazon.com単体

でも未だ十分稼げると思います。

だけど私の場合は

・海外セラーと急に連絡取れなくなったり

・MyUSで荷物が紛失したり

・リファービッシュ品(再生品)を送られたり

そんなトラブルが頻繁に起こったため売上を下げてでもメーカー取引に移行しようと覚悟を決めました。

メーカー取引が一番偉いとかではなく

・一番安く買っているという自信

・ストレスのない安定的で継続的なビジネスをする

この2点を重視し私は最終的にはメーカー取引がいいですよとオススメしています。

(初心者の方は初めはAmazon.com単体からの仕入れからスタートし稼げる感覚をやしなった後にメーカー取引に移行するのがよいです。)

そして、

英語がデキる

個人ではダメ

これらはメーカー取引に関係ないかと思います。

もちろん英語はデキた方がいいし個人より法人の方が信頼感がありよいかもしれませんが私自身は英語ができないし個人の頃からメーカー取引をしていたので、そこは問題ないです。

売れ筋商品のメーカーは狙い目ではない!売れ筋でなくてもよい理由

「個人でメーカー仕入れ出来たら理想でしょうね。しかも売れ筋商品ばかりなら・・・」

これはちょっと違います。

みんなが知っているような売れ筋商品のメーカーにメールしても相手にされません。

ヒントは2、3流〜4、5流こんなメーカー知らない、、

と思うくらいのメーカーにメールした方がいいです。

そんなとこはすぐメール返信くるのでまず返信がくることに慣れてください。

全然余裕で返信きますから、安心してください。

メーカー取引のうまみはライバルみんなが最安値で買ってるから

「価格が下がらない」

ことが多いというところにあります。

販売価格を決められていることもありますね。

その結果バンバン売れなくても利益率いいから利益も十分でる!のような状態になります。

これがメーカー取引です。

売れ筋でなくてもよい理由です。

極端ですが知らないメーカーでも月に数個売れていることが分かれば最安値で買えて、よい利益率もでるわけです、そんなところと取引できたらいいですよね。

まとめ

Nさん

諦めず探せばよいメーカーは必ず見つかると思いますのでお忙しいと思いますがぜひ少しでもいいので継続的にメールを送ってみてください!

長くなりましたが

読者さんからの質問に対する私なりの回答です。

メーカー取引にお悩みの方

もしよければご参考ください。

★こちらの記事もおすすめです。

→【【amazon物販ビジネス】団体信用保険に加入してますか?

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。