【Amazon物販】リサーチにおいて商品レビュー、ライバル数この2つも大切

こんばんは、Amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

昨日は私が初めて対面コンサルをしてもらった約3年前の思い出の場所に行きコンサル生に対面コンサルをさせて頂きました。

コンサル生の方が大阪から新幹線で名古屋に来られたのでちょうど名古屋駅集合ということでそこにしました(笑)

昼間でしたが景色もよくコンサル生との話も弾みましたね!

「自信が持てるというか、なんと言えばいいのかよくわかりませんが、良かったです。

出来るだけ対面コンサルをしていただければと思いました。」

とのコメントも帰宅後いただいたのできっと順調に進んでいくでしょう!

メーカー交渉も決まっていますし3週間休みなし・・と本業は忙しいと思いますがご自身のペースでやれば大丈夫です。

面白そうなことも試しているのでそれが決まればガツっといきますよ!

今後のご報告も楽しみにしています!!

それでは今日の話にいきます。

リサーチにおいて

商品レビュー

ライバル数

この2つもけっこう大切です。

私は必ず見ます。

商品レビューやライバル数がなぜ大切か?

これも売れてるかどうか?を図る一つの目安になるからです。

商品レビューはたくさん付いてれば売れてるんだろうな、と想像がつきますし(外食するときとかにアプリでレビュー見ますよね、あれと同じ感覚です)

ライバル数も多ければこの商品は売れてるからライバル多いんだって気付くはずです。

(注意点としては価格競争が起きたり、カート獲得率が悪くなることで、予想より売れないなどのことがありますが)

なのでこの2つのポイントは欠かさず見ています。

Amazon転売の原則は売れているものを安く買って高く売る

これだと思っています!

売れてないものを安く買っても意味ないです。

「売れてるものを見つける」

これがまず重要ですよね。

ただやっぱり売れ過ぎてるものって誰でも売れてると理解できるのでそんな商品を扱っても

ライバル増える

価格競争

薄利、最悪赤字

負のスパイラル突入

みたいな感じになります。。

だから売れてるけど売れてる感じを出さないでも気付く人は気付く

それによりライバルも多少いるそんなバランスのよい商品を探してほしいです。

(あくまで感覚です)

バランスのよい商品を探し出す事が感覚

上記のような感覚を身につけるにはリサーチをコツコツ積み重ねるこれしかないと思います。

またはそんな商品を教えてもらい知ることで一気に儲かる商品はこんなものだってだんだん理解できてきます。

感覚がつかめるのはこっちのほうが早いです。

どちらにしてもその感覚さえ身につければあとは怖いものなしです。

Amazonでなくても物販続ける限り稼ぎ続けることができると私は思っています。

物を売ることは永遠と続くでしょうから。

まとめ

今日は私の感覚的なとこも多かったですが、、

商品レビュー

ライバル数

これは参考になるので見てみてくださいね^^

★こちらの記事もおすすめです。

→【【amazon物販ビジネス】団体信用保険に加入してますか?

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。