この2つもけっこう大切です

こんばんは、中村裕紀です。
 
 
 
昨日は
 
私が初めて対面コンサルをしてもらった
 
約3年前の思い出の場所に行き
 
コンサル生に対面コンサルをさせて頂きました。
 
 
 
コンサル生の方が
 
大阪から新幹線で名古屋に来られたので
 
ちょうど名古屋駅集合ということで
 
そこにしました(笑)
 
 
 
 
昼間でしたが景色もよく
 
コンサル生との話も弾みましたね!
 
 
 
「自信が持てるというか、
  
 なんと言えばいいのかよくわかりませんが、
 
 良かったです。
 
 出来るだけ対面コンサルをしていただければと思いました。」
 
 
 
とのコメントも帰宅後いただいたので
 
きっと順調に進んでいくでしょう!
 
 
 
メーカー交渉も決まっていますし
 
3週間休みなし・・と本業は忙しいと思いますが
 
ご自身のペースでやれば大丈夫です。
 
 
 
面白そうなことも試しているので
 
それが決まればガツっといきますよ!
 
今後のご報告も楽しみにしています!!
 
 
 
 
 
 
それでは今日の話にいきます。
 
 
 
 
リサーチにおいて
 
 
商品レビュー
 
ライバル数
 
 
この2つもけっこう大切です。
 
私は必ず見ます。
 
 
 
 
なぜ大切か?というと
 
これも売れてるかどうか?を図る
 
一つの目安になるからです。
 
 
 
 
 
商品レビューはたくさん付いてれば
 
売れてるんだろうな、と想像がつきますし
 
(外食するときとかにアプリでレビュー見ますよね、あれと同じ感覚です)
 
 
 
ライバル数も多ければ
 
この商品は売れてるからライバル多いんだ
 
って気付くはずです。
 
(注意点としては価格競争が起きたり、
 
 カート獲得率が悪くなることで、予想より売れない
 
 などのことがありますが)
 
 
 
 
 
なので
 
この2つのポイントは欠かさず見ています。
 
 
 
 
 
Amazon転売の原則は
 
 
売れているものを
 
安く買って高く売る
 
 
これだと思っています!
 
 
 
 
売れてないものを
 
安く買っても意味ないです。
 
「売れてるものを見つける」
 
これがまず重要ですよね。
 
 
 
 
 
 
ただやっぱり
 
売れ過ぎてるものって
 
誰でも売れてる
 
と理解できるので
 
そんな商品を扱っても
 
 
 
ライバル増える

価格競争

薄利、最悪赤字

負のスパイラル突入
 
 
 
みたいな感じになります。。
 
 
 
 
 
だから
 
 
売れてるけど売れてる感じを出さない
 
でも気付く人は気付く
 
それによりライバルも多少いる
 
 
そんなバランスのよい商品を探してほしいです。
 
(あくまで感覚です)
 
 
 
 
 
上記のような感覚を身につけるには
 
リサーチをコツコツ積み重ねる
 
これしかないと思います。
 
 
 
または
 
そんな商品を教えてもらい知る
 
ことで一気に儲かる商品はこんなものだ
 
ってだんだん理解できてきます。
 
感覚がつかめるのはこっちのほうが早いです。
 
 
 
 
 
どちらにしても
 
その感覚さえ身につければ
 
あとは怖いものなしです。
 
 
 
Amazonでなくても
 
物販続ける限り
 
稼ぎ続けることができる
 
と私は思っています。
 
物を売ることは永遠と続くでしょうから。
 
 
 
 
今日は私の感覚的なとこも多かったですが、、
 
 
商品レビュー
 
ライバル数
 
 
これは参考になるので見てみてくださいね^^
 
 
 
 
今日の話があなたのお役に立てれば幸いです。
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP