Amazonリサーチで役立つ!!超無難な仕入個数の計算式

こんばんは、中村裕紀です。

今日から私のAmazonリサーチについていくつかのポイントに分け解説しようと思っています。

以前初心者限定講座でもお話しましたがやっぱり皆さん気になるところかと思います。

もしよければご参考ください。

Amazon商品ページを見た段階での仕入個数について

それでは今日はまずAmazon商品ページを見た段階での仕入個数についてお話します。

この商品あなたなら月に何個仕入れますか?

誰でも見たことがある人気商品ですね。

私なら超無難に考えて

「14個」

を仕入れます。

ここまで行き着いた計算式は

プライスチェックの波が10波

ランキングが5000位以内

ライバル6人

10×2ー6=14

上記のようになります。

詳しく説明していきますね。

超無難な仕入個数の計算式のご説明を致します

まずこの商品のASINをプライスチェックに入れたところこんな感じで

10/1〜10/31の期間における波は大体10波ほどありました。

よって月10個は売れるだろうと想像がつきます。

しかし注意点があります。

それはこの商品がランキング5000位以内の人気商品だということです。

この場合一つの波に対して2個の商品が売れると考えてよいでしょう。

(感覚値ですが、軽く2個以上は売れます)

そのため

10×2

という計算をしています。

もし仮にランキングが5000位以上のものであれば一つの波に対して1個商品が売れると考えてください。

最後にこの商品のライバルは6名います。

ライバルの数が多いと当然売れ行きも落ちるのでカートの獲得率が下がるという意味で売れる個数から−6しています。

全部まとめると

10×2ー6=14

「14個仕入れる」となります。

この商品だと月に14個以上は売れるでしょう。

ただこれは最初に商品を買う場合を考えた超無難な仕入個数です。

商品を仕入れたあとはその商品の売れ行きをみて実績値に基づき仕入れを行います。

計算式に当てはまらない商品も当然ですが存在します。

その場合は1〜3個以内の購入を目安にしAmazonに納品して売れ行きを確認するということをオススメします。

もし仕入個数に悩みがある方は今日お話した内容を考え仕入個数を判断してみてください。

私はこの計算式で失敗したことがないしむしろ商品をもっと仕入れておけばよかった、、と思うことがあるぐらい

超無難な仕入個数の計算式です。

本日の記事があなたのお役に立てれば幸いです。

正確に売れ行きを確認したい場合のおすすめツール

ちなみにもっと正確に売れ行きを確認したい!という方には「在庫チェッカー」がピッタリだと思います。

正確で素晴らしいツールですよね。

月の売れる個数も完璧な値がでるのでライバルの数も考慮し仕入個数を判断すればよいと思います。

有料なのと今販売が終了されていますが・・・

もし再開することがあって使ってみたい!ということであれば私なら購入すると思います。

それだけ価値あるツールです。

今でも私は活用しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は仕入個数判断のための計算式についてのご説明でした。

★こちらの記事もおすすめです。

→【【amazon物販ビジネス】団体信用保険に加入してますか?

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。