超無難な仕入個数の計算式

こんばんは、中村裕紀です。

今日から

私のAmazonリサーチについて

いくつかのポイントに分け

解説しようと思っています。

以前

初心者限定講座でもお話しましたが

やっぱり皆さん気になるところかと思います。

もしよければご参考ください。

それでは今日はまず

Amazon商品ページを見た段階での

仕入個数についてお話します。

この商品

あなたなら月に何個仕入れますか?

誰でも見たことがある人気商品ですね。

http://amzn.to/2e1RbWc

私なら

超無難に考えて

「14個」

を仕入れます。

ここまで行き着いた計算式は

プライスチェックの波が10波

ランキングが5000位以内

ライバル6人

10×2ー6=14

上記のようになります。

詳しく説明していきますね。

まずこの商品のASINを

プライスチェックに入れたところ

http://bit.ly/2fZR7rx

こんな感じで

10/1〜10/31の期間における

波は大体10波ほどありました。

よって

月10個は売れるだろう

と想像がつきます。

しかし

注意点があります。

それはこの商品が

ランキング5000位以内の

人気商品だということです。

この場合

一つの波に対して

2個の商品が売れる

と考えてよいでしょう。

(感覚値ですが、軽く2個以上は売れます)

そのため

10×2

という計算をしています。

もし仮に

ランキングが5000位以上

のものであれば

一つの波に対して1個商品が売れる

と考えてください。

最後に

この商品のライバルは6名います。

ライバルの数が多いと

当然売れ行きも落ちるので

カートの獲得率が下がるという意味で

売れる個数から−6しています。

全部まとめると

10×2ー6=14

「14個仕入れる」となります。

この商品だと

月に14個以上は売れるでしょう。

ただこれは

最初に商品を買う場合を考えた

超無難な仕入個数です。

商品を仕入れたあとは

その商品の売れ行きをみて

実績値に基づき仕入れを行います。

またこの計算式に

当てはまらない商品も

当然ですが存在します。

その場合は

1〜3個以内の購入を目安にし

Amazonに納品して売れ行きを確認する

ということをオススメします。

もし仕入個数に悩みがある方は

今日お話した内容を考え

仕入個数を判断してみてください。

私はこの計算式で失敗したことがないし

むしろ商品をもっと仕入れておけばよかった、、

と思うことがあるぐらい

超無難な仕入個数の計算式です。

本日の記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ちなみに

もっと正確に売れ行きを確認したい!

という方には

「在庫チェッカー」

がピッタリだと思います。

正確で

素晴らしいツールですよね。

月の売れる個数も

完璧な値がでるので

ライバルの数も考慮し

仕入個数を判断すればよいと思います。

有料なのと

今販売が終了されていますが・・・

http://bit.ly/2fGAo8F

もし再開することがあって

使ってみたい!ということであれば

私なら購入すると思います。

それだけ価値あるツールです。

今でも私は活用しています。







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です