【Amazon物販】メモを取ることが稼ぎに比例する??

こんばんは、Amzon物販コンサルタントの中村裕紀です。

先日は稼ぐ人のマジ(本気)ポイントを探すために私が普段から実践していることをお伝えしました。

今日はそのついでに日々メモをとることの必要性を述べたいと思います。

あなたは日々メモを取ることを行っている方ですか?

これもやはり

行っている方
行っていない方

とでは全く成長速度が違ってきます。

もしかしたらメモを取ることが習慣にない方はこの重要なことに気付いていないのかもしれません。

私はサラリーマン時代数名の部下(後輩)をもったことがありますが

メモを取っている後輩の方が断然仕事を覚えるのが早くいわゆるデキる子でした。

逆にメモを取っていない子は何度も同じことの繰り返しで成長が遅いように感じました。

やる気あるのかな、と思えたくらいです。

メモを取ることは必須!!稼ぎに比例する?!

エビングハウスの実験によれば

人は記憶したことを20分後には4割以上忘れ

1日後には7割以上を忘れてしまうそうです。

そのことからも大切な情報は常にメモを取るという行為は必須なのかなと思っています。

私の場合は

携帯でメモったり
紙に書いたりしますが

本当に大切なことは

「マインドマップ」に再度書き起こし頭の中をきれいに整理します。

よって約3年前に受けた初めての対面コンサルの内容もすべて完璧に覚えていたりします(笑)

いやーあの内容は私にとって衝撃でした、、、

そういったことの積み重ねが今の自信だったり稼ぎに比例してきています。

そう自分で実感しています!

ただメモを取るだけでは意味がない!!

また注意点としてはメモを取るだけではダメだということです。

メモを取る意味はそのことを振り返るためにあるのでメモを見返し(復習し)行動に起こすことで初めて成果に繋がります。

セミナーに参加してメモをたくさん取るのはいいけども行動しなかったら意味ないです。。(私もメモばっかりで行動できてませんでした・・)

そのためゆくゆく自分が行動を起こすものとして今自分に必要なものだけを選びメモを取った方がよいと思います。

情報はあり過ぎたら頭の中がゴチャゴチャになるのでそうやった方がいいです。

でないと情報が邪魔で行動できなくなります。

まとめ

今日話したことは意識することで変わってくると思いますしすぐに誰でも取りかかれることですよね。

ぜひ活用いただけたら嬉しいです^^

以前ビジネス仲間の集まりで仕事を行う机のきれいさが稼ぎに比例している(例外な方もいましたが)という意外な結果が出ました。

皆んなで仕事場(机)の環境を写真に撮って提出し合いました。

そのことからもメモをきれいに整理し活用できる能力が高い方はすぐ稼げるのでは?!

とか思っていたりします、、

★こちらの記事もおすすめです。

→【【amazon物販ビジネス】団体信用保険に加入してますか?

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。