Amazon転売における評価の重要性

こんばんは、中村裕紀です。
本日はAmazon転売における評価の重要性をお話します。

今回は私自身の考えを書くので、当てはまらない方もいると思います。

ご了承の上、聞いてください。

私自身はAmazonの評価がとても大切だと思っています。

評価依頼も外注化していますし、随時気にして見ています。

なぜそこまで気にするか?

というと、カート獲得率に影響があるからです。

特に自社出荷をされている方は経験があるかと思いますが
評価が少なかったり、評価率が悪い段階で出品しても全く商品が売れません。

自社出荷を行うには、評価がかなり大切です。

またFBA出品でもカートの獲得率に当然影響します。
新規出品の方が価格を下げてカートを取ろうとするのも、そのためです。

実際にビジネスレポートなどで
細かい数値をとった訳ではないですが
商品が売れる確率は確実に上がってくるはずです。

そういった意味でも評価を重要視した方がよいと思っています。

ここからは賛否両論あると思いますが
私は評価を取るためだけの商品を扱っています。

もちろん赤字ではありませんが、利益率は10%未満それ以下です。

その代わりバンバン回転していきます。

単価も低い商品ですので常時在庫も数十個もっている形です。

ただそんな商品ですがメリットもあります。

それは海外送料が安くなる、という点です。

海外から商品を発送する際には
発送重量によって、その単価が変わってきます。

そのためこの評価を取るためだけの商品も重量に加わり、送料は安くなっています。

もう2つメリットがあります。

1点目、それは常時商品を買うことで、商品を安くしてくれる可能性がある、ということです。

実際に評価取りためだけに買っていたものを私は安くした経験があります。

もちろん随時交渉はしていましたが、単価が下がるとは思っていませんでした。

だけど単価が下がったのです。

もともとバンバン売れるものだったので、この商品は私の売れすじ商品に今は変化しています。

注意点としては、単価が下がらないこともあることです。

ここはまず評価と海外送料を安くするためだけの商品だ、と割り切った上で交渉してもらいたいです。

2点目は利益ギリギリのところで商品を販売することで、ライバルがいなくなる可能性がある、ということです。

利益率の悪い商品を扱おうとは誰も思いません。

そういった思いがあるため、利益ギリギリのところで商品を売っているとライバルがいなくなっていた・・というケースが存在します。

ライバルがいなくなれば価格を上げればいいので、こっちのものですよね!

もともと評価を取るためだけ、と割り切った商品なので次にライバルが現れても同じことを繰り返せばいいだけです。

気持ち的にはライバルがまた現れても楽かと思います。

以上、Amazon評価に対する私の見解と3つのメリットです。

今日お話したことはあくまで私の考えです。

賛否両論あると知っていて敢えて書かせて頂きました。

個々の販売に対する考え、資金量の問題もあるので、当てはまらない方もいると思いますが、もしよければこんな考えもあるのだと思ってもらえたら嬉しいです。

引き続きよろしくお願いいたします!




メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です