稼ぐためのちょっとしたコツ

こんばんは、中村裕紀です。
 

今日は自分が過去に扱っていた商品を見返していました。

価格競争に陥って利益なしか赤字で売ったようなものです。

すると今の段階であれば稼げるような商品がいくつも見つかりました!
 
 

私の場合は上記のような作業を定期的に行っているのですが、もし行っていない方は絶対に行った方がいいです。
 
 
 

もう長いことAmazonで商品を売っていますが
一度販売価格が下がりきった商品は、必ずまた利益が出る元の販売価格に戻ります。
 
 

簡単に言うと
 
 

販売価格が下がる

販売価格が上がる

販売価格が下がる

販売価格が上がる
 
 

の繰り返しです。
 
 

この説明を聞くと
ならどうせまた価格が下がるから買わない方がいいや
と思われるかもしれませんが、それは違います。
 
 

そもそもAmazonで商品を販売するということは
こういった販売価格の上下を見極めながら利益を出す
ということだと考えています。

私でも赤字の商品はもちろんあるので
トータルの利益を見ていくら稼げたか?
ということが大切なのだと思います。
 
 
 

ここで伝えたいのは
一旦販売価格がぎりぎりのところまで下がった商品は
「誰も買おうと思わない」
ということです。

もしかすると販売価格が元に戻り
またライバルが増え、販売価格が下がる
ということも考えられますが
私の経験上、販売価格が下がるスピードは以前下がった時より遅いです。

それは前述の通り
一度赤字になった商品や利益が出ない商品は扱いたいと思わない
ライバルが参入しずらい傾向にあるからです。
 
 
 

商品によっては販売価格がまた下がらず
利益が出る価格でずっと維持できるものもあります。

そういった商品がいくつもあるとおいしい思いができます。
 
 
 

独占販売権を取ったり
自社でブランド商品を作ったりなどして販売する以外

Amazonで商品を売っている以上は
販売価格が下がることを見越して商品を売るべきです。

仕入れる段階でそういった仕入表を考え作成すべきです。
 
 

メーカーから直接買っていて
自分が最安値だとわかっている商品でも赤字になったりすることもあります。。
(その場合ライバルは皆んな赤字で売っているということですが・・・)
 
 
 

赤字というと悪いイメージがありますが
赤字になることを恐れ行動できないことはもっと怖いことです。
 
 

難しいことを言っていますが
トータルの利益で考える
ということも意識してもらえたらなと思います。

そういった思考になれば
一度赤字になった嫌な思い出がある商品も仕入れることができます。
 
 

ぜひ以前の仕入表やリストを見返してみてください。

きっと儲かる商品が眠っているはずです。
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP