海外メーカーの送料について

こんばんは、中村裕紀です。

 
昨日コンサル生の方より

——————————-
見積りまではスムーズに行くのですが、
度々送料が高くて、注文できずに終わります。

注文数を増やしても送料が高くて、
利益が出ないケースが以外に多いです。

大体1キロ1000〜3000円くらいです。

結構みんなこういう感じなんでしょうか?
———————————

 
海外メーカーなので
海外送料はネックになる一つですよね。

 
この場合は
このコンサル生の仕入れようとしていた
総重量は軽いものが多かったので
合計4キロという形でした。

(仕入表を提出してもらい判断)

そうなると
容積の兼合いもありますが
重量が重くなるほど送料は安くなるので

この4キロだと
1キロあたりの送料が
割高になるケースはあると思います。

 
1キロ1000〜3000円
あってもおかしくはありません。

ちょっと3000円だと高い気がしますが。

 
 
こういった場合は
初回の仕入れはテスト販売用だと思い
2回目の仕入れで今より量を多く買うことを見越し

利益トントンか
ちょい赤字でも販売して
実績値を図り
2回目の仕入れで利益を出すか

 
もしくはその国の代行会社に
荷物を集めて発送するか

 
それか2回目の仕入れも
重量を積めないから
諦めて次のメーカーに行くか

 
などなどの方法が考えられます。

(他にも方法はありますが、量がないと試せないので、ここでは控えます)

 
うーん軽い商品をたくさん扱っていて
そこまで量を買えないメーカーだと
ここの判断は難しいですね、、

初回の仕入れは
基本的には少量仕入れを推奨しているので
2回目の仕入量がポイントだと考えています。

 
あとはそのメーカーに対して
どこまで深く動くか、ですね。

代行会社だと
月額費用を取られるケースもあるので
そこまで動く必要はないかもしれません。

そして
やはり日本へ直送で
利益の出るメーカーが一番楽ではあります。

 
 
海外送料に関しては
アメリカだと量を積めば
航空で1キロ400円台

船便だとその半分

中国だと量を積めば
航空で1キロ200円台

船便だとその半分

ぐらいの金額は出せます。

 
私は今回
船便の混載で中国から
1キロ100円ほどで
荷物を輸送したので
大体この計算は合ってるかと。

 
海外送料は
利益を出すためにネックになる
一つだと思います。

 
 
もしよければご参考ください!
 
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。
 

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

今日は倉庫に午後から行ってきました!

もっとうまく回るように
対応しなければ、、と少し焦っている感じです。。

考えていい方法見つけます!!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP