ホームセンターせどりが全然儲からない7つの理由を詳細解説

ホームセンターせどり
ホームセンターせどりはどうやればいいの? 儲かるの?

ホームセンターは、だいたいは近所にあり、しかも多くの商品を扱っていますし、店舗せどりの仕入れ先として興味を持っている方も多いでしょう。

実際に、ホームセンターせどりは、店舗せどりのなかでも取り組みやすい手法の1つです。

その割には、ホームセンターせどりで儲かったという話を全然聞きません。

少なくとも、EC STARs Labではまったく聞いたことがないです。

そこで、今回はホームセンターせどりが全然儲からない理由について解説します。

ホームセンターせどりに興味のある方は最後までご覧ください。

 

amazonメーカー仕入れ

最低限知っておきたいホームセンターせどり3つの基礎知識

ホームセンターせどりの基礎知識
ホームセンターせどりは、どんな商品をどこで仕入れて、どこで販売すればいいの?

まずは、ホームセンターせどりで最低限知っておきたい基礎知識について解説します。

ホームセンターせどりで主に扱う商品

ホームセンターせどりで、主に扱う商品はだいたい次の通りです。

ホームセンターせどりで主に扱う商品
  • 日用品
  • キッチン関連商品
  • 家電
  • アウトドア関連商品
  • DIY・工具
  • 農機具
  • 清掃用品
  • カー用品
  • ペット関連商品
  • 文房具

このように、ホームセンターは扱っている商品が多岐に渡るため、最初はどんな商品を仕入れたらいいか迷うかもしれません。

ただ、ホームセンターせどりで一般的によく言われているノウハウとしては、あまりジャンルを絞らず、次のような商品を狙うと良いと言われています。

  • 廃盤商品
  • 店舗ごとの値札の特徴をつかんで商品を選ぶ
  • ワゴンセールの商品
  • プライベートブランドはせどり対象外(知的財産権侵害の可能性が高い)
  • 季節終わりの商品は利益率が高くなる

また、より利益率を高くするには、次のような対策も有効と言われています。

  • ポイント制度を活用する
  • 公式アプリを活用してクーポンをゲットする
  • 軽トラを無料で借りて大量仕入れする

これだけ聞くと、ホームセンターせどりは結構儲かる商品が見つかるように思えますが、実際にリサーチしてみると利益が出ないことがほとんどです。

また、セール期間などはライバルが集中しやすく、販売してもなかなか売れず、価格競争に陥ることがあるので注意してください。

ホームセンターせどりの主な仕入れ先

ホームセンターせどりの主な仕入れ先については、だいたい次の通りで、かなり身近に存在します。

ホームセンターせどりの主な仕入れ先
  • ナフコ
  • コメリ
  • カインズ
  • コーナン
  • ジョイフル本田
  • その他地方ローカルのホームセンター

他にもありますが、後述するように転売目的の仕入れを禁止している店舗も多数あるので注意してください。

ホームセンターせどりの主な販路

ホームセンターせどりの主な販路は、他のせどりと同様に、amazonかメルカリ、ヤフオクあたりが中心となります。

ただし、amazonの場合は未使用/未開封の商品であっても新品として販売できない点に注意してください。

詳しいことは後述していますが、最悪amazonアカウント閉鎖に至ります。

ホームセンターせどりが全然儲からない7つの理由

ホームセンターせどりは儲からない

冒頭でもお伝えしたとおり、ホームセンターせどりで儲けたという話は全然聞いたことありません。

店舗せどりでも比較的メジャーな手法なので、意外なように思いますが、EC STARs Labのメンバーに聞いてみても

M氏
全然儲からないです。
Y氏
私は未経験ですが儲かる気がしないです。

という答えしか返ってきません。

なぜ、ホームセンターせどりが全然儲からないか解説します。

店舗せどり禁止の店舗が増えている

店舗せどりを禁止する実店舗が増えていますが、ホームセンターせどりも有名ではありません。

特に、ホームセンターせどりの仕入れ先としてよく紹介される以下のホームセンターは全面的にせどり、転売目的の購入を禁止しているので注意してください。

主な店舗せどり禁止のホームセンター
  • DCM
  • 島忠ホームズ
  • ハンズ(旧東急ハンズ)

【DCM】

DCM利用規約より抜粋

【島忠ホームズ】

シマホネットご利用規約より抜粋

【ハンズ(旧東急ハンズ)】

ハンズネットストアご利用ガイドより抜粋

上記の利用規約は、すべてオンラインストアの転売禁止ですが、実店舗でも同様と考えていいでしょう。

また、利用規約や約款で転売禁止を定めていないホームセンターでも、店舗によってはせどり目的の購入を禁止しているので注意しましょう。

今後、店舗せどりを禁止する店舗は増えていくと思われるので、ホームセンターせどりの市場もどんどん小さくなると推測されます。

amazonでは新品出品できない

これはホームセンターせどりに限った話ではないですが、基本的にせどり/転売の商品はamazonで新品の出品ができません。

例え未使用/未開封の商品であっても、中古として取り扱われます。

以下の商品は、Amazonで「新品」として出品することはできません。

  • 個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品。
  • メーカー保証がある場合、購入者がメーカーの正規販売代理店から販売された商品と同等の保証(保証期間など)を得られない商品(たとえば、メーカー保証がある場合に、すでにメーカーが定める保証期間が始まっている、または保証期限が切れている商品など)。
  • プロモーション品、プライズ品、おまけに関しては、出品自体は許可されていますが、「新品」としては出品できません。出品する場合は、コンディションガイドラインに沿って中古品として該当するコンディションで出品してください。
  • Amazon.co.jp限定商品としてAmazonによって販売されている商品(Amazonが特別に承認している場合を除く)。

amazonコンディションガイドラインより抜粋

ホームセンターで仕入れた商品についても、すでにメーカーが定める保証期間は始まっているので、新品として出品することはできません。

amazonコンディションガイドラインより抜粋

中古として販売する際は上記の表を参考にしてコンディションを選択するようにしてください。

値札チェック、ワゴンセールなどのノウハウはすでに古い

ホームセンターせどりのノウハウでは、決まって値札チェックやワゴンセール商品を狙うといったことが言われています。

少なくともここ10年以上前から言われているノウハウですが、今では通用しないノウハウといっていいでしょう。

というのも、各ホームセンターもせどりや転売に関する情報をチェックしており、特にamazonなどの販売価格をチェックして価格差が出ないようにしています。

つまり、一生懸命値札チェックしたりワゴン品を探したりしても利益の出る商品が見つかりづらくなっています。

もちろん、なかには利益の出る商品は見つかることもあるでしょうが、かなり今では効率の悪い方法と言えます。

セールの時期はライバルが集中する

ホームセンターでも、決算セールなどのセール期間が存在します。

ただ、セール期間はどの地域でもだいたい一緒なので、全国のライバルが殺到してamazonやメルカリで出品することになります。

結果、自分が出品した商品がなかなか売れずに値下げして売り切らないといけなくなり、利益が出ません。

参入障壁が低いのでライバルが群がりやすく、セールの時期を狙って仕入れるというノウハウはだんだん通用しなくなっています。

大型商品は利益の出ない商品が多い

ホームセンターには、手頃な商品だけでなく、重量のある大型商品も販売されています。

DIYや業務用の機械、大型の家具などが当てはまります。

しかし、このような商品は持ち帰ることが大変ですし、送料、amazon関係の手数料が高額になるので、意外と利益が出ません。

また、高価な大型商品を狙うせどり初心者は結構多いのですが、需要が絞られるので回転率が悪く、初心者にはおすすめできません。

高額な大型商品を扱う際は、送料などを考慮して利益率を十分確認することはもちろんですが、資金繰りについても十分管理しておくようにしましょう。

常にリサーチを繰り返さないといけない

ホームセンターせどりは、徐々に利益の出る商品が見つからなくなっていますが、仮に利益の出る商品が見つかったとしても1回限りです。

店舗せどりは基本的に1点モノの仕入れで、安定的に同じ商品を同じ仕入れ値で仕入れることができません。

そのため、常にリサーチを繰り返さないといけないリサーチ地獄に陥ることになります。

しかも、転売規制などで市場がどんどん小さくなっているため、利益の出る商品を見つけるまで時間がかかるようになっています。

amazon転売・せどりを続けると潰れる理由。メーカー仕入れで転売から卒業し、安定収入を得る方法

化粧箱や外観の傷や汚れのある商品が多い

ホームセンターに陳列されている商品には、化粧箱がボロボロだったり、外観に傷や汚れがあったりする商品が少なくありません。

商品の使用には問題なくても、外観の些細な傷や汚れもお客様のクレームの元になります。

そのため、amazonやメルカリで出品する際は検品を十分に行って、商品の状態を正直に伝えるようにしましょう。

また、商品の状態によっては販売価格を下げないといけなくなることもあり、結果利益が出ないことがあるので仕入れには慎重になってください。

ホームセンターせどりをするならメーカー仕入れが断然おすすめ

以上、ホームセンターせどりについてお伝えしてきましたが、参入障壁の低さからライバルが多いことと、意外と転売規制が進んでいるためおすすめできません。

正直、必死になってホームセンターで儲かる商品を探すくらいなら、販売先のメーカーに直接取引の交渉をして商品を仕入れた方が効率的です。

小売店などではなく、メーカーから直接商品を仕入れる物販をメーカー仕入れと言います。

メーカー仕入れであれば、1度儲かる商品が見つかったら、あとはメーカーからリピート仕入れするだけなので、商品を探し回る必要がありません。

また、メーカーと交渉してライバルが増えることを防ぐことができるので、安定的に利益の出る販売価格で商品が売れ続けます。

そのため、リサーチ時間を減らしながら利益を積み上げることができる理想の状態を作ることができます。

それに、せどりと違って扱う商品がメーカー保証の聞いた新品なので、amazonで新品として出品できます。

品質不良や知的財産権侵害のリスクもないので、amazonアカウント閉鎖リスクがありません。

以上のことから、ホームセンターせどりよりメーカー仕入れの方がおすすめです。

EC STARs Labのメンバーはほぼ全員、副業の個人事業主から始めて成果を出しているので、いきなり会社を辞める必要はないのでご安心ください。

興味のある方は、以下の記事をご覧ください。

【2023年版】メーカー仕入れで個人が月利50万を達成できる超具体的7ステップ

最後に

以上、ホームセンターせどりが儲からない理由について解説しました。

多くの方はホームセンターが近所にたくさんあるでしょうから比較的実践しやすいでしょう。

しかし、利益の出る商品を探すことが難しく、場合によっては転売禁止の店舗もあります。

何と言っても、安定的に稼ぎ続けるには、リサーチを続けなくてはならず、いくらホームセンターが好きな人でも心が折れるでしょう。

本格的に稼いで将来的に会社を辞めて独立したいということであれば、メーカー仕入れをおすすめします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

EC STARs Lab.代表の中村が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ


国内メーカー仕入れに特化したセミナーはコチラから↓↓

 

弊社が出版した書籍一覧はコチラから↓↓

 

シェアしていただけると光栄です!!

ABOUT US

アバター画像
石井裕
1979年新潟県出身、東北大学大学院工学研究科修士課程卒。
原子力技術者として13年勤務。

趣味で書き始めたブログから収入を得られたことをきっかけに、密かに夢に抱いていたライターとして起業。
マニアックな好奇心と探究心から生まれる徹底した取材で、商品・サービスの隠れた魅力を言語化することを武器としている。

特に物販事業について専門的な知識を有しており、2018年より、EC STARs Labのコンテンツ制作および活動に深く関わっている。

県境をまたぐマニアックな趣味を持ち、2009年『県境マニア』を出版。
以降TBSの「ゴロウ・デラックス」「マツコの知らない世界」、テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ!」などメディア出演多数。