FBAにチョコを納品する方法と注意点、稼ぐためのポイントを解説

FBA チョコ

こんにちは、amazon物販コミュニティ「EC STARs Lab」の石井です。

FBAでチョコを納品したいけど、どうしたらいいのか?

amazon物販でチョコは実際に稼げるのか?

amazon物販をやっている方のなかには、食品を仕入れている方もいるでしょう。

食品自体は要期限管理商品にあたるため、納品方法や梱包要件は注意する必要がありますが、そのなかでもチョコは独自のルールがあります。

そのため、「面倒くさそう」と敬遠する人も多いですが、それだけにライバルが比較的少なく、しかも結構利益が出ます。

また、チョコというと、バレンタインなど季節的な商品と思われがちですが、実は年中安定して利益が出たケースもあります。

そこで、「EC STARs Lab」のメンバーの体験談も紹介しながら、FBAにチョコを納品する方法と、稼ぐためのポイントを解説します。

チョコなど夏季制限品のFBA納品要件

amazon FBAの夏季制限品

夏季制限品とは、簡単に言えば常温管理できるが、温度の影響を受けやすい製品のことを言います。

代表的な商品がチョコレートやチョコレート菓子で、アイスクリームや冷凍食品、冷凍マグロのような冷凍を前提とした商品は除外します。

チョコのような夏季制限品は、常温管理ながら温度の影響を受けやすいので、納品要件や納品先FC(フルフィルメントセンター)が夏季・冬季で変わります。

夏季冬季
時期5~9月頃10~翌4月頃
取扱可能サイズ小型/標準サイズのみ小型/標準、大型、特大型サイズ
輸送箱の要件冷蔵配送要期限管理商品と同様
納品先FC柏FC、住之江FCのみ
  • 小型、標準サイズ: 川崎FC、川崎FC、京田辺FC、市川FC、流山FC、川口FC、坂戸FC、上尾FC
  • 大型サイズ: 川島FC、大東FC、八千代FC、鳥栖FC
  • 特大サイズ: 柏FC、東灘FC、門真FC、立川FC、平塚FC

以下、詳しく解説します。

冬季は全サイズ対応、夏季は小型/標準サイズのみ

上の表をご覧の通り、チョコのFBA納品可能サイズについては、冬季はあらゆるサイズを扱えることに対して、夏季は小型/標準サイズのみになります。

なかなか大型や特大型のチョコを仕入れる機会はないとは思いますが、サイズの大きい商品は念のため確認しておきましょう。

夏季は必ず冷蔵配送とする

チョコのFBA納品の輸送箱の要件は、冬季は要期限管理商品と同様でOKですが、夏季は必ず冷蔵配送としなくてはいけません。

夏季の常温配送は受領不備とされてしまいます。

そのうえ、輸送中にチョコが溶けてしまうようなことがあっても、amazonの補償対象外とされてしまいます。

そのため、FBAパートナーキャリアを利用することができない点は注意してください。

20℃未満の温度管理が必要な商品はFBA納品不可

チョコのなかで、夏季・冬季ともに20℃未満の冷蔵管理が必要な商品は、FBAで出品できません。

夏季は冷蔵配送となり、FC内でも20℃に保たれますが、それでも20℃未満の冷蔵管理を必須としたチョコはFBA納品できない点は注意しましょう。

なお、保管温度の記載があったり、「常温で保管してください」と記載されたりしたチョコでも、20℃以上であればFBA納品はできます。

大型商品は冬季⇒夏季の切替え時に返送されてしまう

大型、特大型サイズのチョコは夏季のFBA納品ができませんので、冬季⇒夏季の切替え時に返送/所有権の放棄の処理が必要になってしまいます。

3~4月に大型のチョコがある場合は特に注意が必要でしょう。

チョコのFBA申請について

チョコレートなど夏季制限品については、FBA納品前に事前の申請が必要となります。

ただし、なかには納品の申請が不要なチョコレートもあります。

チョコのFBA納品前申請方法

チョコのFBA納品前申請方法については、指定の申請フォームがあるので、必要情報を記入して申請してください。

夏季制限品のFBA納品前申請フォーム

記入が必要な情報は以下の通りです。

夏季制限品のFBA納品で必要な情報
  • 出品者トークン
  • amazonでの店舗の正式名称
  • 納品申請するASINと商品名をすべて記入

出品者トークンや店舗の正式名称は、ご自身のamazonセラーセントラルのページから以下の手順で確認することが可能です。

①セラーセントラルの画面で右上の設定のアイコンから「出品者アカウント情報」をクリック

②amazonでの店舗情報を確認できる

③出品者トークンは「あなたの出品者トークン」をクリックする

④出品者トークンが表示されるので、コピペして記入する

出品するチョコのASINと商品名については、上記の「チョコレートASIN事前申請リクエストフォーム」をダウンロードして、記入後にアップロードしてください。

申請不要のチョコ

なかには、FBA納品前申請が不要なチョコもあります。

具体的には、申請フォームの上記の内部リンクをクリックすると確認できます。

Excelを開いて「Ctrl +F」を使うなどして該当するチョコを探すといいでしょう。

もしくは、通常通りにFBAの納品プランを作成した際に納品プランが作成できないようであれば、事前申請する手順にしてもいいでしょう。

納品申請不要のチョコであれば、何もエラーが出ることなく納品プランを作成できます。

申請受理までにかかる期間

チョコのFBA納品前申請をしてから、申請受理されるまでは、5日程度かかり、申請が受理されればメールで通知があります。

ただし年末年始の場合は、もっと時間がかかることもあります。

また、夏季⇔冬季の切替えに伴う在庫移動のタイミングでも、多少申請受理まで時間がかかることがあります。

【補足】賞味期限から60日以下のチョコでも申請して出品可能

チョコも食品であるため、他の要期限管理商品と同様に60日以上の賞味期限があることが求められています。

しかし、以下の「短賞味期限商品 事前申請リクエストフォーム」で申請して受理されれば、60日以下(30日以上)でもFBA納品することができます。

短賞味期限商品 事前申請リクエストフォーム

チョコをFBAに納品する方法

チョコのFBA納品

チョコのFBA納品方法については、要期限管理商品と同様になります。

ただし、夏季は冷蔵配送が必要となり、FBAパートナーキャリアが利用できない点は注意しましょう。

要期限管理商品の詳細については、以下の記事をご覧ください。

【超具体的】FBAで賞味期限付商品を取り扱う方法を徹底解説

また、チョコはセット品で納品する機会もあるかと思いますが、セット品のFBA納品については、以下の記事をご覧ください。

セット商品をFBA納品する際の梱包方法を詳細解説

amazonでチョコをFBA販売する4つのメリット

チョコのamazon FBA販売のメリット

このように、amazonでチョコを販売するには、独特のFBA納品ルールがあることが理解できたかと思います。

ただ、一度FBA納品を経験してしまえば、そんなに難しい話ではありません。

また、チョコのamazon物販には次のようなメリットがあります。

価格が安定しやすい

チョコは比較的他の商品に比べて価格が安定しやすいです。

これは、後述するように食品という性質上、回転が早いということも要因としてあります。

食品なので回転が早い

食品全般に言えることではありますが、チョコも回転がかなり速く、在庫を比較的さばくことができます。

ただ、逆に言えば在庫の管理には注意が必要で、在庫切れを起こさないようにリピート仕入れを忘れないようにしましょう。

リピートされやすい

チョコは、比較的売れ筋の商品が決まっているところがあり、リピートされやすい特徴があります。

安定的に仕入れができれば、継続的に売れやすいジャンルの1つです。

売れるイベントが多い

主に冬季(10~翌4月)にかけて、チョコが売れやすいイベントが多数あります。

チョコが売れやすい時期
  • ハロウィン
  • クリスマス
  • バレンタインデー
  • ホワイトデー

ただ、この時期はライバル出品者数も増えてくるので、商品によっては販売価格が下がることもある点は注意してください。

後述するように、上記のシーズン外でも安定した販売価格で売れ続けることもあります。

amazonチョコ販売で稼ぐ3つのポイント

チョコのamazon物販で稼ぐポイント

以上のことを踏まえて、amazonのチョコ販売で稼ぐポイントをお伝えします。

送料に注意してFBA納品する

チョコは、特に夏季は冷蔵配送が必須で、送料の安いFBAパートナーキャリアが利用できません。

そのため、送料に注意して、利益計算をしっかり行って利益が出ることを確認してFBA納品するようにしましょう。

イベントの時期以外も販売してみる

チョコというと、クリスマスやバレンタインなどのイベントの時期がチャンスと思われがちです。

たしかに需要は多いのですが、その分、出品者も増える傾向にあるので、12~2月は特に販売価格が下がりやすくなります。

例えば、とあるチョコを販売していたMさんは、最初はクリスマスやバレンタインの時期を狙って12~2月にチョコを多く出品していました。

この時期は需要があるので安定した販売価格で売れるだろうと見込んでいたのですが、案外そうでもなく、少し販売価格が下がってしまったそうです。

しかし、シーズンが過ぎた3月以降は、出品者が減少して元の販売価格で、イベント期ほどでないにしてもそれなりに安定的にチョコが売れたとのことです。

チョコにもよりますが、amazon物販ではこのような現象は比較的よく見られます。

そのため、長期的に売れ行きの推移を確認して、イベントのシーズン以外でも出品してみると、意外と売れるといったことも十分あり得ます。

固定概念にとらわれず、売れ行きをしっかり確認することで、チャンスを逃さないようにしましょう。

通年で安定的に需要のあるチョコであれば、安定した月利が期待できます。

安定した仕入れ先を見つける

チョコは在庫の回転が速いというメリットがある一方で、安定した仕入れ先を見つけないといけません。

チョコレートせどりをしている方も多いのですが、せどりの場合は安定した仕入れ先を見つけることが難しくなります。

せっかくテンポ良く売れているのに、仕入れができないのはもったいないです。

そのため、小売店からの仕入れだけでなく、チョコを製造・販売しているメーカーから仕入れることも検討しましょう。

メーカー仕入れの詳しいことは、拙著「amazon国内メーカー直取引完全ガイド」をご覧ください。

チョコをFBA納品する際の7つの注意点

チョコのFBA納品7つの注意点

これまでのことを踏まえて、最後にチョコをFBA納品する際の注意点をまとめます。

チョコは安定的なamazon物販が可能ですが、以下の点は注意してください。

大型チョコをFBA納品できる期間が冬季のみ

大型、特大型サイズのチョコについては、FBA納品できる期間が冬季のみという点に注意してください。

先ほどもお伝えしたように、チョコは狙い目が冬季だけとは限りません。

夏季も販売しようと考えた際は、サイズを一応確認するようにしましょう。

チョコではなくチョコレート菓子も夏季制限がある

夏季制限品の対象は、チョコだけではなく、チョコを含んだチョコレート菓子も含まれます。

チョコレート製品全般で、FBA納品前の申請が必要ないか確認するようにしましょう。

冷凍・冷蔵保存が必要なチョコはFBA納品できない

チョコのなかには、常温管理ではなく、冷凍・冷蔵保存が必要な商品もあります。

冷凍・冷蔵が必要なチョコはFBA納品できないので注意してください。

どうしても出品したい場合は、溶けることがないように注意しながら自社出荷することとなります。

チョコは利用できないFBA機能がある

夏季制限品については、以下のFBA機能が利用できないので注意してください。

夏季制限品については、以下のFBA機能とサービスを利用できません。

  • マルチチャネルサービス
  • 商品ラベル貼付サービス
  • FBA梱包サービス
  • 購入者向けのプライムロゴの表示
  • 賞味/消費期限在庫レポート
  • FBA小型軽量商品プログラム: FBA小型軽量商品プログラムに登録されている商品は、システムの制限により出荷されません。夏季制限品の対象となるには、FBA小型軽量商品プログラムから商品を削除してください。

※amazonセラーセントラル「夏季制限品」より抜粋

人によっては、特にマルチチャネルサービスや小型軽量商品プログラムが利用できないところは痛いかもしれません。

夏季はFBAパートナーキャリアが利用できない

チョコは夏季の冷蔵配送必須の観点から、FBAパートナーキャリアが利用できません。

そのため、夏季は送料には注意してFBA納品するようにしましょう。

自分で消費税の軽減税率の設定をしなければいけない

チョコも食品であるため、8%の消費税の軽減税率が適用されます。

しかし、amazonでは軽減税率の設定を自分でしないといけません。

1ASINごとの作業となるので、少し面倒ですが忘れずに行うようにしてください。

お客様からクレームになることがあります。

メーカーやamazon本体の出品がないことを確認する

チョコに限った話ではないですが、チョコもメーカー自身が出品していたり、amazon本体の出品があったりする商品が多数あります。

まず、メーカー自身が出品している場合は、メーカー以外の出品者が販売できるかを確認してください。

メーカー自身が出品している場合、出品者を規制している可能性があるためです。

もし、amazonの出品者数を確認して、メーカーしか出品していない商品の場合、出品者を規制している可能性が高くなります。

その場合、メーカーに出品許可を得ずにamazon販売してしまうと、商標権/知的財産権の侵害を指摘されてしまう可能性があります。

もし、そうなればamazonアカウント閉鎖のリスクが高くなります。

万が一、メーカーから指摘された場合は、誠実に謝罪するとともに速やかに出品を取り下げてください。

対応が遅れた場合は、真贋調査の対象とされてしまうことがあります。

【これで安心】amazon真贋調査を確実にクリアする手順と防止策を詳細解説

小売店からの仕入れではなく、メーカーから直接仕入れている場合は、当然この心配はありません。

また、amazon本体が出品しているチョコも仕入れを避けた方がいいでしょう。

amazon本体が出品している状態で出品しても、カートボックスが取れずに商品が売れなくなってしまうためです。

チョコではこのケースは比較的多いので注意してください。

最後に

以上、チョコのamazon FBA納品について解説しました。

チョコは夏季制限品の対象となるため、納品ルールが独特で最初は戸惑うかもしれません。

しかし、チョコは回転が速く、案外イベントシーズン外でも安定した需要が見込める商品もあります。

扱う商品の幅を増やして月利を上げたいという方は、ぜひ取り組んでみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

EC STARs Lab.代表の中村が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ


国内メーカー仕入れに特化したセミナーはコチラから↓↓

 

弊社が出版した書籍一覧はコチラから↓↓

 

シェアしていただけると光栄です!!

ABOUT US

アバター画像
石井裕
1979年新潟県出身、東北大学大学院工学研究科修士課程卒。
原子力技術者として13年勤務。

趣味で書き始めたブログから収入を得られたことをきっかけに、密かに夢に抱いていたライターとして起業。
マニアックな好奇心と探究心から生まれる徹底した取材で、商品・サービスの隠れた魅力を言語化することを武器としている。

特に物販事業について専門的な知識を有しており、2018年より、EC STARs Labのコンテンツ制作および活動に深く関わっている。

県境をまたぐマニアックな趣味を持ち、2009年『県境マニア』を出版。
以降TBSの「ゴロウ・デラックス」「マツコの知らない世界」、テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ!」などメディア出演多数。
error: Content is protected !!