メーカー取引で誰もが悩む、Amazon販売不可のメーカーを不可じゃなくする方法

お休み中失礼いたします、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

オンラインセミナー&個別コンサルの相談会説明会の募集を11/27~12/3の期間に行わせて頂きます。

オンラインセミナーを受けたからと言って、強くコンサルを押したりしないので、そこはご安心ください。

もしコンサルに興味がある方は、この機会にご検討ください^^

 

オンラインセミナーの内容は下記です。

—————————————-
・Amazonビジネスで稼ぐための基礎
・成功するための4つのポイント
・なぜ今メーカー取引なのか?
・単純転売でも現状稼げる?!
・メーカー取引のメリット・デメリットは?
・デメリットを解消するために必要なこと
・あなたが今狙うべきメーカーはこんなメーカー
・なぜ今このようなメーカーを狙うべきなのか?

・正しくリサーチするために必要なこと
・正しいリサーチを促すリサーチ表の活用事例
・メーカーにメールを送るまでの流れ
・仕入れ判断基準に用いるツールと視点
・最新の参考英文配布!
・メーカーにメールを送るまでの3つのポイント
・メーカーを扱う出品者は財産であること
・リサーチをせずにリピート仕入れだけで稼ぐコツ
・国内メーカー・海外メーカーについて思うこと
————————————————

セミナー参加者の声
(まとめきれていないので、一部です)

【セミナー参加者の声その1】

【セミナー参加者の声その2】

 

さて本日は、メーカー取引で誰もが悩む、Amazon販売不可のメーカーを不可じゃなくする方法のお話です。

まずメーカーさんの悩みを考え、理解することが大事

メーカー取引を有利に進めるためには・・・
メーカーさんと深く繋がるためには・・・

現状メーカーさんが困っていることを考え、それを理解し、解決策を教えてあげることが大切です。

海外、国内のメーカーさんは、アマゾンのプラットフォームや、オンライン販売の何に困っているか?

考えたことはありますか?

これを考えることで、一方的ではなくなるので、交渉や取引自体がうまくいく確率がアップします。

海外、国内メーカーさんが困っていることは?

私はメーカーさんが困っていることは、このような点なんじゃないかなー、と考えています。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・オンラインでの希望小売価格の大幅な価格破壊

・知らない人が自分の商品を販売していること
(卸業と偽って交渉する輩がいること、オンラインの顧客管理方法が分からない)

・そもそもオンラインの知識がない

・アマゾンのプラットフォームの知識もない

・どうしてあんなに価格が一律に下がるのか・・・分からない
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これの解決策を丁寧に教えてあげれば、あなたとメーカーさんの距離がグッと縮まります。

amazon販売の専門家としてメーカー側にアドバイスを

オンラインの顧客管理方法とかなると、少し難しいところもありますが。

アマゾンのプラットフォームの説明や、なんであーいった価格破壊が起こるのかの原因や、どうしてあんなに価格が一律に下がるのか、などはメーカーさんに伝えることはできますよね^^

価格が一律に下がるのは、私たちには有難いツールですが、メーカーさんにとってはちょっと怖い、、そんなツールが原因だったりするわけですww

そういう情報も、例えばモノゾンやモノレートなどの情報も、メーカーさんは一切知りません。

私たちにとって普通のことが、普通ではないことだって、全然あり得ます。

何も知らないから怖いんですね、、

特にAmazon販売はメーカーさんにとって脅威です。。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

何も知らないから怖いのを、怖い原因を教えてください、こうやってやれば大丈夫ですよ、任せてください^^

って一言いったら、どうなると思いますか?

あ、じゃあ中村さんに任せてみようかな・・・と思うメーカーも実際あるわけです。

これ大事なポイントです!!

以上、Amazon販売不可のメーカーを不可じゃなくする方法を少しだけ話してみました(笑)

本日の記事が少しでもあなたの参考になれば幸いです。







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です