メーカーではなく卸から買っている人は気を付けてください

こんばんは、中村裕紀です。

直接メーカーから
商品を買っているわけではなく
卸業者を通して商品を
買っている人は気を付けてください。

実は本日
コンサル生のTさんより
下記のチャットが来ました!

質問

—————————–
お世話になっております。

いよいよ私にも来てしまいました。
Amazonから「商標権を侵害している」との連絡がありました。

先日、卸業者からAmazon販売への卸は止めるとのメールが来ていた商品です。
今後は仕入れはできないとの認識のみで、在庫はそのままにしていました。

商品は削除しました。あとAmazonに謝罪メールを入れようと思います。
メーカーに申し立ての取り下げをお願いする必要はないですよね?
何か注意すべきことがあれば教えてください。

よろしくお願いいたします。
—————————–

私の回答

—————————–
了解です!

卸業者に連絡して事情を説明して
メーカー側からamazonに取下げ申請をしてもらった方がいいと思います。

だって正しいものを売っているわけだし
これは厳密に言えばメーカーが法律違反です。

卸業者から頂いた請求書もあると思うので
それや商標権侵害のメールに記載してある
諸々の情報をアマゾンにも提出して様子をみましょう、謝る必要ないです。

場合によっては
それらの資料で解決可能です。

最近こういうの増えているみたいですね、、

卸業者から買う場合は
卸の方にメーカーにAmazon販売OKか
しっかり確認してもらった方がいいですね。。
—————————–

私のコンサル生には
Amazonで商品を販売することを
正直に伝えてもらっています。

なので今回は
理由は色々あるにせよ、
商品をTさんが買った時点では

「卸業者はAmazon販売OK」
ということだったと思うので

卸業者を通じてメーカー側に
商標権侵害の取り下げ申請をしてもらうのが
ベストだと考えました。

ただ卸業者って
メーカー側にAmazon販売OKかの有無を
イチイチ確認しないところもあるんですね、、

そこが卸業者から商品を買う際の注意点です。。

とはいえ
そのメーカーの正しい商品を販売しているので
メーカー側が商標権侵害の訴えを起こすなんてあり得ない話です。

裁判とかになったら
メーカー側が負けるのではないでしょうか。

でもでも
こんな汚いやり方が
現状まかり通ってるのがAmazonです。

法律的なところは
私たちは関与しないので
お互いで話し合って解決してください、的なスタンス。。

しっかりちゃんとお互いのことを調べてほしい、、

価格を下げているセラーや
自分のところで管理していないような知らないセラーを
メーカー側が商標権侵害の訴えで排除するやり方が、これからも広まりそうですね。。

多分誰かが教えているのでしょうが
これを教えている人がいるとすれば
この方法は間違っていると思います。

あなたもいずれヤバいですよ、、

メーカー側が
オンラインの顧客管理をしっかりしないから
こういう状況になっているのに

困ったらAmazonに商標権の侵害で訴える

どう考えてもおかしな話ですよね。。

私のコンサル生には最低でも
こういった卑怯な方法でなく
法律に違反しない正しいやり方で
オンラインの顧客管理方法を
メーカー側に提示してもらえたらと思いました。

というか
価格が荒れる前に
なんとかしなきゃ、ですね。

価格が荒れて
ライバルが激増したら
なかなか戻すのは難しいです、、

まあだから今日話したような
完全にダメな方法もやってしまうのでしょうが、、
これはやるべきではないですね、絶対。

以上、情報共有でした!!

よければご参考ください。







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です