amazon輸入の利益は副業でも確定申告しなければならないのか?

amazon輸入実践者の方は、正しい作業を継続さえできれば、多かれ少なかれ当然利益が出ます。

既にamazon輸入である程度の利益を出し独立している方は、税理士をしっかり付けたり、自分でしっかりまとめて確定申告を行っていると思いますが、副業の方はどうでしょうか?

もしあなたがamazon輸入で利益を出しているにも関わらず確定申告をしていないとしたら?

これは良くないことなので、今すぐ考えを改め直してください。

ここではamazon輸入ビジネスを行う上での確定申告について、副業の方を中心に話をまとめています。

amazon輸入で利益が出たら必ず個人事業主の開業届を

まず確定申告の前に、amazon輸入で少しでも利益が出始めたら、その利益が少なくても必ず個人事業主の開業届を税務署に提出しなければなりません。
これはamazon輸入をビジネスとして考えている方にとっては当然のことです。

お勤めの方でも、独立してお仕事をしている方でも、稼いだお金には税金が掛かってきます。

お勤めの方は給料明細を見れば分かると思いますが、各種の税金が引かれて手取りの給与になりますよね?

なので、amazon輸入で稼いだ利益が仮に少なくても、利益が出たら、それを申告する義務が発生します。

個人事業主の開業届を出さず、また確定申告もせず、そのままにしておいたら、あとで税務署からお咎めがある場合もあるので、十分にご注意ください。
全く利益が見込めない状況ならまだしも、月々安定した利益が見込める方は、個人事業主の開業届を出し、必ず確定申告を行ってください。

確定申告を行うと、ビジネスの信用度も年々増しますので、融資を受けやすくなったりなどのメリットもあります。

amazon輸入は有在庫の物販です、物販を行う上で資金は必要不可欠なものなので、融資をゆくゆく通りやすくするためにも重要なポイントかと思います。

確定申告の種類は2つある

個人事業主の開業届を出し、確定申告の作業に取り掛かる際、税務署に申告する種類が2つあります。

1つめは青色申告、2つ目は白色申告というものです。

私はこの分野の専門家ではないので、詳しい内容は控えますが、青色申告は白色申告より少し細かい記載が必要なもので、白色申告は青色申告より簡単に申告できるようなイメージです。

青色申告のメリットは白色申告より細かい記載が必要ですが、その分、特別な控除を受けることができます。
控除というと難しく思われるかもしれませんが、例えば年間の利益が100万円出たとしたら、青色申告だとMAXで65万円の控除があるので、差し引き35万円の利益に税金が掛かることになります。
これは大きな差し引きですよね、青色申告の方が白色申告よりお得だと言えます。

ただデメリットとしては、記載が細かく複雑であること、税理士を付けず自分一人で申告することはやや難しいかもしれません。

逆に白色申告は青色申告より細かな記載を必要としないので、申告自体は楽ですが、65万円の控除などはないので、そこについては残念な形であります。

私はamazon輸入を始めて間もない時期から、専門の税理士を安い金額で雇用しています。

確定申告や税金などのことはプロに任せた方が、amazon輸入の作業に没頭でき、利益も格段に上がるので、次の項目ではできる限り安く税理士を探す方法について書きたいと思います。

amazon輸入で利益を上げたいなら即税理士を

私はamazon輸入で早く利益を上げたいなら、即税理士を雇うべきだと考えます。
今日お話している確定申告や各種税金の話までを自分がすべて理解しようとしていたらキリがありません。

私たちはamazon輸入のプロであればいいわけで、確定申告や税金のプロになる必要はありません。

分からないことはその分野の専門家やプロに聞いたり、お願いすればOKです。
よく本当にデキル人は、自分より優秀な人材が周りにたくさん居る、と言われていますが、その通りだと考えます。

分からないことは分かる人に聞きましょう、そして私たちはamazon輸入のプロになるべく、amazon輸入で利益を上げるためだけの作業に専念しましょう!

ちなみに自分に合ったできる限り安く税理士を探す方法は、私の中で2つあります。

1つ目はT-Shienのような税理士を探すサイトを利用することです。


【T-Shien参照】

これを利用することで、あなたがお住いの地域の近くの税理士がヒットします。
地域や価格帯なども選べるので、とても便利なサイトと言えます。

注意点としては、お住まいの地域が都心に近くない場合、なかなか税理士がヒットしません。
その場合は、2つ目の方法をお試しください、私はこの方法で税理士を探しました。

2つ目の方法は、「お住いの地域+税理士」などでネット検索することです。
私たちのamazon輸入は、amazonのプラットフォームを用いた真面目な物販ビジネスですが、ネット販売に特化した形なので、お年を召した税理士さん方にはビジネスそのものを理解されないことがあります。
そこで狙い目としては、ネットに強いそこそこ若い税理士さんです。

その方々をどう探すかというと、ネット検索が一番です。

ネットに強い税理士さんは、お客さんを獲得するためにSEO的にも工夫をしている場合が多いです。
SEO的にも工夫をしているとは、グーグルなどで検索した際に上位に表示されるように対策している、という意味です。

上位に表示をされるということは、ある意味ネットに強いと仮定して良いので、「お住いの地域+税理士」で検索した際に表示される税理士事務所を複数ピックアップし、そこに直接電話を掛け、月々どのくらいの金額で税理士業務をやって頂けるか相談してみてください。

私の場合は独立当初、確定申告などの申告書や決算書を作る作業込みで月々1万円でしたので、そのくらいの金額で対応は可能かと思います。

よく確認しておいてほしいのは月々1万円で可能だけど、確定申告などの申告書や決算書を作る作業は別途料金が掛かります、という場合です。
決算月の作業込みで月1万円くらいでお願いできますか、と電話し、可能な税理士事務所とだけ契約を結ぶか否かを検討すれば良いと考えます。

税理士事務所を複数ピックアップし、電話を掛け、金額的にも電話対応的にも自分で納得できる場合にのみ直接会いに行き、話をしましょう!

税理士と顧問契約を結ぶと年度ごとの契約になるので、なかなか解除できません。
自分に合った税理士を獲得するためにも、ぜひ最後は会って直接話を聞いた方が良いです。

また私は月に1度は直接契約を結んだ税理士のところに伺って話をしているので、ご自宅から近い税理士を探す形が一番良いと思います。
税理士とは密なコミュニケーションを取った方が絶対良いので、私は自分の事務所から直接出向ける距離の税理士と契約を結んでいます。

この2つの方法いずれかを試せば、きっとあなたに合った安い金額で税理士を雇用できると思うので、ぜひお試しください!

税理士が自分に付けば、amazon輸入に関わる確定申告作業や諸々の税金対策も容易にできます。

あなたはamazon輸入で利益を出す作業だけを行い、あなたが望む利益を手にしていきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

amazon輸入の利益が出たら、副業の方でも必ず確定申告しなければなりません。

確定申告をするためには、個人事業主の開業届を出す必要があり、それは簡単に税務署に提出できますが、その後の税務は専門家の税理士に任せた方が早いと私は考えます。

税理士の探し方などもお伝えしたので、amazon輸入で毎月安定した利益が少なからず出ている方は、一度ご自分に合った税理士を探してみてください。

あなたの時間はamazonでお金を生み出すためだけの時間です。
amazon輸入のプロになるべく、引き続き頑張っていきましょう!

この記事があなたのお役に少しでも立てば嬉しく思います。

★こちらの記事もおすすめです
【顧問税理士さんとの付き合い方】

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP