自社出荷セラーだらけのメーカー商品は取り扱うべきか否か

こんばんは、中村裕紀です。

自社出荷セラーだらけの
メーカー商品は取り扱うべきか否か?

ということについて
本日はお話したいと思います。

もし自社出荷セラーだらけの商品があった場合
あなたならどのように考えますか?

1:
FBAセラーをリサーチしているのでスルーする

2:
逆に面白いと思って
自社出荷セラーだらけのところに自分はFBA納品する

どちらでも正解だと思いますが
私は2を試したりしています。

そこで試す場合
FBA販売価格をどのくらいにするか?
ということが気になるところですが

私の経験だと
自社出荷の商品だらけのところに
FBA納品する場合は
その自社出荷商品の販売価格の+200円ぐらいで
カートを取ることができるイメージです。

FBA納品が自分だけだと
カートを一人占めできる場合もあります。

注意点としては
自社出荷セラーが価格をドンドン下げてきたら
小さい商品だと送料負けしてしまうこと、、

Amazonの出荷作業手数料は
メール便などの料金には敵いませんからね。。

そこは気を付けなければなりません。

(逆にメール便サイズでは無理な商品だと
Amazonの出荷作業手数料の方が安い場合もあります)

あ、ただ
以前も言いましたが

https://amzn.to/2v9QJvT

これを使える商品なら
FBA納品しても、メール便の料金には負けませんよww

カートの獲得率も自社出荷より上です。

FBAと自社出荷の中間に位置するシステム

意外と知らない方も多いですが
もう使っている方は使っていますよね、超低単価商品のみですが。

超低単価商品でも
超高速回転商品なら
月の利益はわりと出ると思います。

やってる方はやってる感じですよね。

面倒と言えば面倒ですが
もしかしたら有効活用できる方もいると思い、書いてみました^^

よろしくお願いいたします!




メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です