リサーチはAmazonビジネスで成功する秘訣!?リサーチするライバルの評価数はどのくらいがいいか

こんばんは、中村裕紀です。

先日コンサル生の方からご質問を頂きました。

質問内容はリサーチ数についてです。amzonビジネスにおいて大事なリサーチ。

今回はリサーチするライバルの評価数についてお話いたします。

先日コンサル生から頂いたリサーチに関するご質問と私の返答

—————————————–
リサーチについての質問です。

セラーさんの月の評価数が10以下の場合、どんどんリサーチしていって良いのでしょうか?

評価数が10以下なのに取引きしているメーカーさんが数十社あるセラーさんがいて、何故なのかよく分からない状態です。

このまま、どんどんリサーチしていって、無駄なことをしてしまうのではないかと思い、心配になりました。

月の評価数がどれくらいないといけないという基準はありますでしょうか?
——————————————

上記のようなご質問です。

この方はコンサルをスタートしたばかりの方ですがとても良い質問をして頂いた、と感じました^^

これはけっこう全ての方が気になる悩みですよね?

この方は始めたばかりなので私は

——————————————-
お疲れ様です!

評価数は最初は気にせず、全セラー見てください^^
いい商品を扱ってる方もいます。

あと評価10でも評価1つくのに、30-50商品売らなければいけないので、全体で考えると売れるものも当然もっています。

とりあえず今は気にせず全部見てください、それで大丈夫です。

よろしくお願いいたします^^
———————————————

上記のように返信しました。

Amazonビジネスを始めたばかりの方は

始めたての頃は評価数気にせず、ガンガン見た方がいいと思います。
これが一番間違いないです。

評価が月に10個付く人は大体300~500個商品を販売しているので売れるものは当然扱っていますし
評価10だけでも高単価高利益商品をボチボチ売っている人は評価10でも十分な利益を確保している場合もあります。

そういった意味も含めて最初は全部見てほしい、という気持ちです。

Amazonビジネスに慣れてきたら

個人的に思うのは自分がちょっと背伸びした評価数の相手を狙った方が成約する場合が多いかも・・・
ということです。

評価数が月に300とか400の物凄いパワーセラーを見るとその人たちは会社の規模も大きく実店舗を持っていたりして
なかなか自分たちでは扱えない商品も多いです。

なので逆に自分がちょっと背伸びしたぐらいの評価数の方をリサーチするとなんかうまくいき始めた!そんなこともありますw

もし月の評価数が大きいそんなセラーばかりを狙っているとしたら少し視点を変えてリサーチするといいかもですね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ただ全部見るとほんと間違いないです。

Amazonビジネスで成功している方はめちゃくちゃ商品見ていますよ、私もそれなりに時間をかけたので自信あります。

よければご参考ください!!

PS
——————————————-
物販の方なんですが、国内メーカーだけで今月120万は行きそうです!
今月の売上表は今月の20日までの数字です!

今月はかなり仕入れをしてしまったので、ほとんど納品に時間をとられてプラスして引っ越しの準備がありまして情報発信にはほとんど時間を作れませんでした!
ここら辺の納品の外注化は今後の課題です!
来月は外注化も測って情報発信の時間をたくさん作れるようにします!

引き続きよろしくお願い致します!
——————————————-

6ヵ月目で月利120万円は素晴らしいですね^^

国内メーカーだけで全然稼げるので、まだまだガンガンやってほしいと思います!

圧倒的な作業量と資金を前もって準備できたのが良かったですね。

ちなみに輸入を入れると、もっとこの方はいってるので良いですねww

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です