Amazonビジネスで毎月月利100万円を達成するための資金は

こんばんは、中村裕紀です。

先日の記事は大好評でした!!!

Amazonビジネスで月利100万円達成するための資金はいくらか

https://bit.ly/2Odk7ch

やはり気になるところですよね、この辺を自分の目標利益とすり合わせができておらず
なんとなく利益出している人は今は良くても将来絶対ヤバいです、、潰れますよ。。

大事なところなのでぜひ考えて、計算してください。

Amazonビジネス上級者から頂いたご意見

—————————————————–
今日のメルマガ、「Amazonビジネスで月利100万円達成するための資金はいくらか」ですけど
まさに自分がいま考えていることと同じような内容でした。内容もとってもわかりやすかったです。

自分の中では500万仕入れると100万の利益というような感覚でして
それを平均して利益率10%~15%くらいで毎月となると、
仕入れ資金と在庫金額の合計が常時1300万~1500万くらいで維持する必要があると思ってやっています。
自分でも効率悪いな~と思いますけど、正直僕はこんな感じでいつもやっています。
利益率がもっと高ければ、もちろんここまでの資金と在庫を持つ必要もないとは思いますけど・・・

今日のメルマガが自分にとってもすごくわかりやすく整理できたので助かりました。ありがとうございます!
—————————————————–

こんなご意見頂きました。

ここまで考えてできてるのはほんと素晴らしいと思います。

いつもありがとうございます^^

Amazonビジネスで毎月月利100万円達成するためには

先日のメルマガの内容は単月ベースの話ですからね、毎月だとまた違ってきます。

月利100万円を達成するためには利益率10%だと仕入原価500万円が最低でも必要で

本当に月利100万円を達成したければ仕入原価の1.2-1.5倍仕入れる必要がある、ということでした。
(全ての商品が単月で売れる訳がないので)

では毎月だとどうなるでしょうか??

簡単に説明すると7月に月利100万円を達成するための仕入れは6月に行います。

8月に月利100万円を達成するための仕入れは7月に行わなければなりません。

そうなると1ヵ月被ってしまうので約2倍の仕入量が必要になるわけです。

だから

仕入れ資金と在庫金額の合計が常時1300万~1500万くらいで維持する必要がある
(完璧に月利100万円を達成するために、1.3-1.5倍で推移している、ということですね)

と言ってるのですね。

在庫金額っていうのは既にFBA倉庫にあって、売れる状態のもの、
仕入れ資金というのは翌月に利益を出すために常時仕入をするもの、

これらのことを言ってるのだと思います。

あとはAmazonの入金ベースは2週間に一度で
(場合によっては新しいアカウントの方は毎日振込みできるらしい、自分はやったことないですが)
売上のお金が入ってくるので一応資金繰り的には上記の考えより楽なのと

クレジットカードの猶予や掛け売りの手法を使えば、支払いの先延ばしができる、
これによって資金繰りが良くなるので、上記の考えより楽ですが
これは支払いを先に延ばしているだけなのでしっかりお金の流れを管理して見ないと痛い目をみます、マジです。

というようなことも考えてみてください。

Amazonビジネスにはかなり重要ポイントになります

偉そうなこと書いていますが自分の場合もこの辺超苦手でした、、

前にも言ったと思いますが。

ただこの辺のことはみんな苦手意識をもっていてわざと現実見ずに考えないようにしている方が多いです。

個人的にはリサーチと同じくらい大事なものだと考えているので
少しでもこの記事が気付きになれば嬉しいです^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日は簡単な説明でしたがコンサル生に対しては自分の使っている帳簿をもとに
次回の本講義セミナーでもっと具体的に話せたらと思います。

この辺のことは私は今けっこう好きな方ですが受け的にはそこまで良くないんですよね、、

以前T講師にやってもらった時も・・・(笑)

まあでも楽しみですww

ご期待くださいませ!!!!!

Amazon物販に関するこちらの記事もおすすめ

→【アマゾン転売は果たして儲かるのか?アマゾン転売で儲かる方法を具体的に解説してみた

 







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です