「amazon転売」を副業にするメリット

優秀な人材を確保するため、企業側の副業への縛りが緩くなってきています。

副業容認の企業が増え、中には専業禁止の企業も登場しています)つまり、副業をしてくださいね〜という方針の会社です)。

副業の種類は多種多様ですが、その中でも”稼ぎやすい#と言われているamazon転売を副業とする方がいます。通販サイトamazonで商品を販売して収益を得る、物販ビジネスです。

amazon転売を副業として考えている方に、特徴・特性をお伝えさせていただきます。

amazon転売の特徴とメリット

はじめに、amazon転売の副業と、仮に週末に副業でアルバイトをする場合の特徴とそれぞれのメリットについてまとめてみました。

amazon転売は時間の拘束がない

会社員として勤務したあと、夜間や週末にアルバイトをする副業方法があります。

例えば店舗勤務をするようなアルバイトは、決められた時間に出勤をすることになりますので、移動時間も含めて時間を拘束されます。

amazon転売は、自分が好きな時間に仕事を作ることができます。

会社勤務中の空き時間や、帰宅後の夜、週末など、自分の都合に合わせて副業をすることができます。

また、稼ぐ仕組みが成熟してくると、より短い時間で大きな収益を上げることもできます。

amazon転売の収益は努力次第

アルバイト副業の場合、予め決められた時給で収益を得ることができます。

働く時間を増やしたり、時給の高いアルバイトを選択することで収入を増やすことができます。しかし、1日24時間の上限がありますので、必然的に稼げる金額に限界があります。

amazon転売の場合は、収入の上限はありません。

基本的には努力した時間で収入が決まりますので、ビジネスを立ち上げて間もない時期や、的外れなことをしていると時給が数十円〜数百円という可能性もあります。

amazon転売は仕事をする場所に縛られない

アルバイトの場合、基本的に勤務先に行かなければなりません。

雨でも雪でも台風でも、出勤しなければなりませんので、場所の自由はありません。

amazon転売は、パソコン一台で、自分の好きな場所で自由に仕事をすることができます。

物販ビジネスですが、FBAというアマゾンの倉庫を利用することで、在庫も場所も必要ありません。

amazon転売を副業にするために必要な3つのこと

物販ビジネス初心者が、amazon転売を副業とするために欠かせないポイントをまとめてみました。

「リサーチ」を徹底して行うこと

リサーチは、amazon転売の基本で、欠かすことのできないプロセスです。
林修先生が、以前テレビで歴史上で負けた人の共通の特徴について話をしていたことがありました。
①.情報不足 ②.慢心 ③.思い込み

物販ビジネスのプロも、競合他社と戦い続けています。
初心者が素人の知識で、情報不足のままで戦えばいつまで経っても成功することができません。
徹底したリサーチを行い、正しい情報を得ることが重要です。

テスト販売を行うこと

初心者が、amazon転売を行う場合、必ずテストをすることをおすすめします。
慣れないうちから売れない商品を大量に仕入れてしまうと、大きな損失になります。
”勘”が身についてくるまでは、テストを必ず行いましょう。

作業を人に任せること

大きな売り上げを作る場合、作業量も増えます。
全てご自身で作業してしまうと、限りある”時間”のリソースが無くなってしまいます。

どの作業を、どの程度、誰に任せるかを判断していかなけれななりません。
作業を人に任せて、全部自分でやろうとしないことが重要です。

amazon転売で安定して稼げない人もいます

amazon転売を副業にして、全員が稼げるか?というと、そんなに易しいものではありません。

用意、ドン!で、スタートしても
稼げる人と、稼げない人に分かれます。
(”誰でも100%稼げる”そんなビジネスモデルは聞いたことがありません。)

例えば、
✔︎ 毎日4〜5時間も使って稼げない、、
✔︎ ほとんど利益が出ない、、
✔︎ 思うような成果が出ない、、
✔︎ 安定して成果が出ない、、
✔︎ 不良在庫が多い、、
このように、いつまで経っても稼げない人もいます。

プロも必死に努力を重ねて稼いでいるので、
初心者が独学で成果を上げ続けるのは困難です。

使っているツールも、与えられた環境も同じですが、
大事なポイントを抑えていないだけで全く異なった結果になってしまうのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

副業でamazon転売を考えている方は、成功すれば場所や時間の自由が手に入るでしょう。

しかし、既に大きな収益を上げている物販のプロや、プロから教わりながら成功を目指す人との戦いに勝たなければ、いつまでも成果が出ない状況が続きます。

時間は有限です。

1年も2年も成果が出ない時期が続くのであれば、
最短・最速で成果を出すためにプロから教えてもらうという判断も重要だと思います。

★こちらの記事もおすすめです↓

国内と海外メーカーへの価格交渉は相手から引き出す

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP