Amazonビジネスで月利100万円達成するための資金はいくらか

こんばんは、中村裕紀です。

Amazonビジネス実践者の方はよく利益目標を月利100万円とされる方が多いです。

ではそれを達成するにあたり一体どのくらいの資金が必要か考えてみたいと思います。

(もし計算式が間違っていたらご指摘ください)

月利100万を達成するために単純に必要な資金を計算してみると

分かり易い計算にするため
月商1000万円
利益率10%で月利100万円とします。

利益率10%で
月商1000万円を達成するための
仕入原価は

月商1000万円ーAmazon手数料ー月利100万円

という形になります。

Amazon手数料もしっかり考えておきましょう

ここで問題なのはAmazon手数料です。

Amazon手数料は

・販売手数料
・出荷作業手数料

の2つがあり大体1つの商品の販売価格に対する3~4割(低単価のものだと4割ぐらいが多い)の手数料がAmazonから取られます。

お客様への送料も取られるのでこれぐらいは掛かる形です。

よってAmazon手数料を4割とすると

月商1000万円ーAmazon手数料400万円ー月利100万円

=仕入原価500万円

利益率10%だと最低でもこれぐらいは毎月仕入れをしなければなりません。

在庫量次第で100万円達成も可能?!

ただ注意点としては仕入原価500万円は全ての商品が売れた場合
月利100万円という計算式なので理論上可能でも実際は不可能です。

実際は1.2-1.5倍くらいの在庫量が仕入原価ベースで必要になってくるのかと思います。

そして在庫を持ち過ぎると危険なので在庫は持たなければならないが、
時には自分が思うより売れない商品もあるのでここは特に気を付けなければならないポイントです。

もちろん上記は全て現金前払いの考え方なのでクレジットカードや掛け売りの方法を使えば
もっと資金繰り良く商品を販売することも可能です。

Amazonの入金は2週間に1度なので資金がカツカツでもクレジットカードや掛け売りの方法を使い
常時月利100万円を達成できる在庫を確保すれば毎月月利100万円も夢ではないと思います。

が・・・やはり
月利100万円を達成するためには利益率10%程度だとこれぐらいは必要という形です。

利益率20%にすればまた違う数字が見えるので各々の利益率をベースに考えてみるといいかもですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日お話した数字の計算は私も超嫌いで、、、
最初の方は全然考えずガツガツやっていましたww

でも月利200万円達成したと思ったら在庫金額○○○○万円・・・
これは月利200万円いくわな、、という感じでした。

目標を現実化するために本日はこのような話をしました。

これを読むだけでなく実際計算式を書いたり
自分の仕入表、在庫表ベースで考えるとより目標を現実にできる可能性が大幅にアップします。

考えるか考えないかでだいぶ違いますよ。

とか言って自分もこういう風に書いて学んでいるのですが(笑)

よければご参考ください^^

★こちらの記事もおすすめ

→【Amazonビジネスで毎月月利100万円を達成するための資金は







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です