【モノレートの使い方】amazonの転売で欠かせないリサーチツール

amazonでの転売ビジネスで成功するために欠かすことができないのが、リサーチの作業です。

中でもamazon内での商品の売れ行きを調べられるツールとして有名なものが「モノレート」です。

せどりをする方は、一度は耳にしたことがあるツールかと思います。

今回は、モノレートの使い方について、解説していきます。

モノレートとは?

モノレートとは、amazonの商品リサーチをするときに使う便利ツールです。

amazonで売られている商品の、価格・価格の推移、出品者数、ランキングなどの情報を確認できるWEBサイトです。
amazonで商品を販売する際に活用できるので、多くの方が利用しています。

以下のサイトで無料で使うことができます。
本当に無料でいいの?と思うくらい、重要な情報が見られます。

モノレートHP

リサーチツール「モノレート」使って調べられること

モノレートを使って調べられる情報として、

・商品の価格

・出品者(ライバル)の数

・ランキング

・商品が売れた回数

などがあります。

 

amazonの商品リサーチは、

・利益が出るのか(仕入れるかどうか)

・何個仕入れるのか

を調べることが目的となります。

 

例えば、リサーチ不足で、、

商品を多く仕入れすぎてしまうと在庫のリスクになってしまいます。

少なすぎると、欠品によって売る商品が無くなってしまいます。

 

モノレートの正しい見方を習得することで、いくらの利益が出て、商品がいくつ売れる見込みなのか?を把握できます。

仕入れをする前に判断することができます。

モノレートの検索方法、グラフの見方

モノレートは、amazonで販売されている商品を一つずつ調査をすることができます。

以下の枠内に調べたい商品の、

・商品名

・ASINコード

・ISBNコード

・型番

などを入力することで、対象商品の情報を調べることができます。

これられの情報はamazonの商品ページに記載されています。

入力をしたら、「グラフを見る」ボタンを押すと、下にグラフが表示されます。

グラフの見るべきポイントについて

モノレートのグラフでは、主に

・最安値

・出品者数

・ランキング

の3つが表示されます。

以下は、とある商品のモノレートグラフです。

「最安値」のグラフでは、指定期間での最安値の推移を把握することができます。

「出品者数」では、同商品を出品している数がわかります。

「ランキング」では、商品のアマゾンランキングの水位がわかります。

この商品の3つのグラフの中で「ランキング」のグラフが、上がったり下がったりしているのが分かると思います。グラフの線が下にあることは、ランキングが上昇している=つまり売れているということです。

ランキングのグラフが下がっている(ランキングが上昇している)、谷ができている部分は、商品が売れたとカウントをします。

谷がある数だけ、商品が売れていることを意味します。

谷が多ければ多いほど売れている人気商品ということが判断できます。

この谷の数が沢山ある商品を探すことが重要になります。

 

また、出品者数でライバルの数を把握することができます。

出品者が増えると価格競争が激しくなり、商品単価が下がります。

狙い目は「安定的に需要があり、価格が安定していて、出品者数が下がりかけ」の商品です。

また、値動きが激しい商品は、大きく値下がりしてしまうとリスクになります。

値動きの大きな商品は、少しだけ仕入れるようにしましょう。

 

株式投資でも、為替でも同じことが言えますが、基本は「安く仕入れて、高く売る」ことです。

そのリスクを排除するためにモノレートを上手く活用しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

モノレートの使い方、調べられる情報についてお伝えさせていただきました。

誰でも無料で使える便利なツールですが、「モノレートが使える」=「稼げる」ということではありません。

プロがどこを見ているのか?については、稼げている人から教わる方が早いです。

最短・最速で結果を出すことに繋がります。

 

★こちらの記事もおすすめです↓

国内と海外メーカーへの価格交渉は相手から引き出す

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP