Amazonビジネス初心者の融資対策

こんばんは、中村裕紀です。

 
お休み中失礼いたします。

 
Amazonビジネスを始めたての頃は
誰しもが低資金で
Amazonビジネスを実践する方が多いです。

 
私は現金で50万円程度用意することが出来れば
Amazonビジネスは出来ると考えており
最低限現金が50万円以上あって
しっかりした方であればコンサルを引き受けています。

 
ただ
現金50万円を使って稼ぐことのできる金額は
たかが知れています。

 
海外であれば
クレジットカードの猶予を使って仕入れをしたり
国内であれば掛け売りにして
支払いの先延ばしをすることもできますが

例えば現金が50万円しかないのに
200万円の仕入れをすることって怖くないですか?

普通の感覚なら怖いはずです、
私もクレジットカードの猶予を使い仕入をしていましたが
自分の持っている現金の何倍、何十倍もの代金を
仕入れに費やすことは危険だと感じていました。

 
で、とあるとき
200万円以上買った商品を載せた船便が半年止まり
ジ・エンド、、、

そのときは
クレジットの機能にあとからリボが付いていたので
なんとかそれを使って助かりましたが
もしそれがなかったら多分この記事を書いていないですww

あとはAmazonアカウントが閉鎖して
売上の入金が3ヶ月ストップしたとき・・・
あのときちょうど融資が実行されていなければ、ここにはいないかもですww

 
クレカの猶予とか
掛け売りの猶予をうまく使い
資金繰り良くビジネスを行うことは良いですが

実際の手持ち金額が少ないのに
自分の容量を超えた何倍、何十倍もの仕入を行うことは
私のように何か一つのきっかけで
全てが終わってしまう、そんな可能性も秘めています。

そこは夢を見るのでなく、現実を見てほしいのです。

 

 
というわけで
私のコンサル生には
メーカー取引の感覚が掴めたら融資を進めています。

夢の目標利益を現実化するための戦略です。

 

 
——————————————————
まず手持ち資金で
メーカー取引を実施
(低資金の方や初心者さんには国内メーカーを勧める)

メーカー取引の感覚が1、2ヵ月で掴める

日本政策金融公庫へアタック

実績がその方にあれば実績ベースの融資
大体売り上げの2倍~3倍ほど借りれる

実績がない初心者の方は創業融資を検討
借りることが出来て200-300万円
希望があれば融資の専門代行を教える

日本政策金融公庫の融資が通る

半年後に近くの信用金庫に行き
保証協会経由での融資をお願いする

この半年間で必ず売上を上げる
というか売上は必ず上がっているはず

またその半年後に
日本政策金融公庫へ借り換えに行く

1年間の事業実績を見せ
さらなる融資へ踏み込む

このお金で月利100ぐらいか
それ以上狙えるはず

またまたその半年後に
近くの信用金庫に行き
1年間の事業実績を見せ
保証協会経由での融資借り換えをお願いする

このお金で
月利200以上ぐらい狙えたらOK
———————————————————–

 
こんな簡単にはいかないこともありますが
一応上記のような流れです。

これで夢ではなく
現実味を帯びた目標利益にチャレンジできます。

 

 
この頃セミナーを実施し
色々な方とお話し
私のコンサルに興味をもってくれるのは有難いですが

けっこう夢と現実のギャップが激しい方も多く
月利100を達成するためには
大体これぐらいのお金は必要ですよ、
など話すとビックリされる方もいるので

こういう流れで
月利100を達成するお金を得てきたと
お伝えしたいと思い、融資の流れを書いてみました。

 

 
融資については
過去に書いた

https://bit.ly/2mTmrIB

https://bit.ly/2KOdWgb

 
こういった記事もよければご参考ください^^

 

 
 
それでは良い休日を!!!!!
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP